ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

マスタークラス

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

フランシスコ・クエンカ氏のマスタークラス&演奏会〜基本は「ゆっくり」!

2016年3月23日(水)はフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスでした。

午後3時からマスタークラス。

IMG_3630

















受講生各自に言っていたことは「とにかく音をしっかりと聴くこと」。ゆっくりと弾いてみることを勧めていました。そして、しっかりとした音量で弾くことを受講生全員に言っていました。

そういう意味で「基本に忠実」なレッスンでした。生徒さんに媚びることはありません。まずはこれを大切に・・・ということをはっきりというレッスンです。

さて、このように4名のレッスンが終わったあとは、同じ場所で、コンサートです。まずは僕が数曲演奏。実際は予定していなかったのですが、当日、パコのプログラムだけだと若干短いかな?・・・というのと、「スペイン人と日本人の演奏の違い」というのを感じてもらえたらお客さんも楽しいかな?・・・というのがありました。なので、10分ちょっと弾きました。

1924127_991222320948085_4335317052917400918_n










さて、その後、お待ちかねのフランシスコ・クエンカ氏のソロです。

アストゥリアスや、セビリヤ幻想曲、アランブラ宮殿の思い出などなど…切れのある素晴らしい音。
1918373_991222710948046_5495875950201780906_n










さて、コンサートの最後はクエンカ氏をソリストに、私の生徒有志でビバルディのコンチェルトをやろう!ということに。当日は20分ほどリハ。

本番は・・・素晴らしい出来でした!ほんとうに楽しい共演でした!
パコも「まるでいつもやっているメンバーのようだった!」と言ってくれました。

1465126_991222920948025_3160392754893417968_n










そして、そのあとちょっとだけ打ち上げ…のつもりが、終電近くまで。
パコと久しぶりにあれこれ話せてとっても楽しかったです。

IMG_3644
 









 

3/23 フランシスコ・クエンカ氏のマスタークラス詳細!

明日のフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスの詳細をお伝えします。
聴講生募集中です(聴講料:2000円)。

今まで何回もマスタークラスの通訳を担当しておりますが、スペイン音楽及びクラシックギターの音の鳴らし方という意味ではずば抜けた才能をクエンカ氏は持っています。

15:15〜.▲襯椒蕁璽澄淵織譽)、Cuiden su vida(ポンセ)

16:00〜入江のざわめき(アルベニス)

16:45〜マズルカ(タレガ)

17:30〜ぅバティーナ組曲より前奏曲(タンスマン)

19:30〜はコンサートです。
こちらもご予約まだまだ受け付けております。下記へメールをください。
tomikawaguitar@gmai.com

最終稿02 





千葉でのマスタークラスを終えて…自分の演奏に飽きないためのヒント

ちょっと遅いレポートになりましたが、2015年11月8日(日)に行われた「富川勝智ギターマスタークラス」について、まとめておきます。
IMG_3161







主催の千葉ソロギターサークルさんのブログにマスタークラスの様子が詳しくレポートされております。
「富川勝智マスタークラス」のブログ記事 

そのなかに、受講生でもあった上原さん(アマチュアのコンクールの数々に上位入賞を果たしているトップアマチュアギタリストのひとりです!)が以下のように書いてくれました。

私はこれまで色々な方のレッスンを受けていますが、今回の富川先生のレッスンは、これまでに経験した事のない視点からアドバイスをやヒントを得られ、いつにもましてとても有意義なものとなりました。 
目からウロコと言いますか、曲の表現や解釈に対する視界が一気に広がった感じがしました。説明も分かりやすく明快で、素晴らしい指導者だと思います。 
レッスンが進むにつれて、数年前からのレパートリーで、弾き古されて煮詰まった感のあった前奏強第4番が、まるで別の曲のように新しく生き生きと生まれ変わるような体験を味わいました。音楽の奥深さや多様性、表現の無限の可能性を垣間見たような感覚でした。 

このように書いてくれるのはとても嬉しいことです。最初に演奏を聴いたときに、「あ、この人もしかしたら自分の演奏に飽きちゃっているのかも?」と感じました。なので、音楽の表現を考える上での基本を教えました。

同じ曲を何回も弾いていると飽きてくることがあります。ここで秘伝を伝授しておきます。とても簡単です。

「変化」をつくることです。

…そんなこと知ってるよ!というかもしれませんが、実はこれをしっかりと理解している人はきわめて少ないです。

こちらのブログでも「音楽表現を考えるためのヒント」というテーマで記事投稿したことがあります。そのまとめです。まずはお読みください。
(めんどうくさい!という方は以下を読んでくださいね!)

変化を感じさせるためには、期待と裏切りを曲のなかにつくらねばなりません。

同じフレーズが二回続けば、三回目にも「同じものがくるのかな?」と聞き手は予想します。なので作曲家は三回目に「違うもの=変化」をもってくることが多いのです。

期待をもたせながら、裏切りを作る。これが音楽の「変化」を作るうえで一番大切なことです。裏切りばかりでは、ドキドキするばかりで、落ち着きません。なので期待と安定を作りながら、たまに裏切る…音楽表現はこれの繰り返しなのです。

千葉のマスタークラスでは、拍節感や様式感についても簡単にレッスンのなかで述べました。これもなかなかしっかりと説明できる人はいないようで、みなさん真剣に聞いてくれました。これがわかると演奏をしていくなかで、「あ、ここは少し拍節感を多めにだして弾いてみよう!」とか考えられるようになってきます。

実はこれが演奏の「自由度」をひきだします。

私の通常のレッスンでも表現伝授については以下のことを忘れないようにしています。
1:音楽表現のルールを教える
2:自分(教える側)の表現(結果)を押し付けない
3:初心者やアマチュアの方の場合は、こういう例もあるよ!という具合にお手本を示す

以上3点です。クラシックギターのレッスンにおいて、「ここはクレッシェンドね!」とか「ここはすこしたっぷり弾いてね!」というふうに結果を教えてしまう先生がほとんどかもしれません。だって、面倒ですからね・・・音楽表現のルールから教えるのって。それに、初心者の場合やアマチュアの方の場合は、「とりあえずこの曲を"らしく”したい!」という場合が多い。モチベーションを高めてもらうためにも、3の方針で表現を伝えることもあります。

とはいっても、最終的には1か2という方向でいきたいものです。生徒さんに「自由」を与えたい。自分で表現をみつけていくことをしてほしい。音楽表現のルールを知った上で、自分の「好み」に気づいてほしいのです。

いままでもたくさんコンクールの審査などをしてきましたが、「あ、この人、先生の言う通りになぞっているな…」という演奏に出会うときになります。そのまま模写してしまっているのですね。音楽に生命力がない。奏者の自発性がない。もちろん完成品としては「完璧な模写」ですから、否定できません。ちゃんと審査の点はつけます。

とはいっても、若い奏者の場合は、「この先、先生から離れてひとりで勉強していくときにどうするんだろう?」と他人事ながら不安になります。

今回の千葉でのマスタークラスは上記1と2を重視して、進めました。なので、簡単な音楽表現のレジュメも配布しました。

レジュメをみて、「あ、富川先生はこの部分のことを中心にレッスンしていたんだな!」と受講生の方、気づいてくれたかしら?…気づいてくれたなら嬉しいのだけど。

IMG_3175









(↑今回の受講生の方との記念撮影!)

いろいろなことを生徒さんから学ばせてもらった千葉でのマスタークラスでした。主催の「千葉ソロギターサークル」及び、代表の上原さん、ほんとうにお世話になりました!

さてさて…実はこのあとの「打ち上げ」も受講生+聴講生で大盛り上がり!…次回はこのような講座をやってほしいとか色々とアイデアももらいました!

IMG_3177









しっかりと勉強して、打ち上げでもがっちりと音楽談義!…打ち上げが楽しくないはずがない!



:::::::::::::::::::::
普段のレッスンでも、マスタークラスでも、西洋音楽表現のルールに則った教え方をしております。興味ある方はいつでもレッスンお問い合わせください。ワンレッスンなど受け付けております。また東京以外でのマスタークラス開催などのお問い合わせなどもお気軽に!下記メールまで。
tomikawaguitar@gmail.com
::::::::::::::::::::



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



神成理さんのマスタークラス&演奏会・・・素晴らしかったです!

昨日はスペイン在住のギタリスト神成理(かんなりとおる)さんのマスタークラスと演奏会を当教室主催にて行いました。

マスタークラスは4名が受講。受講曲はエストレリータ、タレガのプレリュード、椿姫幻想曲、エンデチャ・オレムス、アランブラ宮殿の思い出。4名のレッスンを午後2時〜午後5時30分まで、休憩なく丁寧に行ってくれました。

DSC02003



 






DSC02025 










テクニック面に関しては、基本に忠実です。とはいっても、その基本のレベルは現在のギター界が忘れがちな「基本」かもしれません。だから、受講生に対する要求レベルはとても高かったと言えます。丁寧な話しぶりでレッスンを進めていましたが、受講生の方は「基本」の大切さを再認識したはずです。

例えば・・・基本はアポヤンド。アルアイレであっても、アポヤンドに極めて近い音色と音量をもとめること。このことは本当に現在のギター界では忘れられがちです。(これは僕もホセ・ルイス・ゴンサレス先生にしつこーく言われました)

左手のテクニックも左手各指の強靭さを要求していました。スラーやポジション移動、アラストレ・・・いずれのテクニックもしっかりとした指と腕の安定が必要となってきます。ある程度のトレーニングが必要になってきます。

音楽表現面に関しては、「ブレス」「コントラスト」「アゴーギク」を重視したレッスンでした。このあたりは流石、数多くの演奏会をこなしてきた神成氏ならではです。テンポの緩急のつけ方と「聴き手の印象に残る曲想」にしていく方法論が提示されました。これは僕もとても参考になりました。


さて、演奏会。これはマスタークラスの会場と同じ場所で行いました。定員30名でちょうどいい感じのサロンコンサート風の演奏会となりました。
R0220506









演奏会の感想は・・・「ギターって凄い」・・・これに尽きます。もちろん、練り上げられたリズムやフレージングにより音楽の流れ、構成感も素晴らしいのですが、クラシックギターの音色の凄さが感じられました。

それはまさに「巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレス」を彷彿とさせるものでした。音圧が凄いのです。ギターという楽器の中から音が「ぼこっ!」と出てくる感じ。それでいて、遠達性がある音色。音圧と音色・・・これら二つの要素があって、抜けのよい音になるのですが、まさにそういう音でした。

そういう音があるから、立体感のある演奏表現が可能になるのだなあ、と思いました。

今回演奏されたなかで、エスタニスラオ・マルコの作品がお客様には好評だったようです。日本ではまだまったく知られていない作曲家です。かつてイエペスが「グアヒーラ」というマルコの曲を録音していましたが、その一曲でのみ知られていましたが、最近ホルヘ・オロスコ氏によって楽譜が再発見されて、piles社から楽譜集がでています。

楽譜はこんな感じ。

IMG_0796

















オロスコ氏の録音も素晴らしいのですが、また違った切り口の神成氏の演奏を聴いて、ますます好きになりました。いずれ弾いてみたい〜!

・・・という、新しい楽曲への興味も湧いた今回の演奏会でしたが、やっぱり全体の印象は最初に「ギターって凄い」に尽きます。

今回、演奏会に来た方はクラシックギターの本当の音色を感じてもらえたと思います。チラシにも「ギターの本当の音色を!」と書いたのですが、まさにそのままの演奏会だったなあ、と。

DSC02031










また、来日してほしいなあ!

マスタークラスから何を学ぶのか?

言葉の響き…人によっても違います。国によっても。


最近、言葉の響きのバリエーションが音楽のイメージを掴むのにとても大切であると感じています。
簡単に言えば、あるフレーズを歌おうとするときに、ガガガ(gagaga)と歌うのか、タタタ(tatata)と歌うのか、パパパ(papapa)と歌うのか?…元々持っているイメージがどのような「子音+母音」なのかを考えて弾くことが、ギターの音色感や音の立ち上がり感に影響してくるのだなあ、と思うわけです。

そして、その子音と母音の感覚は国毎に違うのかな?…と考えます。フランス人だったフランス人流の好みや嗜好があります。スペイン人も同様です。ドイツ人も。

極端な話、その嗜好が分からなければ、スペイン音楽に相応しい「歌い回し方」はまったく分からないとさえ言えます。


では、それをどのように身につけていけばよいのか?
 

各音楽家がどのようにフレーズを「歌うのか?」を少しずつ消化していくしかないような気がします。

ああ、この音は「パリラリターヤ!」と歌うのか!…と分かれば、その奏者のイメージが掴めます。そして、それが具体的に楽器の音色としてどう実現されているか?…優れた奏者であれば、その具体的な音から彼が心の中にもっている歌、つまりイメージが還元できるのです。


スペイン音楽であれば、優れたスペイン音楽の奏者の「歌い方」をよく観察することで、スペイン音楽の共通の歌い方と正しいイメージが形成されてきます。


海外に行って留学することも、そういう意味ではとても良いのだと言えます。海外現地の人々の言語感覚や音の響き…それを感じることで、その国の音楽をやる上でのイメージが湧いてくるのだと思います。例えばイタリアの街でオジさんが歌っている鼻歌にだって、イタリア人的な歌い回しが宿っているのです。


私は4年間スペインに留学しましたが、その点を意識し始めたのは2年経ったくらいの頃(遅かった…)。でも、最初の2年間習ったホセ・ルイス・ゴンサレス先生の歌い回し(実際のギターでの歌い回しも含めて)は、まさにスペイン音楽そのもの!…だったと思います。


その後、バルセロナでアレックス・ガロベー先生に習いましたが、ひたすら歌わされました。スラーをどのように歌うか?…フレーズの盛り上がりはどうなっているか?…いろいろなことを学ぶ良い機会でした。ああ音楽のイメージって(当たり前ですが)先に自分の中になければいけないんだなあ!…と実感したわけです。
 

この時期から、器楽奏者の人がどのようなイメージを持っているんだろう?と興味が湧きました。マスタークラスなどにいっても、あるフレーズの歌い方を説明するときの先生の歌い回し(実際の歌です)に注意を払うようになりました。
 

例えば、先生が「ここをお前は”ダダダダダターダ!”と弾いてるけど、もうちょっとしなやかに”タリラリティヤーーーア”と弾けないかな?」と要求したとしましょう。そうしたら、その場でその先生の言葉のニュアンスを復唱します。真似すれば良いのです。”タリラリティヤーーーア”ですね?…と。そうすれば、少しはその先生のイメージが自分の中に取り込むことができます。


私はスペイン留学中にたくさんのマスタークラスを受講しました。技術的にはもちろんですが、そういう「お国柄」を学ぶ良い機会であったと思っています。ドイツ、イギリス、スペイン、北欧、南米…いろいろな国の先生に学びましたが、それぞれにお国柄があります(もちろん個人差もあります)。いずれにしても「日本人にはない歌い回し」があったのです。


4月8日に当教室にてフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスを開講します。彼の具体的な音を聴けば「ああ、スペイン!」と思う筈です。マスタークラスでは言葉での説明もあります。そういう部分があれば、そこに注意を払ってください。音楽のイメージがその言葉にもあるはずです。どのように歌うのか?…どのようなニュアンスの言葉をセレクトしているのか?…そこに注意を払うことにより、音楽のイメージの源泉が掴めるはずです。

前回のフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスの様子はこちらのブログ記事でご覧頂けます。 


ここは通訳の腕の見せどころでもあるわけですが、そのあたりは受講生及び聴講生の方も意識してレッスンの場を楽しんでいただければと思います。


フランシスコ・クエンカ 公開マスタークラス
期日:2014年4月8日(火曜) 

会場:渋谷区文化総合センター大和田 大練習室

時間:午後1時15分〜午後5時
聴講料:2000円(当日お支払いください)
申し込み:tomikawaguitar@gmail.com 

受講曲:アランブラ宮殿の想い出(タレガ)、ファンダンギーリョ(トゥリーナ)、月光(ソル)などを予定

※午後6時〜 渋谷にある当教室にてプライベート(非公開)でのレッスンも予定しております。もう一名ほど可能ですので、ご希望の方はご連絡ください。

 

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ