ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ベルベン

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

プレスティ&ラゴヤ(最近のヘビロテ)・・・編曲譜

いままで数え切れないほどの曲をギターデュオで演奏してきました。
そのため普段から意識してギターデュオのCDを聴くことが多いのです。とにかく最近よく聴いているのがプレスティ&ラゴヤデュオです。

このCDは一見アレクサンドル・ラゴヤのソロCDに見えますが、、、、実はプレスティとのデュオの名演奏が収録されています。

L'Art De Alexandre Lagoya
L'Art De Alexandre Lagoya
クチコミを見る

6枚組みです。実はラゴヤの独奏よりも、デュオが多く収録されています。しかも、結構珍しい曲がはいっているのがうれしいところ。

プティのトッカータ、タランテラ・・・などは最高にすばらしいですが・・・。

特に最近はまっているのが、ヘンデルのシャコンヌ。これは是非クラシックギターデュオに興味のある人ならば一度は聴いていただきたい名録音であり、名演奏。そして、なによりも名編曲なのです!

実はプレスティ・ラゴヤの楽譜コレクションがイタリアのベルベン社から出版されています。

このプレスティ=ラゴヤコレクションシリーズは現在日本では第4集まで入手可能です。この伝説的なギターデュオチームが実演や録音などで用いた楽譜を出版していこうというプロジェクト。実に長い間待望されていたシリーズなのです!

プレスティラゴヤコレクション


















1巻はヘンデル集。
2巻はバッハ集(平均律クラビーア曲集)。
3巻はバッハ集(イギリス組曲、フランス組曲)。
4巻はスカルラッティ・ソナタ集。


それぞれ、スコアと各パート譜が入っています(その分、ちょっとお値段が高めですが・・・)。

でも、ギターデュオを本格的に研究したい方は持っていおいて損はありません。編集はフレデリック・ジカンテ(※しかし、この人もものすごい仕事量ですね・・・)。信頼できるエディターであると思います。

それよりもなによりも、プレスティ&ラゴヤデュオの音色のすごさを是非聴いてみてください。

技術的にも音楽的にもすばらしいコンビネーションですが、なんといっても「ギターの音色の可能性」を感じることができるデュオという意味で希少です。二人の音色を聞いていると、しっかりと芯のある音をもとにしてその上で色をつけているという印象を受けます。

しっかりとしたギターの音を聴きたいという方にもお勧めのデュオなのです。

良い演奏を聴いて、研究です!クラシックギターは深いなあ!と思わせるデュオです。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

モンポウとギター作品(GG新連載!)

現代ギター誌にて久々に(一年ぶりかあ…)連載を再開します。

タイトルは「セゴビア・アーカイブ細見」です。

現在ベルベン社から出ている楽譜の解説…といえば簡単ですが、もうちょっと踏み込んだ内容となっていますので、是非お読みください。

1920年代、セゴビアのパリデヴューは衝撃的なものでした。その演奏にギターの可能性を感じた多くの作曲家がセゴビアのために曲を書いたのです。しかしその全てが演奏されたわけではありません。

そして今イタリアのギタリスト、アンジェロ・ジラルディーノの尽力によってセゴビアが所有していた手稿譜を収集・整理し、運指をつけて出版されているのです。

このシリーズには全て浄書された譜面(ジラルディーノの運指がふられた実用版)とオリジナルの手稿譜のコピー(!)が添付されています。また作曲家についての詳細なデータも貴重です。

さて、私の連載はこの楽譜を参考にしつつ、もうちょっと踏み込んだ内容となっています。第一回はフェデリコ・モンポウの「アルフォンソ10世の2つの頌歌による〜歌と踊り」です。モンポウという作曲家の音楽史上での位置づけを概観し、ギターとの関わりについて書きました。また作曲スタイルの変遷などにも触れました。

もちろん、この手の記事を書くに当たっては、モンポウのギター作品についても触れねばなりません。

この連載では、とりあげた作曲家に関して(またその周辺の作曲家に関して)最低限、クラシックギターを専門的にやる人(プロ志望の方など)であれば知っていなければならないレパートリーを同時に取り上げる方針で行く予定です。

ということで、今回は下記のギター作品及び関連作品をとりあげました。

  • コンポステラ組曲
  • 歌と踊り13番
  • ラ・バルカ(小舟)(レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ編曲)
  • 歌と踊り6番より「カンシオン」(ディアス編…他にも編曲あり)
  • 歌と踊り10番(合唱版&ピアノオリジナル)

ある曲を弾くときにその作曲家について徹底的に調べる…という「癖付け」は実に大切です。その楽曲の歴史上の位置づけ、作曲家の人生のどのような時期に書かれたのか?…そういうことを調べること、感じること(想像すること)が正確な楽曲解釈へとつながっていきます。これはプロであれば必ず行っていることだと思いますし、もちろんアマチュアであってもこの作業はしてみると「知的作業」として楽しいと思います。

なので、上記の作品はモンポウという作曲家の作品を(ギターで)演奏する際は是非知っておいて貰いたいと思うので、取り上げたわけです。実際は文中に散りばめましたが、そこから読者が想像の幅を広げてみてほしいと思うわけです。

例えば1925年にはレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサがパリでのデヴュー演奏会でモンポウの編曲作品を取り上げています。これは非常に画期的なことだと個人的に思います。モンポウとレヒーノの間に親交があったということは資料上も明らかですし、モンポウというその当時としてはコンテンポラリーな作曲家の作品をレヒーノが演奏していたという事実…想像すると実に凄いことです。レヒーノの音楽家としての見識の高さ、意識の高さも感じることができます。

私自身、今回モンポウについて調べたとき、「これほどまでにギタリストとのつながりがあったのか!」と驚いてしまいました。今までのモンポウとギターとのつながりはやはり「コンポステラの講習会+セゴビア+モンポウ=コンポステラ組曲」という印象が強かったですから。いわば、固定観念ですね。

もっと若い頃からモンポウはリョベートやレヒーノなどの優れたギタリストとの親交があったという歴史上の事実があったことを忘れてはならないのです。

いろいろと書きましたが、是非現代ギター本誌、連載のほうをお読みください。

次回はレノックス・バークリーの予定です。(もう原稿提出済みです)

現代ギターホームページ

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ