ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

マスタークラス

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

スペインギターフェスタ冬の祭典終了…関東組で!

スペインギターフェスタ冬の祭典、終了いたしました。
朝からガッチリとマスタークラス、ワークショップ、演奏会と講師たちはしっかりと働きました。

受講生の方も非常にレベルが高く、実に実りの多い1日になりました。
IMG_5614


















マスタークラスは坪川真理子、東隆幸、富川勝智の3名で。受講生それぞれが2名の講師に30分ずつレッスンを受けられるというもの。

nQTstpcdQbuWLgEbggvd+A






























IMG_5608














IMG_5616


















僕個人としては、ながーい付き合いながら、坪川さんや東くんのレッスンをしている姿を知らないのです。なので、すごーい勉強になりましたー。

ワークショップは「レガート」について。左手の運指面について中心に講義&実践。

IMG_5615

















受講生みなさん、ホントーに真剣に実践してくれて、嬉しいもんです。みなさん、かなりの経験者なので、閃くものがそれぞれにあったようです。

基本的な運指法の意味を探っている内容にもなっておりましたが、なかなかこの講座は良いものだなあと。自画自賛。

そのあとは講師コンサート。
前半はガッチリと東くんのソロ!

V+km4fqiQ1iFkmmbhz4Zuw

 















東くんの芯のあるギターの音がダイレクトに楽しめる至近距離での演奏。お客さんも聞き入っておりました。

後半はトリオで!

IMG_5619

















東くんによる新アレンジも2曲!
という感じでのスペインギターフェスタの「関東組」3名によるイベントでした。定期的にイベントを行なっているスペインギターフェスタですが、関東組だけのイベントも年に一回くらいやれたら面白いし刺激的だなあと感じました。うん、勉強になる!

次は三月のスペインギターフェスタ全員集合による杉並公会堂での演奏会です!チケット好評発売中です!

お得なペアチケットもございます。お早めに!

2019.スペインフェスタ完成版



































「音をつなぐワークショップ」やります!〜1/27スペインギターフェスタ冬の祭典

ここ数日「レガート」について考えています。クラシックギターは撥弦楽器です。音をスムーズにつなぐのが難しい。

逆に言えばぶちぶちと切って弾くのは割と簡単です。なので、クラシックギターでメロディーや声部を滑らかに「人間が歌うように」弾くのはとても難しいのです。

明日はそのことについてシンプルにワークショップを行います。こんなテキストを作りました。
LkZ4FOLjQv6tmzGNUYtxPQ























レガートとジャストレガート。区別してみました。この辺りをしっかりと理解していないとクラシックギターでの「レガート」はなかなか理解できないと思います。その辺りを受講生の方とじっくりと勉強していければと思っております。

「スペインギターフェスタ冬の祭典」というマスタークラス、ワークショップ、演奏会の複合イベントの一つとしてやります。
IMG_5577
































以下のようなタイムスケジュールで行います。

1月27日(日)スペインギターフェスタ2019 冬の祭典 @スタジオ リンデ

11:20 Aルーム(大)開場               
11:30 レッスン…收遏<R.S.デ・ラ・マーサ/ロンデーニャ>
12:05  富川:<シューベルト〜メルツ/セレナーデ>
12:40   (昼休憩)

13:00 Bルーム(小)開場
13:10AE譟<タレガ/アルハンブラの思い出> 
 Bつ收遏<テデスコ/「プラテロと私」より汽廛薀謄>
13:45Aヅ譟<タレガ/プレリュードNo.1> 
Bι拈遏<E.S.デ・ラ・マーサ/「プラテーロと私」より好僖札>
14:20A坪川:<トローバ/シグエンサ>
B富川:<タレガ/アデリータ >

15:00   休憩&練習 

(Aルーム) 
15:30 発表会  講師:東、坪川、富川
 タレガ/プレリュードNo.5、マリエッタ
 バリオス/森に夢みる
 バッハ/「プレリュード・フーガ・アレグロBWV998」より プレリュード、アレグロ
 E.S.デ・ラ・マーサ/エボカシオン・クリオージャ
(講師からのコメント贈呈&質疑応答)

16:25 ワークショップ(45分)富川
<左指の運指法〜どのようにレガートに旋律を弾いていくか>       
17:10 質疑応答
17:30 終了

18:30 コンサート

<予定プログラム>

(前半)東ソロ〜 タレガ曲集〜
5つの前奏曲
アルハンブラの思い出
4つのマズルカ
アラビア風奇想曲
ワルツ 「2人の姉妹」

(後半)トリオ
ネズミたちのホタ(チュエカ〜SGF編)
サルスエラ「巨人と大頭」よりCoro de los repatriados(カバジェロ〜東隆幸編)
夜想曲(ファリャ〜東隆幸編)
カルメン・ファンタジー(ヴィゼー〜藤井敬吾編)

ワークショップは16:25〜です。コンサートだけでも2000円でご入場いただけます。朝からマスタークラスの受講もおすすめです!興味ある方は当日でもオッケーですので、ぜひ!


フランシスコ・クエンカ氏のマスタークラス&演奏会〜基本は「ゆっくり」!

2016年3月23日(水)はフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスでした。

午後3時からマスタークラス。

IMG_3630

















受講生各自に言っていたことは「とにかく音をしっかりと聴くこと」。ゆっくりと弾いてみることを勧めていました。そして、しっかりとした音量で弾くことを受講生全員に言っていました。

そういう意味で「基本に忠実」なレッスンでした。生徒さんに媚びることはありません。まずはこれを大切に・・・ということをはっきりというレッスンです。

さて、このように4名のレッスンが終わったあとは、同じ場所で、コンサートです。まずは僕が数曲演奏。実際は予定していなかったのですが、当日、パコのプログラムだけだと若干短いかな?・・・というのと、「スペイン人と日本人の演奏の違い」というのを感じてもらえたらお客さんも楽しいかな?・・・というのがありました。なので、10分ちょっと弾きました。

1924127_991222320948085_4335317052917400918_n










さて、その後、お待ちかねのフランシスコ・クエンカ氏のソロです。

アストゥリアスや、セビリヤ幻想曲、アランブラ宮殿の思い出などなど…切れのある素晴らしい音。
1918373_991222710948046_5495875950201780906_n










さて、コンサートの最後はクエンカ氏をソリストに、私の生徒有志でビバルディのコンチェルトをやろう!ということに。当日は20分ほどリハ。

本番は・・・素晴らしい出来でした!ほんとうに楽しい共演でした!
パコも「まるでいつもやっているメンバーのようだった!」と言ってくれました。

1465126_991222920948025_3160392754893417968_n










そして、そのあとちょっとだけ打ち上げ…のつもりが、終電近くまで。
パコと久しぶりにあれこれ話せてとっても楽しかったです。

IMG_3644
 









 

3/23 フランシスコ・クエンカ氏のマスタークラス詳細!

明日のフランシスコ・クエンカ氏のマスタークラスの詳細をお伝えします。
聴講生募集中です(聴講料:2000円)。

今まで何回もマスタークラスの通訳を担当しておりますが、スペイン音楽及びクラシックギターの音の鳴らし方という意味ではずば抜けた才能をクエンカ氏は持っています。

15:15〜.▲襯椒蕁璽澄淵織譽)、Cuiden su vida(ポンセ)

16:00〜入江のざわめき(アルベニス)

16:45〜マズルカ(タレガ)

17:30〜ぅバティーナ組曲より前奏曲(タンスマン)

19:30〜はコンサートです。
こちらもご予約まだまだ受け付けております。下記へメールをください。
tomikawaguitar@gmai.com

最終稿02 





千葉でのマスタークラスを終えて…自分の演奏に飽きないためのヒント

ちょっと遅いレポートになりましたが、2015年11月8日(日)に行われた「富川勝智ギターマスタークラス」について、まとめておきます。
IMG_3161







主催の千葉ソロギターサークルさんのブログにマスタークラスの様子が詳しくレポートされております。
「富川勝智マスタークラス」のブログ記事 

そのなかに、受講生でもあった上原さん(アマチュアのコンクールの数々に上位入賞を果たしているトップアマチュアギタリストのひとりです!)が以下のように書いてくれました。

私はこれまで色々な方のレッスンを受けていますが、今回の富川先生のレッスンは、これまでに経験した事のない視点からアドバイスをやヒントを得られ、いつにもましてとても有意義なものとなりました。 
目からウロコと言いますか、曲の表現や解釈に対する視界が一気に広がった感じがしました。説明も分かりやすく明快で、素晴らしい指導者だと思います。 
レッスンが進むにつれて、数年前からのレパートリーで、弾き古されて煮詰まった感のあった前奏強第4番が、まるで別の曲のように新しく生き生きと生まれ変わるような体験を味わいました。音楽の奥深さや多様性、表現の無限の可能性を垣間見たような感覚でした。 

このように書いてくれるのはとても嬉しいことです。最初に演奏を聴いたときに、「あ、この人もしかしたら自分の演奏に飽きちゃっているのかも?」と感じました。なので、音楽の表現を考える上での基本を教えました。

同じ曲を何回も弾いていると飽きてくることがあります。ここで秘伝を伝授しておきます。とても簡単です。

「変化」をつくることです。

…そんなこと知ってるよ!というかもしれませんが、実はこれをしっかりと理解している人はきわめて少ないです。

こちらのブログでも「音楽表現を考えるためのヒント」というテーマで記事投稿したことがあります。そのまとめです。まずはお読みください。
(めんどうくさい!という方は以下を読んでくださいね!)

変化を感じさせるためには、期待と裏切りを曲のなかにつくらねばなりません。

同じフレーズが二回続けば、三回目にも「同じものがくるのかな?」と聞き手は予想します。なので作曲家は三回目に「違うもの=変化」をもってくることが多いのです。

期待をもたせながら、裏切りを作る。これが音楽の「変化」を作るうえで一番大切なことです。裏切りばかりでは、ドキドキするばかりで、落ち着きません。なので期待と安定を作りながら、たまに裏切る…音楽表現はこれの繰り返しなのです。

千葉のマスタークラスでは、拍節感や様式感についても簡単にレッスンのなかで述べました。これもなかなかしっかりと説明できる人はいないようで、みなさん真剣に聞いてくれました。これがわかると演奏をしていくなかで、「あ、ここは少し拍節感を多めにだして弾いてみよう!」とか考えられるようになってきます。

実はこれが演奏の「自由度」をひきだします。

私の通常のレッスンでも表現伝授については以下のことを忘れないようにしています。
1:音楽表現のルールを教える
2:自分(教える側)の表現(結果)を押し付けない
3:初心者やアマチュアの方の場合は、こういう例もあるよ!という具合にお手本を示す

以上3点です。クラシックギターのレッスンにおいて、「ここはクレッシェンドね!」とか「ここはすこしたっぷり弾いてね!」というふうに結果を教えてしまう先生がほとんどかもしれません。だって、面倒ですからね・・・音楽表現のルールから教えるのって。それに、初心者の場合やアマチュアの方の場合は、「とりあえずこの曲を"らしく”したい!」という場合が多い。モチベーションを高めてもらうためにも、3の方針で表現を伝えることもあります。

とはいっても、最終的には1か2という方向でいきたいものです。生徒さんに「自由」を与えたい。自分で表現をみつけていくことをしてほしい。音楽表現のルールを知った上で、自分の「好み」に気づいてほしいのです。

いままでもたくさんコンクールの審査などをしてきましたが、「あ、この人、先生の言う通りになぞっているな…」という演奏に出会うときになります。そのまま模写してしまっているのですね。音楽に生命力がない。奏者の自発性がない。もちろん完成品としては「完璧な模写」ですから、否定できません。ちゃんと審査の点はつけます。

とはいっても、若い奏者の場合は、「この先、先生から離れてひとりで勉強していくときにどうするんだろう?」と他人事ながら不安になります。

今回の千葉でのマスタークラスは上記1と2を重視して、進めました。なので、簡単な音楽表現のレジュメも配布しました。

レジュメをみて、「あ、富川先生はこの部分のことを中心にレッスンしていたんだな!」と受講生の方、気づいてくれたかしら?…気づいてくれたなら嬉しいのだけど。

IMG_3175









(↑今回の受講生の方との記念撮影!)

いろいろなことを生徒さんから学ばせてもらった千葉でのマスタークラスでした。主催の「千葉ソロギターサークル」及び、代表の上原さん、ほんとうにお世話になりました!

さてさて…実はこのあとの「打ち上げ」も受講生+聴講生で大盛り上がり!…次回はこのような講座をやってほしいとか色々とアイデアももらいました!

IMG_3177









しっかりと勉強して、打ち上げでもがっちりと音楽談義!…打ち上げが楽しくないはずがない!



:::::::::::::::::::::
普段のレッスンでも、マスタークラスでも、西洋音楽表現のルールに則った教え方をしております。興味ある方はいつでもレッスンお問い合わせください。ワンレッスンなど受け付けております。また東京以外でのマスタークラス開催などのお問い合わせなどもお気軽に!下記メールまで。
tomikawaguitar@gmail.com
::::::::::::::::::::



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ