ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

バランス

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

「基礎」とは何か?

最近、生徒さんとのレッスンで気づいたことを書いておきます。
当教室の生徒さんは「独学で限界を感じた」とか「変な癖がついてしまって・・・」という方が多く入門してきます。

それで、みな一様に「基礎からやり直したいです!その方向でお願いします!」と仰る。。。

生徒さんにもよりますが、とりあえずその方がその時点で練習している楽曲でレッスンをしていく場合が多いです。簡単な基礎理論は教えます。右手の弾弦の基本とか、左手の基本的なフォームとか。

例えば、アルベニスのアストゥリアスをやっている生徒さんは、まずはその曲の中で左手のフォームの欠陥を気づいてもらったり、右手のタッチのコントロールを身につけてもらいます。完全にできなくても、まずは「ああ、これだと音楽表現に集中できないなあ・・・」と感じてもらえればOKなのです。

そこから少しずつ変えていきます。その方がやっている楽曲の中で学ぶべき「基礎」を抽出していきます。抽出というとなんだか凄いものが出てきそうですが、楽曲をスムーズに演奏するため、そしてきちんと音楽を表現するための「基礎」って何?・・・ということを生徒さん本人に自覚してもらう作業です。

簡単に分類します。
  1. 基礎→応用(楽曲)
  2. 応用(楽曲)→基礎
(いや、わざわざ分類する必要もないんですけどね・・・)

1はまったく初心者であれば可能です。特にこどもの生徒さんなどには効果的です。簡単な音階であっても右手や左手のフォームのポイントを「このほうが弾きやすいよね!」とか、「こうすると確実に押さえられるよね!」とか段階的に(本人が自覚していてもいなくても)基礎を身に付けさせることができます。

ある程度、楽曲が弾ける大人の方には2の方法から攻めることが多いですね。「基礎が分かるとこういうことができるんだ!」もしくは「 こういうことをしたい!・・・ならば、基礎を考えるしかないか」と思わせることができれば、基礎を意識することができます。とりあえずは各自の弱点を補強する(修正する)基礎練習が抽出できるというわけです。

学生さんの場合は、若さの勢いで、まったくの基礎からスタートしても追いつける場合があります。その場合でも自分の頭で考え、先生と信じ切れるかどうか・・・ですね。

多くの人は単純に「基礎=シンプルなもの=簡単なもの」という風に無意識に捉えていることが多いです。
「基礎練習=音階練習やアルペジオ」という単純な図式で捉えると間違いがおこりやすいです。

「基礎って何?」「なんのために基礎練習をやるの?」・・・というふうに常に「定義」していかないと、間違いを犯しやすいんですよね。みなさん、気をつけましょうね!

富川勝智

Facebookページも宣伝




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

レッスン覚書ミニ〜2008年6月27日〜7月2日

  1. 左手のポジションを意識しての音階練習。鏡をみて、弦をひっぱったり、押したりしていないか?…チェック。姿見でなくても、小さめの鏡を譜面台においてもOK。
  2. 表現は自分でつけてみると、CDなどの録音を聴いても、「あ!ここのリタルダンドはこの奏者は結構濃いなあ…」とか判別できるようになる。自分で解釈して、フレーズ感などを出せるようになると、CDなどを聴くのも、実に楽しくなる。
  3. エストレリータ。同音の処理に敏感になること。結構この曲のポイント。
  4. 右手a指と小指のバランス。手の構造を、研究して、しすぎることはない。分かってしまうと、実にa指はスムーズに動くようになる。
  5. ヘンツェ、ノクターン。メロディー=大きく、伴奏=小さく…という二分法は初心者用のレッスン。その後は、それを心理的な遠近感で考えること。聞き手の意識をどこに持っていきたいか?…を考えることによって、上記の単純な二分法から離脱できる。
  6. 「レガートに」。心の中に、ひとり歌手を置く。それに歌わせてみる。どこでブレスするか?…どこまで一息で歌うかなあ?…と考えて、その歌手に歌わせてみる。そういうイメージが大事。
  7. デュオ曲の合わせ方。アウフタクトでの呼吸。そしてちょっとした勘。これが大事。
  8. 解決感をしっかりとつけた演奏を心がける。ドミナントで一旦停止してみる練習がお勧め。「居心地悪いなあ〜」というドミナントがトニックで「ほっ!」とする感じ…が大切。居心地が悪いところで、とどまる訓練。してみましょう。デュオの練習などでも有効です。
  9. タンゴ・アン・スカイ。2拍3連。とにかく分割。メトロノームで正しいリズムをとりながら練習。このリズムのところを正確にとると、その「つっこみ感」が分かってくる。付点のリズムとはまるで違った感触が得られればグッド。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン覚書ミニ〜2008年5月7日〜9日

  1. 肩が上がると「腕が伸びない」。そうすると弦をしっかりとキャッチすることができなくて、音量が下がる。弾く前に左手で右肩を軽く押さえるだけでだいぶ悪癖を修正していくことは可能。
  2. ソル、月光。声部の意識。これを考え始めると難しいだろう。
  3. Pの戻り。Pが弾いたまま戻らないことが多い。Pのコントロールは実は他の指と比べてとても難しいことかもしれない。
  4. ラウロのベネズエラワルツ。ホロポのリズムが理解できないと多くのものを見失う。参考にすべき…というよりは絶対聴かねばならない演奏はディアス!
  5. 長い音価の音符はある程度の音量が大事。しっかりと「伸びるように」弾くこと。音楽表現の「ルール」といってもいい。もちろんそうでない場合もある。
  6. imの交互運動は単弦で練習。右手の動きをスムーズに。これができれば曲でも応用しやすくなっていく。この基本動作は毎日練習すべきもの(定着するまで「自分が思っているよりも」時間がかかるものです)。
  7. ソル20番。ざっとでいいので録音してみると、全体のなかで冗長になっている部分がわかる。繰り返しが多い曲なので、それに意識を向けるための録音。新しいリズムが発生する部分を「らしく」弾く。シンコペーションに「聞かせる」ためのアクセントの必要性…エトセトラ。技術上も難しいけど、音楽的に難しい曲だなあ。
  8. 初心者の人がとりあえず1年間くらいは辛抱して、とにかくチェックして欲しいこと2点。‐嘆鮫▲瓮蹈妊ーはどこ?…そのほかに個人的な課題もあるので、このあたりは最低限チェックを続けること。将来的に上達するためには「演奏のための良い習慣」をつくるのが大切。
  9. pとaのバランスは右手の両極にある。このバランスがとれ、どちらとも腕全体を意識して弾ければ右手タッチは完成に近い。
  10. スランプの正体を明らかにしておくことは楽器継続のために必要。モチベーションの維持には刺激が大切。楽器でも仕事でも「楽しい」と思うことは大切であるし、「悔しい!」と思うことも大切である。ちなみに市販の自己啓発本は、そのどちらか一方に偏った内容のものが多い。
  11. たとえ爪が短すぎても、割れても、「それなりの」音色が出せるように訓練しておくこと。「爪の調整失敗」を音色が悪いことの言い訳にしない!…という覚悟が実は大切かも。どんな状態の爪でもそれなりの「いい音」は出るはずである。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ