ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

チューナー

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

調弦&チューナーの話

昨日の続きです。

チューナーは最近、ものすごく普及してます。便利な道具ですが、その使い方次第では音楽性にも影響がでてくるものです。現代ギター7月号に「チューナーの正しい使い方」というのがあります。是非お読みください。

利点は初心者の段階で、狂った調弦で弾かなくてもいいこと。私がギターを始めた頃は、どうしても最初合わなかった記憶があります。でも、CのコードやG7のコード(トニックとドミナント)の“正しい”響きが耳に心地よく響くようになると、狂った調弦で弾いているCは「うわあ、濁っているなあ…」とか、デチューンのG7は「これじゃあ、本物のブルーズだねえ」という感じが分かってくるものなのです。

ということで、最近レッスンでも、きちんとマニュアルで調弦できる生徒が非常に少ない。「あ、調弦してね〜」というと、ささっとチューナーを取り出して、メーターと睨めっこ。音を聴いているという感覚とはほど遠い。

音叉を取り出して、基準を合わせる生徒は数パーセントかなあ…。

ということで、我が教室では、ある程度のレベルの生徒さんには「マニュアル調弦」を半強制…(する場合もある)。

なぜならステージマナーとして、舞台上でのチューナーの使用は「タブー」だと思うからです。舞台に出る前に調弦したといっても、それも舞台上の照明や空調の関係で、もういちど演奏椅子に座ってから微調整が必要です。このとき、頼りになるのが、自分の耳です。つまりマニュアル調弦で普段から耳を鍛えておかないとダメなわけです。

この機械式チューナーの舞台上での使用はステージマナー上、タブーだと思っていたのが、先日の若手ギタリストの演奏会で見事に打ち崩されました(これは,鬚読みくださいね)。「え?チューナーをヘッドにつけたまま弾いちゃうの?」&「それぞれ各自調弦して、そのまま弾くの?」という違和感があったわけです。誰かの音に“合わせていく”のではなく、各人がそれぞれギターの音をチューナーで合わせて行くわけです。

私としてはアンサンブルは、だれかが基準音を出して(オーケストラのように)、なんとなく皆で調律していくものだと思っていたのですが…。そのようにして、その後も注意深くギターアンサンブルなどを見ていると、結構多いのですね、こういうタイプのグループ。メンバー全員がチューナーを持っていて、各自調弦するというグループが…。これで、「ハーモニー」が作れるんであろうか?…と疑問。

ああ、(みために)美しくない!…と思うわけです。

調弦というのは、実は奥深い作業です。共鳴を聴き取る能力、音の余韻、ピッチの変化…などをいろいろ学ぶことができます。

ということで、生徒さんにも、できるだけマニュアルで&そのあとチューナーで確認&その後本当の最終確認は各自のレベルで耳で微調整(5度音程を弾いてみるとか、自分が弾く調によって微妙にピッチを変えるとか)…というのを勧めているのですが…。みな忘れっぽいのか、癖なのか…きちっとマニュアルで調弦してくれる人は少ないですね。

耳で行う調弦の有益さを説き、標準的な方法&そのほかの方法(オクターブを使った方法や5度音程を用いた方法など)を教えたとしても、次回のレッスンではすっかり忘れて、チューナーをささっと取り出す…。もう、どうしようもありませんね。教えるほうとしては、がっかりします。

「調弦」も「音楽のレッスン」であると思わないと、実に多くのものを見失います。このことを、ギターを学ぶ皆さんには知っていただきたい、と思います。

ということで、現代ギター7月号、お読みください。

(※ついでに、私が書いている「セゴビア・アーカイブ細見」もよろしく〜)

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

調弦&チューナーの話

今月号の「現代ギター」誌の特集に興味深い記事があります。

「チューナーの正しい使い方」というタイトルです。

最近、私自身、気になっていたことが随分書いてありますので、なんとなくすっきり…。みな、読んで欲しいなあ…と思います。

数ヶ月前、聴きにいった若手ギタリスト、数人の演奏会。最後のほうに重奏があったのですが、皆クリップ式のチューナーをヘッドにつけていました。しかも、皆同じタイプだったので、「そういうデザインのギターなのかなあ?」と一瞬思ってしまうくらいでした。で、そのままで演奏…演奏は凄く良かったですが…。

なんとなく違和感を感じたものです。

さて、そこで、現代ギター7月号の特集を見ると、小川さんも東さんも、チューナーを舞台上につけてでてくるのは「みっともない」と言っております。私が感じた違和感の正体も、これだったのかもしれません。

今まで数多くのアンサンブルをやってきましたが、全員がチューナーを使って調弦というパターンは少なかったような気がします。確認のため、メンバーの1人が基準としてチューナーで合わせ、それに残りのメンバーが合わせるというパターンはありますが…。

今年4月に行ったホセ・ルイス・ゴンサレス追悼公演でも、トリオ、デュオ、いろいろやりましたが、皆、チューナーも、音叉すら持っていない。舞台上で、なんとなくお互いの音を聴きながらチューニングするというパターンでした。

レッスン時などに生徒さんとデュオするときも、私は生徒さんの楽器のチューニングに大まかに合わせます。だから、440ヘルツのときもあれば、442ヘルツのときもあるのでしょうね。

昔、私がギターを始めた頃は、基本は音叉でチューニングでした。その後高校生くらいになって割合安めのチューナーが出回ってきたのですが、そのときでも「チューナーは最終確認用」という感覚でした。そのとき習っていたギターの先生にも、そのようにしたほうが音感がつくよ〜と言われた記憶があります。マニュアル調弦をして、チューナーでチェックしたときに「ぴったり!」だったときは、ちょっと感動を覚えたりしたものです。

最近は高校生、大学生の生徒でも「チューナーで調弦」が当たり前になっているようです。大学で数年アンサンブルをやっていても、マニュアル調弦ができない!という人が多いです。ちょっとびっくりなのですが、最初からギターと一緒にチューナーをセットで購入することが多いそうです。

あ、この話題長くなりそうなので、明日続きを書きます。

では!

(明日へ続く)

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ