ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

テクニックノート

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

技術を磨く〜JLGテクニックノートから学べること

9月4日は日曜ワークショップです。今月、来月、再来月とテーマを「ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノート」にしぼっておこないます。(詳細

詳しくは「日曜ワークショップ」のブログを見てください。→こちら

毎年、この日曜ワークショップでは年末に「ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノート」(以下、JLGTNと略します)のまとめ講座をやっています。

このJLGTNはタレガ以降セゴビアあたりまでのギターテクニックをまとめたものと言われています。使い方次第では現代奏法まで網羅できる内容となっています。解説は極めてシンプル。それゆえに使い手次第で「毒」にも「薬」にもなります。

今まで、独学でこの本をやっている方で「毒」になってしまっているなあ…という方をたくさん見かけました。

なので、「薬」にする講座を毎年末に行っていたわけです。もちろん、今年もそう思っていたのですが…。もう少し早めにこの講座をスタートして、数章ずつ行っていき、年末にどかっと「総まとめ」するのはどうだろうか?…そう考えました。

毎年末に数時間の「まとめ」講座では、全部の練習を網羅できません。なので、数章ずつ受講生の方と「ひたすら音をだしていく」方法で勉強していき、このJLGTNの内容をじっくりと体感しながら、あとで脳みその中で整理する勉強の仕方をしたいなあと考えたわけです。

ひたすらJLGTNの内容をみんなで実践していきましょう!指を動かしながら、あとでポイントを脳内で整理できればといいかなと考えています。

GG431 ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート
ホセ・ルイス・ゴンザレス
現代ギター社
2008-08-26


この本ですが、持っている方は是非。なくても、ワークショップには参加可能です。みなで同じ練習をやっていきます。もちろん「毒」になっていかないように、練習の仕方やポイントは教えます。

是非、日曜日ご参加ください。

 



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



テクニックノートと技術〜効率と経験

先週の日曜日の日曜ワークショップでは、「ホセ・ルイス・ゴンサレス テクニックノート」をテーマに講義しました。このテクニックノートは、いわばタレガ以降のクラシックギターの集大成と言えるものです。ですが、説明はとてもシンプル。なかなか練習の仕方がわからないという方が多い。

なので、年末にテクニックノートの使い方講座をするようにしております。

12369047_1302653349760289_7168230999700541086_n

















序章からスタートして、各章の一番重要である項目を受講生の方と一緒に実践していきました。この指の動きができれば、あの曲のあの部分が弾けるようになるのでは?…と参加者の方にはわかってもらえたかなとは思います。

実際、このテクニックノートはやみくもにこの本だけやっていては、意味がありません。エチュードや楽曲の中で、「あ、このテクニック練習はこの部分で役立つんだ!」と実感していくことで意味がわかってきます。

つまり、経験です。知識だけではだめですし、ただこなすだけではテクニックを使いこなすことはできません。

その経験を感じてから、テクニックノートを用いて、身体の動きを考えながら指を洗練された動きにしていく作業を行うとよいのです。

テクニックノートは普段のレッスンでも用いていますが、やればやるほど、すごい本だなあと思います。ホセ・ルイス・ゴンサレス先生に習っているときにいくつかこの本について質問したことがありましたが、「ほら、こうやればいいんだ!」と言われて、なんのコツも教えてくれたことはありませんでした。ですが、非常に無駄のない美しい動きでした。

そうか、無駄なくやればいいんだ…と思ってあれこれ自分で考えて、ある程度できるようになってから、また師匠に見てもらう。そうすると、やっとホセ・ルイス・ゴンサレスはちょっとした「コツ」を教えてくれます。お前はこうやろうとしているけど、おれならこういう感じでやるな!…みたいなアドバイスをくれるのです。

そのアドバイスが今の僕の技術を支えてくれていると思います。そして、少しオールドスタイルですが、先生の教授スタイルの明確さ。不親切なくらいがちょうどよいのかなあ?…とも思います。

とはいっても、技術練習はどうしても、リスキーなものです。間違った方法で進んでいけば、指を壊してしまう可能性もある。なので、そういうことを避ける意味でも今回のような講座をやっているわけです。ある程度、最初からコツは知っておいた方がよいとは思います。

技術は最終的には自分で「掴んでいく」ものですが、独学の人が最初からやみくもに技術練習をやるのはとても危険です。このバランスをうまく考えて練習していくことがとても大切ですし、教える側としてもなかなか難しいものなのです。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





 

日曜ワークショップの告知です(テーマはテクニックノート!)

さて、日曜レクチャーの告知です。2009年末に行い好評だったホセ・ルイス・ゴンサレステクニックノート講座の応用編です!


ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート/手塚健旨・訳
著者:ホセ・ルイス・ゴンサレス
販売元:現代ギター社
発売日:1998-12-10
クチコミを見る


近代ギター奏法から現代的な奏法まで、タレガ以降のテクニックを網羅し、かつ簡潔にまとめてあるもので、これほど優れたものはありません。

しかし逆に簡潔な記述で終わっているため、ポイントがわかりずらいという欠点もあります。

同時に、それは教える側の裁量に任されるという利点もあります。

つまり、ポイントさえ分かれば、様々な観点から基礎技術をチェックできるという名著であります。

前回もポイントをまとめましたが、今回の講義でも同じ内容を再度復習しながら、楽曲への応用法を学んでいきたいと考えています。前回はレジュメを見ながら、シンプルに「理論面」「ポイント」だけの説明で終始した面がありましたが、今回はより詳しく指の機能面や身体全体のバランスにまで言及し、説明したいと考えています。

そして、そのテクニックノートに書かれている練習がどのように「現場」で応用されるのか…という一端を示すことができればと考えています。

この応用編はいまのところあと数回は行う予定ではいます。


日時は2010年2月14日です。会場は渋谷リフレッシュ氷川。時間は午前9時30分〜正午までです。参加費は2,000円。

参加は事前申し込みなしで大丈夫です。

多数のご参加、お待ちしています!

 ※会場などの詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

ギター・テクニック・ノート講座第2弾!(今月の月イチ)

2009年最後の日曜ワークショップは、私の師匠であるホセ・ルイス・ゴンサレス氏のギターテクニック基礎練習をまとめた名著「ギター・テクニック・ノート」の使い方をレクチャーしました。

ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート/手塚健旨・訳
著者:ホセ・ルイス・ゴンサレス
販売元:現代ギター社
発売日:1998-12-10
クチコミを見る

2009年12月の日曜レクチャーでは午後にたっぷりと時間を使ってこのテクニックノートの解説を全部終わらせました。事前にレジュメを作り、この本の使用法、練習のポイント、注意点を説明しました。

多数の参加者にいらしていて頂きました。
以下は前回の写真。(満席!!)

JLGTN写真


さて、この参加者の方から多数の感想をいただきました。その多くが「是非、もっと詳細に!」というものでした。

この講座の続きともいえる応用編を2月14日に行います!


今回は、テクニックノートにある技術を楽曲中にどのように活用していくかをテーマに講義を行ないたいと思います。

実際に楽曲の中にある技術的な要素を取り出して、テクニックノートと関連付けていきたいと思います。テクニックにある基礎技術は、それ自体では意味をなしません。

実際に楽曲の中でどのように基礎技術が応用されていくのか?・・・ということを意識して練習すべきものです。

なので、ギター初心者から中級者の方が教本などで目にする練習曲や楽曲などの一部を用いて、テクニックノートにある基礎技術を再検討いたします。

日時は2010年2月14日です。会場は渋谷リフレッシュ氷川。時間は午前9時30分〜正午までです。参加費は2,000円。

申し込みは要りません。ギターと足台は持参で。もちろん上記のテクニックノートは購入の上、ご持参ください。

他別途プリントなどはこちらで用意します。

多数のご参加お待ちしています!


 ※会場などの詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

テクニック講座を終えて・・・

ちょっと遅れましたが、日曜日20日に行われた日曜ワークショップのレポートです。

会場についてみたら、熱気むんむんでした!

今までの日曜ワークショップの最多参加人数を記録いたしました!受講生は27名!

JLGTN写真

(上記の写真はギタリスト丸山さんのブログから拝借)

テーマは「ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノート」(以下JLGTNと略)


ということで、参加してくれた人のブログ記事をご紹介。

http://maruyama-guitarra.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-0ab5.html

この丸山さんのブログから引用します。

講義の中でたまに出てくる著者:ホセ・ルイス・ゴンザレスや訳者:手塚先生の逸話や裏話、さらにイエペスやデラマーサ、もっとさかのぼってタレガに関連した話しまで出てくるのは講師:富川さんの知識と経験の深さで、この教本だけ見ていては分からない背景やギター史の流れが一層このTN(テクニックノート‥)の理解を深めます。

ギター史、及び奏法史の正確な理解なくしては、ギターテクニックに関しては教授することはできません。伝統的な奏法から現代的な奏法まで、そしてそれらの長所、短所を完全に理解して整理する作業が大切です。

このJLGTNは現代的な奏者の左手指の独立、そして右手の独立に関する弱点を克服するためのヒントに満ちています。正しい動きと筋感覚(身体の正しい理解)をもってこのテキストを練習していけば、ギターを制覇する素晴らしいテクニックが身につきます。

もちろん、この本だけでは決して充分ではありません。

身体の正しい理解とギター史的な背景、そして現代奏法理論への正確な理解・・・この3点を理解して用いなければなりません。


では、次に私の弟子でもある尾野桂子さんのブログの記事。

http://blog.livedoor.jp/ono_guitar/archives/1180714.html


このブログからも引用します。

序章に始まって、第一章から各章ごとにポイントや、練習の際にに注意しなければいけないことなどを細かく説明していきましたが、途中で気付きました。
ほとんどが、普段のレッスンや月イチで行われている基礎テクニックの見直しで言われていること。つまり、私たち門下生はレッスンを真面目に受けていれば、このテクニックノートで練習すべきことの説明はすでにされているのです。まあ、富川先生の師匠2人が著者であり訳者であるのですから当然ですね。

今回の講座は、私の生徒以外の参加者の方もたくさんいましたが、やはり普段の日曜ワークショップ(基礎講座)に出ている方のほうが、理解がしやすかったかもしれません。

通常の講座であれば、右手のタッチの理論だけで2時間まるまる・・・とか出来ますので・・・。

ということで、今回参加したかたは是非来年2月の基礎講座に続けて出席するとよりJLGTNへの理解が深まると思います。

そして、このJLGTNは「序」にも書かれているとおり、『エチュードなどと併用されるべきもの』です。

テクニックは音楽表現に使役すべきものです。具体的に曲の中で扱われて始めて、テクニックノートの真価が発揮されます。

普段のレッスンでやっているエチュードや楽曲などにJLGTNを関連づけるようにしてみると、基礎練習の意味が理解できます。




とりあえず、テクニック基礎講座は2月14日(日)午前9時30分〜予定しています。

今回参加の皆さん、是非ご参加ください!!

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ