ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ポジション

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

左手の効率とバランス〜クラシックグリップの多様性

昨日は日曜ワークショップで「左手の基本」についてお話ししました。
講座のタイトルは「左手の基本を知ってミスを減らそう」(内容の詳細はこちらのブログで確認!)。12名の方が参加。コンクールに挑戦中の方、基本からじっくりと奏法を見直したい方・・・いろいろな方がいましたが、みな飲み込みがとてもよい。

左手指の構造とポジショニングの確認をしました。

11210110_926143150783072_75677469_n
 









各指と腕とのリンクの関連を実際に体感していただきながら、「クラシックグリップ」まで持っていきます。
1指と2指(人差し指と中指)は橈骨とのつながりが強く、3指と4指は尺骨とのつながりが強い。おおきくそう捉えてからみなさんにポジションを作っていってもらいました。ほとんどの方がローポジションでも、ポジション上に各指を適切に配置できるようになりました。

結論からいうと、カントリーグリップは橈骨よりの腕とのリンクが強くなります。ほとんどの方が日常生活では橈骨を基本とした腕の運動を用いています。カントリーグリップではクラシックギターの複雑な書法による左手の配置は実現不可能です。
クラシックグリップはより尺骨を意識した腕の運動を用いなければなりません。上記で書いた様に尺骨を軸とした動きは日常生活で用いられることは稀です。武術の分野ではダイナミック且つ繊細は腕の動きは尺骨を強く意識することによって実現されますが、実はギター演奏においても(特にポジションを作っていく場合)、この感覚が必須となってきます。

…とここまで書きましたが、なかなかうまく言葉だけでは説明できませんね。日曜日のワークショップでは、ひとりひとりの腕の動き、指の動きを確認しながら、すこしずつ「手指と腕全体、そして身体」が繋がっていく感覚を養ってもらいました。

より具体的には各自が練習している楽曲の中で、クラシックグリップでのポジショニングの利点をしっかりと意識していってもらうしかありません。そのあたりに関しては、今後ワークショップでもう少し掘り下げることができればと考えています。また、個人的にもっと知りたい方はワンレッスンなどで伝授可能ですので、ぜひお気軽にメールください。(tomikawaguitar@gmail.com)

次回のワークショップは、6月21日です。内容は未定ですが、奏法に関することについて行いたいと思っています。なにかこの内容について知りたい!という方はご連絡いただければと思います。詳細は下記のブログで確認してください。

日曜ワークショップのブログ



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



 

左手運指の学び方(「理由」を探す)

先日、ちょっと「深めに」左手運指の話を書きました。

抽象的でわかりにくかったかもしれません。

巨匠の美は伝承されないのではないか?・・・という私個人の勝手な危機感から書いた文章です。おそらくクラシックギター初心者や中級者の方には理解しにくいものであったと思います。

まずはコメントに質問がありましたので、そちらにお答えします。

1弦と2弦のラが同じ音に聞こえるような楽器というのは、安い楽器を指しているのでしょうか。

この質問に関する答えは「安価な量産タイプの楽器だけを指しているわけではない」ということだけを言っておきましょう。

楽器に関しては、今も私は研究中でもあります。いずれ、考えがまとまったら記事にしたいと思います。


さて、今日は初心者や独習者に向けて、左手の運指について「学び方」を書いていきます。

結論から言うと・・・

1.左手運指の理由を考えること
2.習っているのであれば、その先生の左手運指の指示を守ること(※)
(※習っている先生が生徒さんの将来を見越してしかるべき運指を与えているということが前提)

2.に関しては、非常に難しいです。信頼できる先生につくことです。1.とも関連してくるのですが、先生が全ての運指に関して説明するわけではないということです。つまり、ある程度の曲が弾けるようになって初めて、理解できる運指のルールというものも存在するということです。

1.はとても大切なことです。初心者にとって、ポジションをとれるようになったあと、実際の楽曲にはいったとき、必ず「?」という左手の運指にぶちあたることになります。それは必ずしも押さえ易い運指とは限りません。まずはその理由を考える。その理由をきちんとした先生であれば説明してくれるでしょう。
独習者の方は、自分でその理由を考えてみることです。これがとても大事です。

2.も学習者にとっては大切です。なんでもかんでも「理由」を尋ねてもしょうがない場合もあります。私も「とりあえず、そのとおりやっておいて!」と言うしかない場合もあります。これは中級者や上級者になって、より複雑な楽曲をやるときになって、やっとその運指の理由が実感できる場合もあるということです。

つまり、2.は「運指の理由を考えない」ということでもあるわけです!

(まるで、禅問答?・・・わかってくれるかな?)

きちんと左手の運指について理解しているギター教師であれば、全ての運指に関して説明できます。しかし、その説明は「それを理解するのにふさわしい時期」に生徒さんに対して行なわれます。

例えば、初心者の段階でポジションの本当の概念を理解することは難しいと思います。なぜなら、ハ長調のローポジションである限り、4フレットは登場しませんから。

なのに、何故1フレットは1の指、2フレットは2の指、3フレットは3の指と押さえねばならないのか?・・・このことはやはりト長調にいってからでないと本当の意味は理解できないと思いますし、単旋律の楽曲をやっているときには必要は感じないかもしれません。より難易度の高い曲になればなるほど、ポジションに則った運指の重要性は実感されてくるということです。

・・・上記のレベルのことであれば、私は初心者であろうが、その「意味」をしっかりと説明することができます(実例などを示しながら)。一般的にローポジションはフレット間が広くて「押さえにくい」と思いますが、ギターのフォームや左手の構造などを理解すれば、誰でも押弦できるように指導することが可能です。

なので、どの生徒も初心者の段階から、ポジションの意味を「おぼろげながらでも」理解できているようです。そして、難しい曲をやったときに、「やっと意味が理解できました!」と言ってくれることもあります。

ただし、このレベルのことを説明できないギター教師もやまほどいるようです(もしくは秘密主義?)。なので、1と2のバランス(線引き)はとても難しいのです。


左手の運指には必ず理由があります。

ソルやアグアド、そしてカルッリなどの初心者用エチュードでも、以下のようなパターンの運指が登場します。

1フレット=人差し指、3フレット=小指

ポジションのルールからははずれています。それまでさんざん1フレット=人差し指、2フレット=中指、3フレット=薬指・・・とやらされて、具体的なエチュードに入った瞬間に、このルールが破られます。この理由がしっかりと説明できる先生であれば、信頼して良いと思います。

この初心者用のエチュードを『1フレット=人差し指、3フレット=薬指』という運指に振りなおしている教本も多いです。私はこれを改悪であると思っています。

みなさんも是非、このあたり考えてみてください。

ヒント=「12フォーム」と「34フォーム」(※先日行なわれた池田慎司氏の基礎テクニック講座に出た人ならぴんときますね!)



・・・初心者向けとはいいながら、なんだかかなり上級者向けの記事になってしまったような気がします。

私に習っている生徒さんも、是非自力で考えを整理してみてください。1年程度習っている方であれば、どの生徒さんにも一度は説明しているはずです。

生徒以外の方で、分からない方は私が定期的に行なっている「ギターテクニックの基礎の見直し」(日曜ワークショップ)にどうぞ。ほとんど毎回、左手のテクニックについて説明する場合は、説明していますので。





BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

ポジションたて直し(PTN)と「loco」

最近、私もレッスンで勝手な略号を作ってみました。

PTN

…ポジションたて直し!…です。

最近、たまーに使用している私のオリジナル用語です。生徒の楽譜にちょっとしたメモを書いてあげるときに便利かなあと思って…生み出しました。

ニ長調などで旋律を弾くときに2ポジションをとっていたとしましょう。そこで、4弦ミから3弦ラに続くときに、おそらく3弦ラは2の指で押さえます。そこで『2ポジションから外れてしまうわけです。そして、仝好澆覆匹粒放弦でメロディーを弾いたときに、2ポジションを取り戻すこと…それを『ポジションたて直し』つまり『PTN』と名付けてみました。

いかがでしょうか?

個人的には便利です。なにせ、私の字はものすごい癖字&悪筆なので、せめてアルファベットのほうが分かりやすいかなあ?…と思ったのも理由です。すごく消極的な理由ですが…。

あと、KYとかヤングたちの間で普通に使われていますね。なので、若い世代の心をつかめるかなあ…

…と思っていたり、いなかったり…。

 

あ、用語で思い出しました。

エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサの曲に「El Loco」という曲があります。邦題は「狂人」です。

その曲をやったことがある生徒さんが、ピアソラの曲で「loco」という指示をみて、「やはりここは熱狂的というか…狂った感じで弾くんでしょうか?」と訊いてきました。

…それはオクターブ後で、記譜されているとおりに弾いてくださいね…という意味ですと説明。これが音楽用語としての普通の「loco」の意味です。

まあ、ピアソラなのでスペイン語圏の出身の人です。もしかしたら、ピアソラのたーくさんある曲のなかで、本当の意味での「loco」で弾かねばならないところもあるかもしれませんが…。とにかく文脈の問題でしょうね。

 

 

音楽用語…なかなか奥が深いです。

 

 

音楽を教えるほうも気が抜けません!!!

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

ギタリストと読譜力

さて、みなさん、現代ギター「ギタ研」をお読みになったでしょうか?
この記事で私、シキさん、坪ちゃんで鼎談しているのですが、そのことについて前にこのブログで記事にいたしました。
 
その記事のコメントで以下のようにkohjiさんがまとめてくれました。
(実際、よくまとまっていて、「ああ、ずばりそういうことです!」と思ったので、引用させていただきます)
 
ギタ研、毎月楽しく読んでいます。20年以上前からギターを弾いてきて、いまだに暗譜、苦手です。二十歳ころのときは、オケのスコアもすらすら暗譜していたというのに。富川先生のおっしゃるように、読譜力が重要という感じがします。譜面を読んでも、楽器なしでは音が聞こえない、と言う生徒さんの場合、まず弾けるようになるのが先決なのでしょう。ギタリストの多くが、楽譜なしで読譜できるかというところが苦手なのかも知れませんね。小さなこどもさんたちを指導して行くときは、この点を重視しています。フレージングを含めた読譜を、楽器なしで楽譜だけで分析してイメージできること、譜面を一読しただけで運指を即座に把握できること、この二つが両立できた子が本物のギタリストに育つのかなと感じています。
 
・・・譜面を読んでも音が聴こえない・・・というのは確かにギタリストには多いと思います。
私自身も幼少の頃からソルフェージュなどの「訓練」を受けているわけではないので、完璧とはいえません。絶対音感もありませんし。
 
しかしギターを始めた頃から、楽譜を読み、楽器で音を確かめ、「歌って確認」というのを繰り返してきたため、なんとなくパターン・スタディ(経験)で、「ああ、この音型だと、こんな感じ?」というふうにイメージはできるくらいにはなっています。
 
もちろん、複雑な現代音楽などは、実際ギターで音を確かめてからでないと、きついですが。
 
「フレージングを含めた読譜を、楽器なしで楽譜だけで分析してイメージできること」はとても大事です。最終的にはこのレベルまで到達することが重要です。
 
楽譜だけから音程などをとることが難しいというのであれば、ギターを傍らにおいて、ちょこちょことチェックをしながらやればよい、と思います。正しく弾くということより、「音楽を掴む」ということを考えながらやる、ということですね。
 
この場合問題となるのが、ギターの特殊性です。おそらく、ピアノなどと比較すると、同じ音でも何弦でとるか?ということがあり、ローポジションでとるか?ハイポジションでとるか?という点が難しい・・・。
 
このあたりは、エチュードや簡単な小品をたくさんこなしていくなかで、「この音の場合は、このポジションかな?」という“勘”を養っていくしかないと思います。
 
具体的な訓練法として、簡単な旋律を、様々なポジションで弾いてみる。もしくは、例えば「3弦と4弦だけ弾いてみよう!」とか・・・そして、実際音を出して弾いてみてから、楽譜だけを眺めて、指盤でどのように指が動いているが想像できるかどうか?が大切なのです。
 
そういう意味でギターにおける読譜力というのは、思っている以上に複雑な気がします。音が頭の中で鳴らせることができるか?&ふさわしい運指が見つかるどうか?(どのポジションで演奏するか?)という2点がバランス良く訓練されていないと、なかなか確実な演奏には至らない・・・ということです。
 
ということで、私がレッスンで「なによりもエチュード!をこなすこと!」と言っているのは、上記の2点目を中心に考えてのことです。エチュードを音楽的に仕上げるよりも、「質より量」でやってしまう。もちろん、和声の感じとか、声部を意識して勉強することも大事ですが、とにかく楽譜をたくさん読み、量をこなしてみると、ギターの指盤上での運指のパターンがつかめてくるはずです。
 
このことについては、また気が向いたら続きを書きますね。
レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ