ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ピアノ&ギター

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

予約満席です!(5月21日ベヒシュタインサロン)

5月21日に久しぶりにピアニストの青島ゆり子さんと共演させていただきます。ひさびさの共演となります。奏者としても楽しみにしています。

…と、ここまでかきましたが、うれしいことになんと予約満席!…となっております。(告知遅れてすいません…)

もし、「どうしても聴いてみたい!」という方がいれば、メールを頂ければキャンセル待ちでご案内さしあげます。

ジョイントコンサートですが、私と青島さんで、ギターとピアノの作品を演奏します。以下二曲です
序奏とファンダンゴ(ボッケリーニ〜ブリーム編)
コンチェルトよりアレグロ(カルッリ)

序奏とファンダンゴは名手ジュリアン・ブリームによるクラシックギターのポテンシャルをフルに活かしたアレンジ(難しいけど、素敵!)。
カルッリは古典期におけるギターコンチェルトの味わい深さがあります。なかなか耳にする機会がない作品ではありますが、カルッリのイタリア人としての朗らかさとギターの和声の美しさが堪能できる作品となっています。

リハーサルでのひとこまです。

10261983_891793167512978_4966807531270160559_n









実は青島さんは昔ギターを習っていた事があるんですよ〜。

 

〜ご案内〜

5/21(水)に新橋・汐留にある世界三大ピアノの一つ「ベヒシュタイン」のグランドピアノサロンで20名の音楽家がコラボレーションしてサロンコンサートを開催します!

■日程

5月21日(水)

19:30〜21:30

■場所

「ベヒシュタイン・サロン」

東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留ビアンコ1F

■チケット

4000円(全席自由)

■開催概要

晩餐会メンバーの中でも選りすぐりの音楽家6組20名でコンサートを開催します。

今回は交流会ではなく、座ってゆっくり生演奏を聴くスタイルですので普段の晩餐会であまり演奏を聴けなかったという方は今回たっぷりと堪能してみてはいかがでしょうか?

ロケーションはドラマやCMでよく使われる汐留イタリア街。その一角に佇む大人の品格をまとった上質なサロンで開催します。

会場の音響クオリティも一線を画し、世界中で高い評価を得ているベヒシュタインのフルコンサートモデルは豊かな色彩と一体感のある響きでサロン全体を優しく包みます。

ベヒシュタイン独自の透明感のある響きから生み出される多彩な音色の変化をお楽しみください。

洗練された6組の奏者が個性豊かなカラーで汐留の初夏の夜を彩ります。

それぞれの演奏では音楽家個人にスポットを当て、音楽や曲に対する想いなどトークも交えながら進行しますので飽きることなく、最初から最後まで目が離せないプログラム構成となっております。

最後は全員で合奏、そしてサプライズ発表もあるのでお楽しみに!

一度にこれだけの音楽を楽しめる機会はなかなかないと思いますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

お席には限りがありますので、定員に達し次第締め切らせていただきます。お早めのお申込みお待ちしております。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

変奏付アンダンテとロンド〜ピアノソナタ12番より(ベートベン&カルッリ編)

(※2009年3月21日&4月25日のコンサートのための解説メモです)

「変奏付アンダンテとロンド〜ピアノソナタ12番より」(ベートベン&カルッリ編)

  • ベートベンはいわずとしてた“楽聖”ベートベンのこと。 
  • カルッリとベートベンはともに1770年生まれ。
  • カルッリのギターデュオ曲の定番は6つの対話風デュオの第2番。ジョン・ウィリアムスとブリームのデュオによって定番化された。
  • カルッリはイタリアのナポリ生まれ。最初はチェロとヴァイオリンを学んだ。その後、当時流行中であったギターを手にとった。ちょうどこの頃ギター=6弦が定着したころであった。
  • つまり、カルッリは6弦ギターの第一世代ギタリストといえる。
  • 1808年にパリへ渡り、同地にて名声を博す。
  • その後、ソルとカルカッシがパリへ来るまでが彼の全盛期。ソルは1813年、カルカッシは1810年〜15年ごろにパリへ来ている。
  • カルッリのスタイルはいわばイタリア流の「ベル・カント」スタイル。
  • この曲はベートベンのピアノソナタ12番に基づいている。しかし、全部をアレンジしたものではない。
  • カルッリはギター&ピアノのアンサンブルにおいても優れた作品を残している。カルッリ本人にとってピアノに関する知識とある程度の経験があったと思われる。なので、ピアノ曲をギターデュオに再構築するのはそれほど難しいことではなかったと思われる。

 

(この曲が聴けるコンサートはこちら↓)

lasmanos2009年東京横浜チラシ

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

発表会レポート

昨日24日は「富川ギター教室第7回発表会でした

 

富川&青島後日詳細なレポートはするとして、とりあえず録音担当KOSSACK様提供の写真をアップ。

第3部ミニコンサートのためのリハ風景です。

富川&青島ゆり子(ピアノ)。ピアノ&ギターの組み合わせは悪くないと思うのですが、やはり音量バランスが難しいね。

昨日の日記

ぼやーとしているとこのサボってしまうので、
とりあえず、記録のみ。
 
昼過ぎからレッスン。吉祥寺にて。
それから大久保にてレッスン。
 
九州在ギタリスト池田慎司君より電話あり。
10月頃、東京でのコンサートが実現しそうとのこと。
その他、いろいろと話す。
素晴らしいギタリストなので、
私の教室主催でも何か企画を打つ予定です。
 
それからピアノとのリハ。
ピアニスト青島ゆり子さんは、
毎回会うたびに何か忘れている人である。
 
先週はsuicaを紛失。
今週は傘を電車に中においてきたらしい。
幸い、リハの時間には雨は上がっていた。
 
ニャタリ、二橋潤一氏などの作品をリハ。
今月24日の発表会のミニコンサートのリハである。
何もそんなにがんばらなくても・・・というプログラムである。
 
まあ、これを機会にピアノ&ギターのコンサートを久々にやってみてもいいかな、と考えているところ。
 
 
 

ピアノ&ギターの組み合わせ

昨日はピアノとのリハ。
ニャタリとカルッリ などをざっと合わせた。
初合わせなので、軽く、といった感じ。
 
私の発表会でのミニコンサートのためのリハ。
 
ニャタリは数年前にジャズ畑のピアニストをライブで演奏・・・
あまり一般受けはしなかった。とても名曲だとは思うのだが・・・
ブラジル音楽のダークサイドというか、「悩ましげ」な感じがフロントに出ていて、ちょっと「痛い」曲なのだ。
 
あ、曲名は「ソナティネ」です。
 
それとは反対にカルリの「ソナタ1番」は室内楽の楽しさを堪能できる名曲。おそらく、カルリはギター独奏よりも、アンサンブル作品のほうに名曲が多いような気がする。
 
と、リハを終えた後、友人と待ち合わせ。
飲みにいった。
この友人の職業は指揮者。
すごいですね・・・指揮者とギタリストの飲み会。
 
とはいっても仕事の打ち合わせなどではなく、
なんとなく「久々に会おうか・・・」程度のものです。
 
結局互いの仕事のこと、将来の展望など話しながら、
結構飲んでしまいました。
 
最近、彼はミーシャ・マイスキーと仕事したそうだ。
これも凄いね。
レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ