ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ワークショップ

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

感覚の変化には時間がかかるよ

今日は午前中、日曜ワークショップでした。
今日は腕の構造や体幹との関係を具体的にレクチャー。右手の指の構造確認などなど。

IMG_2118













こじんまりとでしたが、それぞれ個別にアドバイスも与えやすくて、とっても良いワークショップができたと思います。コロナ禍明け(まだ明けてないのかもしれないけど)で新規の受講生がいるのもとっても新鮮!

日曜ワークショップの内容は割と毎回踏み込んだものになっています。脳みそでわかったことが、自分の身体の中で「合点がいく」までには時間がかかります。だから、毎回、全てわかったもらわなくても結構。

通常のレッスンであれば、そういうことをじっくりと時間をかけながら、長いスパンで観察し、少しずつ身体の感覚を高めながら、修正していくことができます。

身体の感覚というのは個人差が大きいのです。僕が数年間かかって気づいたことを、たった一言で「あ、こういうことかー!」とすんなりとカラダに取り込んでしまえる生徒さんをたくさん見てきましたからw

ワークショップは基本的に身体の正しい認識の「仕方」を教えるだけです。そこから、実際に弾いてもらって、受講生に判断してもらうしかないのです。もしくは、おうちに持ち帰ってもらって、復習してもらうことによって「分かる」ことなのかもしれませんね。

それでも、本日の参加者の方は、本当に素直で身体の微妙な変化にレスポンスしてくれていた様子。小さな変化がより良い未来を作りますよー。



帰りに並木橋方面から渋谷を眺めたら、「ああ、変化したなー」と。結構、激変ゾーンなんですよね。
IMG_2121
















あ、そうそう、noteの方、たまーに更新してます。

コロナ禍のあれこれについて。ちょっとメモ的に残したもの。



ものを作るってことについて書いたもの。




音楽って、こうやって書いていても思うのだけど、身体的な行為ですよねー。当たり前なんだけど。


いろいろと戻していく〜ワークショップやアンサンブルや演奏や

コロナの状況が全く不明です。なんだか東京だけは毎日感染者数は増えているようですが、周辺で人がバタバタと倒れているというようには見えないし…

ということで、ぼちぼち通常営業かなーというモードに入っております。

日曜日は「日曜ワークショップ」を久々に復活。受講生来るのかなー?と思っていたら、きてくれました!

嬉しいもんです…あと何件か問い合わせはあったのですが、ほとんどが「オンラインでの配信はないんですか?」というもの。そうかー、みんな配信慣れしちゃったのかなあー。そのうち考えますね。

IMG_2022

















コロナ自粛期間中に、生徒さん向けのオンライン教材作ったり、ちょっとしたオンライン講義的なものもやったけれど、やっぱりリアルで教えるって痒いところに手が届くって感じです。

手を届かせることができるんですよねー。あ、そこはそういう感じになっちゃうんだーとか。

で、終わった後は会場施設内にある、喫茶店でランチ。お店のおじさんおばさんと「あら、お久しぶりね」的な雑談を。

名物、ペペロンチーノを。

IMG_2023

















来月のワークショップは11/8です。

すでに概要をブログに書きました。



午後はアンサンブルの指導を。やっぱり、これも「生」はいいもんですなあー。

こんな感じで、「戻していく」しかないんでしょうね。でも、なかなか元に戻らないもの…それが演奏会やライブでの集客です。すでに8月くらいからぼちぼち演奏予定は入っているのですが、なかなか。。。

これはちょっとした風評被害だと思っております。国が保障してもらいたいですなあw

でも、かんばりますわー。

ということで、水曜日、ライブあります。

20201021アコレデフライヤ












もういっちょ。10/25からこんなシリーズを始めます。

119851476_692225878169439_1359360538617854497_n
























それぞれのライブについては、また次のブログででもかるーくご紹介します。

お時間ある方、ホントーに来てください!!!












 

春ですなー!爪を磨きましょう!〜4/7日曜ワークショップのご案内

春ですねー!

fullsizeoutput_d89























先日演奏にいった先の桜です。春だなあと。色々とこれから新規でスタートですね!

さてさて・・・

4/7の日曜日に以下のワークショップを行います。
右手のタッチと爪の削り方講座。

(詳細はこちらの「日曜ワークショップ」ブログで確認を)

爪の削り方や形などで悩んでいる方は多いはずです。とは言っても爪の形が先にあるわけではありません。まずは正しいタッチから。その段階から考えていかないと、意味がないのです。タッチとはどういうことなのか?ということがわかると「爪の形」がわかってきます。

レッスンの現場では可能であれば爪なし(指頭)でタッチをマスターすることからスタート。そこでタッチの確認をして、そこから「ガードレール」としての爪を形成していく・・・という段階を踏むことが多いのです。つまり指頭奏法と爪奏法は地続きです。これは実は巨匠セゴビアのタッチの秘訣でもあったのです。

その辺りを初心者の方にもわかりやすく説明していければと思っています。

春です。学生のかた、また新しくクラシックギターをちゃんと学び直してみたいなあーという方…ワークショップで「正しい爪の形を作って」ギターライフをスタートしましょう。

まずは爪を磨いて、スタートです。

詳細はこちらから確認ください。


スペインギターフェスタ冬の祭典終了…関東組で!

スペインギターフェスタ冬の祭典、終了いたしました。
朝からガッチリとマスタークラス、ワークショップ、演奏会と講師たちはしっかりと働きました。

受講生の方も非常にレベルが高く、実に実りの多い1日になりました。
IMG_5614


















マスタークラスは坪川真理子、東隆幸、富川勝智の3名で。受講生それぞれが2名の講師に30分ずつレッスンを受けられるというもの。

nQTstpcdQbuWLgEbggvd+A






























IMG_5608














IMG_5616


















僕個人としては、ながーい付き合いながら、坪川さんや東くんのレッスンをしている姿を知らないのです。なので、すごーい勉強になりましたー。

ワークショップは「レガート」について。左手の運指面について中心に講義&実践。

IMG_5615

















受講生みなさん、ホントーに真剣に実践してくれて、嬉しいもんです。みなさん、かなりの経験者なので、閃くものがそれぞれにあったようです。

基本的な運指法の意味を探っている内容にもなっておりましたが、なかなかこの講座は良いものだなあと。自画自賛。

そのあとは講師コンサート。
前半はガッチリと東くんのソロ!

V+km4fqiQ1iFkmmbhz4Zuw

 















東くんの芯のあるギターの音がダイレクトに楽しめる至近距離での演奏。お客さんも聞き入っておりました。

後半はトリオで!

IMG_5619

















東くんによる新アレンジも2曲!
という感じでのスペインギターフェスタの「関東組」3名によるイベントでした。定期的にイベントを行なっているスペインギターフェスタですが、関東組だけのイベントも年に一回くらいやれたら面白いし刺激的だなあと感じました。うん、勉強になる!

次は三月のスペインギターフェスタ全員集合による杉並公会堂での演奏会です!チケット好評発売中です!

お得なペアチケットもございます。お早めに!

2019.スペインフェスタ完成版



































「音をつなぐワークショップ」やります!〜1/27スペインギターフェスタ冬の祭典

ここ数日「レガート」について考えています。クラシックギターは撥弦楽器です。音をスムーズにつなぐのが難しい。

逆に言えばぶちぶちと切って弾くのは割と簡単です。なので、クラシックギターでメロディーや声部を滑らかに「人間が歌うように」弾くのはとても難しいのです。

明日はそのことについてシンプルにワークショップを行います。こんなテキストを作りました。
LkZ4FOLjQv6tmzGNUYtxPQ























レガートとジャストレガート。区別してみました。この辺りをしっかりと理解していないとクラシックギターでの「レガート」はなかなか理解できないと思います。その辺りを受講生の方とじっくりと勉強していければと思っております。

「スペインギターフェスタ冬の祭典」というマスタークラス、ワークショップ、演奏会の複合イベントの一つとしてやります。
IMG_5577
































以下のようなタイムスケジュールで行います。

1月27日(日)スペインギターフェスタ2019 冬の祭典 @スタジオ リンデ

11:20 Aルーム(大)開場               
11:30 レッスン…收遏<R.S.デ・ラ・マーサ/ロンデーニャ>
12:05  富川:<シューベルト〜メルツ/セレナーデ>
12:40   (昼休憩)

13:00 Bルーム(小)開場
13:10AE譟<タレガ/アルハンブラの思い出> 
 Bつ收遏<テデスコ/「プラテロと私」より汽廛薀謄>
13:45Aヅ譟<タレガ/プレリュードNo.1> 
Bι拈遏<E.S.デ・ラ・マーサ/「プラテーロと私」より好僖札>
14:20A坪川:<トローバ/シグエンサ>
B富川:<タレガ/アデリータ >

15:00   休憩&練習 

(Aルーム) 
15:30 発表会  講師:東、坪川、富川
 タレガ/プレリュードNo.5、マリエッタ
 バリオス/森に夢みる
 バッハ/「プレリュード・フーガ・アレグロBWV998」より プレリュード、アレグロ
 E.S.デ・ラ・マーサ/エボカシオン・クリオージャ
(講師からのコメント贈呈&質疑応答)

16:25 ワークショップ(45分)富川
<左指の運指法〜どのようにレガートに旋律を弾いていくか>       
17:10 質疑応答
17:30 終了

18:30 コンサート

<予定プログラム>

(前半)東ソロ〜 タレガ曲集〜
5つの前奏曲
アルハンブラの思い出
4つのマズルカ
アラビア風奇想曲
ワルツ 「2人の姉妹」

(後半)トリオ
ネズミたちのホタ(チュエカ〜SGF編)
サルスエラ「巨人と大頭」よりCoro de los repatriados(カバジェロ〜東隆幸編)
夜想曲(ファリャ〜東隆幸編)
カルメン・ファンタジー(ヴィゼー〜藤井敬吾編)

ワークショップは16:25〜です。コンサートだけでも2000円でご入場いただけます。朝からマスタークラスの受講もおすすめです!興味ある方は当日でもオッケーですので、ぜひ!


レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ