ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ブログ

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ブログ10周年!〜「石の上にも10年?」

たまーに、このブログのことを書いてやろうと思います。

なんと、この「ギターレッスンと演奏の日記from富川ギター教室」のブログですが…

本日2月15日で10周年!
↑滅多に使わない大文字

このブログの開始日が2005年2月15日でした。

これが最初のブログ記事。

とりあえずスタート! 

実はこの前にもブログはつけていました。

ギターレッスンの王道!

まだアーカイブは残っています。いまだにアクセスがあるようですね。

最初の頃は同時進行でやっていましたが、2006年中頃からこちらのlivedoorブログ一本になっていきました。

よくまあ、続いたものです。10年ですから。「石の上にも三年」っていうのが僕の座右の銘ですが、「石の上にも十年」…10年続けてみても、まだまだクラシックギターのことやレッスンのこと、自分の演奏についての考え…まだまだ書くことってあるものですねえ。そして、たくさんのことを勉強できました。

最初は活動日記的な感じでスタート。なので、タイトルに「ギターレッスンと演奏の日記」としました。演奏活動とレッスンの活動の記録を中心に更新していきました。途中から始めた「レッスン覚書」がなかなか好評だったので、それに追記する形で音楽表現や技術上のコツなどを書いていきました。

もちろん、現在も「私の活動記録」「レッスン活動の記録」であることには変わりありません。

私の考えていること、私の研究していること、私の音楽への想い…そういうものを素直に書いているブログです。

批判や中傷のメールももらったことがありました。いまだから言えますが、「こちらがこんなに一生懸命やっているのに、こんな誹謗中傷メールをもらうくらいなら、ギタリストやめちゃおうかな?」という経験も何度かありました。

とはいっても、このブログを続けてきて、良かったことのほうが多いのです。

私の考え方に興味を持って、習いに来てくれる方。ファンになってくれて、演奏会などに毎回来てくれる方…ブログの内容に感動して感謝のメールをくれる方…圧倒的に「よかったこと」のほうが多い。ギタリストとして演奏してきてよかったなあ…教えてきてよかったなあ…と思うことのほうが多かったです。だから、このブログも、ずっと続けられたのだと思います。

このブログを書いてきたことで学んだことはふたつあります。「考えをまとめる力」。そして、「発信しつづける力」です。

普段考えていること、演奏活動から考えたこと、教授の現場から得られたこと・・・たくさんあるものです。ですが、「もやもや」したもので、なーんとなく心の中にあるもので、そのもやもやを言語化していくと、輪郭が見えて来ることがあります。

はっきりと整理はつかないのですが、じょじょに霧が晴れてくる感じ…もしくは、頂上がぼんやり見える…という状態にもっていくことができるのです。喋ることもそうですが、書くことによってイメージが「アイデア」に変化してくるのです。この経験を得られたのは、やはりブログを続けた結果だと思います。

「発信しつづける力」もはっきりと、(今は)その大切さを理解しています。

プロになりたい!…という生徒さんにいうことは、「発信力」です。インプットしたものをアウトプットする。それができないと、第三者はだれも自分の存在に気づいてくれません。そして、その人がいくら「すごい考え」を持っていても、誰もそうとは思ってくれないのです。

なので、プロ志望の方やすでにプロで活動している人には「自分の活動をアウトプットする大切さ」を力説しています。

おかげで、ギター教室のほうにも生徒さんが来てくれます。演奏会にもちゃんと人が来てくれます。このブログ自体にもファンがいて、地方に行った際には「ブログ毎回読んでます!勉強になります!」と言ってくれる方がいます。

そういう自分がやっていることや考えていることが、自分が知らない人のところにも届いていて、なんらかの役にたっているという実感を持つことができた…このことがブログを続けて得られたもうひとつの財産です。

ということで、これからも富川勝智と富川ギター教室を今後ともよろしくお願い致します!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



 

ブログを続けることで学んだ事(発信すること)

さて、思い出してみると、このブログですが、2004年からスタートしています。なので、9年やっていることになりますね。

このブログを書いていて、学んだことはたくさんあります。

とりあえずは、悪い事よりも良い事のほうが多かったかな?…と。

正直に伝えたいと思っていることを発信してきました。「私の考え」をある程度は理解してから私のレッスンへ通ってくれる方が多いです。事前にブログをある程度読んでいただければ、スムーズにレッスンをスタートしていける利点もあります。またレッスンを通じて「あ、これはもうちょっとまとめて文章にして伝えた方が分かりやすいんじゃないかな?」と思い、ブログに文章をまとめる場合もあります。レッスンの事後フォロー的な内容になっていることも多いのです。

いずれにしてもクラシックギターを学ぶ人に共通の話題をテーマにしていることにはかわりありません。自分の演奏活動などについても、できるだけ「どのように考えたか」を入れて文章化するようにしています。演奏する人の思考を共有できれば、それはそれで学ぶ人にも役に立つだろうと思ったからです。

自分の考えを文章にまとめる…最初はたいへんな作業でした。「今日はあれを食べました!あそこに行きました!…楽しかったです!」…こういうブログにはしたくなかったからです。
音楽を言葉で表現するということもたいへん困難なことですし、思考のプロセスを文章にするというのも手間がかかります。

雑誌などに奏法についての解説を書く時もいつも悩みます。どのくらいのことまで書けるだろうか?…と。どのくらいのことまで書いて良いのだろうか?…という風にも考えます。いつも、このあたりは注意しています。どういうレベルの読者が読むのだろうか?…いつも想像しなから文章を書いています。

こういうことを考えると、思い出すブログ記事があります。

これです。

「ラグリマ」の解説について

ホームページに発表した「ラグリマ」の解説について、とあるブログで「こんな面倒くさいことを考えて弾かなければならないならば、ギターは面倒だなあ」という主旨のことを書かれたので、それについて反論した記事です。

2005年の文章ですね。若い(苦笑)。固いなあ、文体が。そういう意味でも懐かしいのですね。このときはまだ「文章で伝える事のリスク」が分かっていなかったんでしょうね。だから、必死で反論している。

結局、文章で「どこまで書くか」「どこまで掘り下げるか」というのは書き手の判断です。深く掘り下げるのがプロの仕事なので、当時の僕は必死で掘り下げたのでしょうね。

レッスンをしていても、結局は生徒さん本人の知識と経験のレベルでしか理解してくれません。その人の知識と経験をしっかりと見極めて、そこからちょっと上のレベルにいけるように導くのがレッスンです。これは文章と一緒ですね。

どこまで伝えるか、どこまで教えたらいいのか?…この観点でレッスンをしていかいないと、生徒さんのキャパシティを越えてしまいます。先日アップしたブログ記事の「教え惜しみ」ではないですが、しっかりとその生徒さんの実力を判断し、ひとつ上のレベルに導いてあげなくてはいけません。

そんなこともブログから、そして考えを文章にすることから学びました。

書いていくこと、そして、それを継続することで思わぬ「学び」を得ることができますね。とりあえず、このブログ、10年続けてみます。なんでも10年続けると学ぶことは大きいはずです。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

Facebookのページ作成しました!

近頃、いろいろと話題になっているFacebookに「富川勝智」のページを作成しました。教授活動、演奏活動の情報などを更新していこうと思っています。

いままでどおり、ブログも続けていきます。ホームページも続けていきます。

みなさま是非お越しください。そして「いいね!」を押してくださいね。

http://www.facebook.com/guitar.tomikawa

実は、Facebook内に「富川ギター教室」のグループページもあります。これは会報などでも告知しました。すでに30名以上の方が登録しています。(外部へは非公開です)

教室行事などに関しては、将来的にそちらをメインに情報発信していくつもりでいます。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

ブログ一時的に見れませんでした(お詫び)&新スタジオのご紹介!


さきほど生徒さんからメールをいただきました。「ブログが見れません!」とのこと。

いろいろ原因究明をしていたら・・・判明。

このブログは「プロ」というサービスを使っており、アドレスはサブドメインを使っています。プロは有料ですので、カードで支払いをしていますが・・・その有効期限が切れていたというわけですね。

しかし、メールをチェックしましたが、その有効期限切れを知らせてくれるものもなく・・・ただ一方的にブログのサービスを「通常のもの」に変更されてしまっていたわけです。

で、ヘルプを見ても、問い合わせメールが探せない!!!

・・・確かに「むやみやたらに」なんでもかんでも質問したがる人もいますので、連絡先を隠しておきたい理由は分かりますけどね・・・。

しかし、有料でサービスをやっておきながら、問い合わせも簡単にできないのは困ったものだなあと。

3月以降かなり多忙で、ブログの更新もままならず・・・と思って、最近結構まめに更新している矢先でしたので、なんだか不愉快だったなあ・・・。

ということで、昨日もブログに書きましたが、もういちど「ラスマノス」のコンサート告知しておきます。


2010年6月27日(日)・ギターデュオ「ラスマノス」ライブ 午後2時
場所: ARCOIRIS(〒250-0045 小田原市城山1−3−18)
料金: 3,000円
お問い合わせ: ARCOIRIS TEL: 0465-34-5536
演奏: 湯川賀正 富川勝智

※ギターデュオ「ラスマノス」の小田原公演!コシュキンやクレンジャンス、デュアートなどの隠れた名デュオ 曲が満載。名器アルカンヘル2台の組み合わせもレアです!お早めに席を確保ください!予約は上記電話にて!
 
さて、実はゴールデンウィーク明けから新しいスタジオでレッスンしております。リニューアルです!(マンションは変わりませんが・・・)。

ちょっとだけ紹介しておきます。前のレッスン室よりは広くなりました。冬は床暖房もあるので、暖かいです。快適なレッスン空間です!

新スタジオ














6月になって、だいぶ生徒さんのスケジュールは落ち着いてきました。この時期になって、問い合わせがまた増えてくるものなので、お早めに!

現在土曜日はほぼ満席ですが、平日の午後早い時間は空きがあります。

体験レッスンなどの詳細はホームページのほうをご覧下さい!

http://guitar.sakura.ne.jp/index.html


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

メモとブログ〜自分の脳内を知る(記憶と検索)

生徒さんの中でも、私のブログを愛読してくれている人は多いようです。そして、「先生のブログで悩みが解決しました!」とか「そういうことなんだってヒントがもらえました!」という声をいただきます。

ほぼ毎日私は自分の行動なり考えなりをブログにアップしています。

そういう意味でいえば、ブログは私の脳みその中といってもいいのかもしれません。

生徒さんのなかには、レッスンの内容を終わったあとにメモをつけている人もいるとは思います。これはメモ帳や日記などにつけているのだと思います。

このようなアナログのメモ(覚書)にはものすごい効果があります。レッスン内容をもう一度思い出すことでポイントを復習することができますし、定着します。

そして、しばらくして見返すと、「ああ、同じことを昔も言われているなあ」とか「このことを最近意識していないなあ」とか思うことができます。そのくらい人間の記憶というのは「忘れていく」傾向が強いということです。

昔学んだことを記憶の引き出しから出す作業をしなくてはいけないわけです。そのために自分の指を使って書く(まとめる)レッスンメモ(覚書)はレッスンを受けている人にとっては有効です。

さて、もうひとつブログも生徒さんには勧めています。アナログメモをつけたあとに、その内容をまとめたもののほうがベターではあると思いますが、ダイレクトに「今日のレッスン内容」を書いてもOKでしょう。

もちろん、非公開という形でもいいとは思いますが、できるうるかぎり公開という形式のほうばいいとは思います。ある人の経験や思考が同じような悩みをもっている人の助けになる・・・というのがインターネット的な考え方であるような気がします。

そのブログ主がそれほど有名な人でなければ、公開にしてもめったなことで「炎上」するようなことはないでしょうし・・・。(もちろんネットリテラシーには注意したほうがいいですが。)

ブログをつける利点はその「検索」機能にあります。

私のブログにも「ブログ内検索」というのがあります。ためしに興味ある単語を入力してみてください。たとえば、「右手」とか「アレクサンダーテクニーク」とか・・・。

その内容を含んでいる記事を検索することができます。

これはその文章を書いた私本人ですら、すぐに「ああ、その内容は何月何日に書いたなあ!」と思い出せるものではありません。

つまり、私の脳内を自由に検索することができる機能が備わっているのが、ブログというものです。

それは生徒さん本人がレッスンブログを付けることでもその有効性を実感できると思います。

アナログメモだと、時間をかけてページを繰らなければいけないロスが省略されます。

たとえば、「そういえば右手のアングルについて昔注意を受けたなあ・・・どんなことを注意しろって言われたっけ?」というときに、しかるべき単語で検索をかける・・・。そうすれば、自分がレッスンでいわれた内容が記された記事に到達できるということです。

私もたまに自分の考えや思考の道筋を確認するために『自分のブログを検索すること』があります。

その『自分のブログを検索すること』は、イコール『自分の脳内を探索する』ことでもあります。


昔から研究者や文章を書く人が京大カードやアイデアメモなどによって知識を整理してきたのと、同じことをブログというシステムでできるということです。

もちろんアナログメモの速記性と秘匿性も有効に利用すべきです。私も生徒さんとのレッスンメモはアナログでつけていますし、自分の練習日記もアナログでつけています。

そのほかに、漠然としたアイデアをつけておくためのメモも持っています。

また、原稿などの依頼があったときは、専用のノートをつくります。

デジタルというものも、「道具」として使うことが実は大事です。


ということで、生徒の皆さん、是非ブログを始めましょう!

レッスンのことを簡単でいいから、書き留めることで、自分の脳内を自動的に整理していくことができます。もちろん、アナログのメモだけでも構いません。

それぞれが各自の使いやすい道具で「学んだこと」を整理していくことが、上達の近道であることはいうまでもありません。

そして、検索という機能にすぐれているブログというシステムを使うことも是非スタートさせてみてください。

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ