ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

バロックギター

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

バロック期とバロックギター〜ユベントスWS「ギター史と和声のワークショップ」第2回終了!

11/27にギター史と和声のワークショップ第2回を終了しました。今回も十数名の受講生の方が参加してくださいました。新規の方もいて、とても嬉しい。

FullSizeRender

 








今回の会場は高輪区民センターでした。大きくて、綺麗な施設…でもなぜか節電モードでくらーい雰囲気。。。こういう公共施設の節電への「取り組み」…ほんとうに意味があるんでしょうかね???せっかくの文化施設なのに、くらーい気分になってしまいますね。。。

IMG_6815

 








さて、ワークショップでの「ギター史」のテーマは「バロック」でした。おもにバロックギターという楽器の語法や特色について知ってもらいながら、バロック音楽自体の特徴や当時の美観もしってもらおうと思って講義を進めました。

最終的にはサンスのカナリオスを例にして、クラシックギター編曲する際の注意点をお話ししました。市販の楽譜数種類を例にあげて、編曲者の意図とどうしてこのような声部わけになっているかを丁寧に解説。

またバロックギターの調弦法によるカンパネラ奏法を聴いてもらって、当時の「美観」に親しんでもらいました。現代よりもより「不協和」や「にごり」について美しさを感じていたのかもしれませんね…という感じで。 

定旋律の扱い方の変化などもルネッサンス〜バロックへの時代変化とリンクしてお話ししました。

実際に私のお弟子さんの宮島幸太郎くんにビウエラで、ミランの歌曲を歌ってもらうことによって、「定旋律」と「ディミニューション」について耳でイメージを受け取ってもらいました。受講生のみなさんも「ああ、こういう感じなのか!」と納得してくれたようです。

15271184_1204347422968906_2025151068_o

 















…という感じで、すこーしずつ工夫しながら、ギター史がみなさんにすんなりと受け入れてもらえるように…講義しています。

坂場氏の和声もじっくりじっくり進んでいて、受講生の和声分析力もぐっとあがっています!(まだ出ていない方は3回目からでも出席してくださいね!)

さて、次回は1/15です。詳細は日本ギター連盟ホームページにて確認してください。場所は三田いきいきプラザです。
 



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

Bar Portoライブ終了!〜歌と「伴奏」のかたち

9/28ですが、藤沢エリカさんとのライブが日暮里Bar Portoでありました。
IMG_6136










Bar Portoサイト


今回は使用楽器は二台。
IMG_6134
 
















ビウエラとバロックギター。ビウエラは16世紀スペインでのみ流行した楽器。とはいえ、スペインが「世界帝国」だった頃の音楽であり、楽曲のクオリティは並ではありません。
バロックギターは1600年頃〜1750年頃まで隆盛した楽器です。

ビウエラとバロックギターでの伴奏は、おそらくみなさんが考える「伴奏のイメージ」とはちょっと違うと思います。

例えば、歌+ビウエラ=「多声部の音楽」というふうになっています。簡単に言うと、合唱のワンパートを歌が担当、ビウエラでその他のパートを担当。そして歌が比較的シンプルで、他のパートはディミニューションを行うことが多いのです。

バロックギターでの伴奏は、バロックギターがベースラインと和声での色彩感を演出しつつ、且つポリフォニックなラインも担当する…というちょっと七面倒くさい作業を担当することになります。とはいえば、楽器としてのバロックギターの魅力は「かき鳴らし」です。なので基本的には和声伴奏となりますが、バロック時代はまだまだ「声部」の音楽ですから、その観点も踏まえて伴奏しなくてはいけません。

ちなみにバロックギターでの伴奏は半分以上は即興です。もちろんある程度の下準備はしていきますし、リハのときにあれこれ歌に合わせたスタイルを模索はします。でも、基本的には「即興」です。

そういう意味では通常のギター伴奏というイメージの範疇ではとらえにくいものではあると思います。是非、機会があれば、藤沢エリカさんとのデュオ、聴きにきてください。

さて、次回の藤沢エリカさんとの共演は、大泉学園の「in F」というライブハウスです。基本は僕のソロなのですが、どうしてもやりたいスペイン歌曲があるのでゲストで来ていただくことになりました!お時間あるかた是非お越し下さい。すでに予約スタートしています!

::::::::::::::::::::::

「スペイン・バルサ・スペイン??〜InFでひたすらクラシックギター弾くぜ!」

10/22 sat. 17:00 start 

場所:in F(西部池袋線「大泉学園」北口下車歩5分 練馬区東大泉3-4-19 津田ビル3F)

http://in-f.cocolog-nifty.com/

M.C.2000(Drink 別)

出演:富川勝智(gui.) ゲスト:藤沢エリカ(Vo.)

ご予約:03-3925-6967 in-f.sato@nifty.ne.jp


内容:バルセロナにちなんだクラシックギター独奏曲をがっちりと弾きます。セカンドセットはイタリア&スペイン歌曲の名手、藤沢エリカをゲストに迎えます。「スペインの歌」をがっちりと(伝説の)タラゴー編でお届けします!




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



ジャンルを飛び越える〜2つのLIVE 9/28&10/2

今週水曜日に日暮里にあるBar Portoにて歌手の藤沢エリカさんとデュオでライブをします。ルネッサンスとバロックの音楽をやる予定です。

そして、来月ですが、次の日曜日は「ねこぢた」というユニットでLIVEをやります。

...ジャンルが違いすぎるなあ〜と思いますが、実は僕のなかではモードチェンジがそれほど苦痛ではないのです。

好き好んで「いろいろな分野」にチャレンジをしているわけではなくて、好きなことを好きなようにやっているだけなのです。とはいっても、好きなことを好きなようにやる=なんでもやる、、、ってことではありません。

好きなことを好きなようにやる=あるジャンルを掘り下げる、、、というふうにも言えます。

ルネッサンス音楽をやっていようが、スペイン音楽をやってようが、ロックをやっていようが、ブリティッシュトラディショナルフォークをやっていようが…あんまり僕のなかでは「違い」がないのです。

どんなジャンルでもできるんだぞ−!!!という強い自信もない。ですが、なにか「コア」になるものを見つける能力はあるみたいです。そのあたりは昔から自信があったかな?

まあ、そんな感じで、2つのLIVE乗り越えてみます。

面白いので両方来てみるとよいかもしれません。僕という人間の「面白さ」がわかるかもしれません。

::::::::::::::::::::
flyer 160928









Baroque Music in Nippori
9月28日(水) 藤沢エリカ&富川勝智ライブ
19:00 open 20:00-&21:15-(2stage)
ミュージックチャージ:2000円+1drink order 
ご予約:Bar Porto 03-3891-6444 藤沢 chokomoja@gmail.com
Bar Portoサイト


::::::::::::::::::::
20161002フライヤ


















ねこぢた LIVE@渋谷宇田川町 喫茶SMiLE

2016.10.02 sun. 19:00start 18:30open 

mc \2500+1drink

学割(大学生まで)mc \1500+1drink


出演:ねこぢた(gui.道下和彦 vo.石塚裕美 ba.山田直子 gui.富川勝智)


ご予約:hrmii44-liveinfo@yahoo.co.jp

会場:喫茶SMiLE 

東京都渋谷区宇田川町11-11 柳光ビル本館3階 03-6416-3998


80年代はボストンを拠点に活動、現在は日本Jazzシーン屈指のギタリスト道下和彦。

スペインと日本を股にかけるオープンスピリットなクラシックギタリスト富川勝智。

2度のメジャーデビューを経てオーソドックスなロックスタイルを守り続けるベーシスト山田直子。

シンガーソングライターにして時にヘビメタ、時にスタンダード、ポップス、ロック全てを自分色に染め抜くボーカリスト石塚裕美。


ジャンルを軽く跳び越え、ポップスもロックもアニソンも歌謡曲もすべてねこぢた流に調理してお待ちしています。

五感を刺激する音を体験しに来てください!




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



ある意味で多芸で多彩〜BarPortoライブ

来週ですが、水曜日に日暮里にあるBar Portoにて歌手の藤沢エリカさんとデュオでライブをします。ルネッサンスとバロックの音楽をやる予定です。
恒例の「真っ白なチラシ」どうぞ!
flyer 160928









使用楽器はバロックギターとビウエラ。
バロックギターはこんな感じ。
13450132_1469502136408742_7253471389604915037_n










ビウエラはこんな感じの楽器でーす!
13567524_1479574805401475_950800098189953148_n










…話は変わりますが、最近になって藤沢エリカさんのブログを発見!このエリカさんは本当に「いろいろな興味のあることに手をだす」という方です。このブログ読むとそれがよく分かる。

藤沢エリカさんのブログ

そんなエリカさんとの終演後のおしゃべりも楽しいですよ!ルネッサンスとバロックの音楽をカジュアルに楽しみたい方…是非怖がらずおいでください。

:::::::::::::::::::
9月28日(水) 藤沢エリカ&富川勝智ライブ
19:00 open 20:00-&21:15-(2stage)
ミュージックチャージ:2000円+1drink order 
ご予約:Bar Porto 03-3891-6444 藤沢 chokomoja@gmail.com
Bar Portoサイト




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



歌とバロックギターLIVE @Bar PORTO 満員御礼!

さて、昨日になりますが、藤沢エリカさん(歌)とのライブ、満員御礼にて終了いたしました!
12688169_932951543486154_6983247659851457103_n

















藤沢エリカさんは古楽のプロフェッショナルです。お声がけいただき、これで3回目のライブとなります。「古くて新しい歌」をテーマに、堅苦しくない形でライブをやりたいという方針でやっております。

初期バロックを中心にイタリアもの、スペインものをやっておりますが、前回はソルのセギディージャ集をテーマに同じ場所Bar PORTOさんで行いました(前回のBar PORTOさんでのライブはこちらのブログ記事でお読みください)。

今回のテーマはセファルディーの歌!
セファルディーってなに???…15世紀前後にスペインを追放されたユダヤ人のことを指します。トルコや東欧に渡って、独自の文化を形成しました。音楽に関して言えば、西洋と東洋のミックスのような印象があります。

そして、それがなぜかフラメンコ風にも、演歌風にも聴こえるのです!

その物悲しくも、美しい旋律は実は僕はずっと好きでした。オフラ・ハザという歌手がいましたが、彼女もセファルディーの歌をいろいろと歌っていました。俗にいう「ワールドミュージック」という括りで聴いていたのですが、その後、実は僕がクラシックギタリストとして活動するなかで、再びセファルディーの歌と再会します。それがこれ。2014年12月のライブですね。

トルコのギタリスト、アーメット・カンネジ氏と上田朝子さんとコンサートを行いましたが、アーメットの持ってきた曲の「アディオス・ケリーダ」という曲がまさに「セファルディーの歌」だったのです。彼曰く「トルコ人なら誰でも知ってる」ということでしたが、これがかつてトルコにやってきたユダヤの歌だったのです。

そして、昨年から藤沢エリカさんとライブを行うことになって、それとなーく「そういえば、バロックギターでセファルディーの歌やったら面白いかもね!」ということになりました。そして、渡された楽譜を見て、弾いてみたら「あれ、これはトルコ民謡?」と思ったわけです。

実に面白い出会いでした。

ライブ自体は実に和気藹々と行いました。毎回ライブをやるごとに藤沢さんとの息もあってきましたし、バロックギターでのソロもちょこちょこ披露しています。

12799078_1364431093582514_6545100200285345632_n


 






12803286_1364368516922105_7216563114367090742_n 

















毎回、興味を持ってくださる方がたくさんいて、本当に嬉しいです。次回のライブは6月か7月頃。また詳細が決まったらお知らせいたします。

最近、バロックギターの鳴らし方がまたわかってきました。楽器自体の鳴りもやはり良くなってきました。面白いなあと思います。とはいっても、週末は大阪にて普通のギターとビウエラの演奏会です。しばらく、この子ともお別れ。。。

12805985_1364443666914590_8408570895178400547_n 
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ