ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ルール

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

オバケたち+「初見」の方法

 ハロウィーン落雁

生徒さんからは本当にいろいろなものを貰います。今日頂いたのはこれです。ハロウィーンにちなんだものです。お菓子なのですが…

落雁(らくがん)です。和菓子屋さんのハロウィーン小品ということ。淡い色調が素敵で、可愛いです。レッスン室に飾ってます。(多数の目玉おやじとともに!)

さて、最近また初見に強くなる方法を質問してくる生徒さんが多いですね。

簡単にいうと、「量」です。とにかくがんがん楽譜を読んでいくことです。なんでもいいです。簡単に弾けるエチュードなどをとにかくかたっぱしから弾いていくことです。

「ストリング」の10月号にある連載記事、森元志乃さんの「ヴァイオリンぶらり旅」がとても参考になります。(※これは主にヴァイオリン、チェロなどの弦楽専門誌です。実は私の愛読書です。たまに買います)

以下、上記の記事から引用します。初見の「ルール」を挙げています。

間違えず止まらずに弾くことを目標とする
弾く前に譜を見る時間は取ってもよい(実はここがポイント!)
弾き始めたらインテンポ、絶対に止まらない
同じ曲を2回弾かない
毎日30分ノンストップで次々弾き続ける

よくまとまっています。ヴァイオリンでなくても応用できます。
あとはどのような教材でやっていくか?…ですが、クラシックギターであれば、全音のギターエチュードシリーズなどがお勧めかなあ、と思います。

ギタルラ社のシャイトギター曲集シリーズなどもいいかもしれません。

いろいろと思いつきます。とにかく、最初はやさしめのエチュード集などからやってみることをお勧めします。

そして、上記の森元さんも追記していますが、昔やったエチュード集や教本なども「初見ルール」でやってみることもお勧めです。

ジョン・ウィリアムスは若い頃、ソル20のエチュードを毎日1番から20番まで毎日通していたようです。結果『初見能力が身についた』といっています。膨大なレパートリーをもっているジョンのことですから、同時にありとあらゆる曲を譜読みしていたに違いありません。

その結果、驚異的な初見力が身についたということかもしれません。

余談かもしれませんが、教える立場の身になってから、私は初見力がアップしたように思います。考えてみると、昔自分が勉強したエチュードなどを生徒さんのレッスンを通じて、その場で「読んでいる」ことになります。お手本を示したり、その場で表現の可能性を探ったり…結局、上記の「初見ルール」に近いことを毎日レッスンの場でやっているわけですね。

初見ができるようになるととにかく楽しいです。思いつきで友達とデュオを楽しんだりできますから。

プロになりたい人であれば必須の能力でしょうね。選曲のときなど、「これはどうだろう?」って感じで楽譜を棚から引っ張り出してきて、せーの!でリハーサルなんてことはざらですから・・・。

ということで、ありとあらゆるレベルの方に初見の練習はお勧めです。

上記の「初見のルール」、守って1年間やってみてください。驚くほど楽譜を読むのが楽になります。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン覚書ミニ〜2009年1月26日〜27日

  1. 低音のリズムには休符をうまく活かしたものがあることを常に意識。そこだけ取り出して弾いてみると、一見単純なエチュードでも非常に生き生きとした表情が存在することがわかることが多い。
  2. 音楽表現には「ルール」がある。それを2つ以上組み合わせることも可能である。そして複数組み合わせることによって、自分の音楽表現に自信や確信が生まれる。具体的に表面に出る音よりも、その「確信」のほうが大切である場合も(楽曲によっては)ある。
  3. 武満徹の楽譜には明確なアゴーギグ指示が付されていることが多い。まずはそれを行なうこと。自分で表現を練りこむ、または付加する場合は「根拠」を明確に持つこと。それが「だってビートルズのアレンジだもの」ということでもOK…(極端な例ですが)。
  4. フレデリック・ハンドのDVDなどで公開されている右手の脱力…というより無駄な動きや緊張感をとりのぞく練習法は非常に有益である。ある程度惰性になってしまった右手の指のアクションを見直し、洗練させるためにある程度初心者を脱した生徒にはやらせるべき練習法である。
  5. 先日の「月イチ企画」の基礎奏法の見直し…効果絶大である。レッスン時、最初の音を聴いた瞬間に「あ!音の張りが良くなった!」と実感できるくらいに変わった生徒さんもいる。
  6. アメリアの遺言。左手押弦。フレットを抜ける際のニュアンス…リョベートを参考にすべし。セゴビアもよく使ったテクニック。音源をしっかりと聴きながら確認。どうやっているか?…知らない人が多いテクニックではある。ホセ・ルイス・ゴンサレス氏はこの点を熟知していた最後の巨匠かもしれない。
  7. Pのアングルを気をつけることによって、右手のフォームは安定する。逆にいえば、Pのアングルがきちんとしていないフォームは実際に楽曲演奏に活用できるフォームとはいえない。
  8. アグアド。序奏とロンド。序奏部分。トニックの部分で無意識のアクセントをさけるために、左手の運指を工夫すべき部分が多くある。前もって押さえる指を入れ替えるなど…いくつかアイデアはある。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ