ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

世阿弥

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

基礎は緩やかにして変幻自在なものですよ〜

よくギターを始めたばかりの生徒さんに「自分も基礎練習をしたほうがいいのでしょうか?」という質問を受けます。

いつも生徒さんには「基礎の大切さは、ある程度いろいろな曲をやらないとわからないですよ〜」と言っています。レッスンの最初のほうでやるもの=基礎ではないのです。

おそらく、前述の質問をしてくる生徒さんは「基礎=元になるもの」と考えているのでしょう。

基礎っていうのは…例えば建築物の土台になるものがイメージできますね。地面を掘って、地盤を安定させて、そこに建物を作っていく…というイメージが多くの人の中にあるのでしょうね。
「基礎」という語感の中に、まさにそのイメージがあります。私は基礎というよりは「かた(型)」と言ったほうが定義としてはいいのかなあ?…とは思います。とはいっても、ちょっと世阿弥っぽくて堅苦しいですし、抽象的。一般のかたにはなかなか理解しずらいでしょう。

なので、しょうがないので「基礎」と言ってしまうしかない。でも、私が伝えたい内容はちょっとみなさんが考えているニュアンスとは違うのです。


基礎練習についてのこちらのブログに以下のように書きました。

毎日基礎練習をやっていると、その時々の音楽的欲求に応じて、基礎練習に意義を感じてくるものなのです。 

シンプルな基礎練習(型)の中に、初心者〜上級者まで音楽演奏のための要素を見出してほしいなと思います。それは各自が「やりたい音楽」がないとなかなか見つかりません。だから、「音楽的欲求」に応じて、基礎は変幻自在に意味を変えてきます。

ギターの奏法にはいろいろなコツがあります。「こういうことを守れば、こういうことができる」という奏者の意思があれば、実は基礎練習なんてまったく必要ないのです。

では、基礎練習はなんで必要なのか?

それは噺家さんのネタのようなものです。ネタの語源は「種(タネ)」と聞いた事があります。ネタをどのように膨らませていくか?…どのように深みをもたせていくかは噺家さん次第。

でも、ネタがないとなかなか面白い芸、奥深い話芸はできないのですよね。だから、ギタリストにとって基礎練習は、ネタみたいなものなのです。美しい音楽をやるためにどのようなことを守ればいいのか?…それを毎日認識するためのリマインダーであるという面もありますが、そのときの奏者のレベルに応じて、変幻自在に変化するものでもあります。

基礎練習についてはシンプルに7つの項目に分けて、夏の講習会やワークショップでも紹介しましたが(こちらの記事参照)、これは私が長年の演奏活動や教授活動から、これが練習のネタ(=種)だなあと思ったものをまとめたものになっています。

技術上弾けないもののヒントはこの「7つの基礎練習」に全て含まれています。そして、音楽表現面での要求が高まっていけば、各自がオリジナルの基礎練習に膨らませていく余地があるシンプルな練習となっているのです。

最近はワンレッスンなどで、この基礎練習から学んだものをベースに、いかに技術上の課題を克服していくかというテーマでレッスンを行うことが多いのです。そして、技術上の問題がクリアされれば、それをいかに音楽表現に結びつけていくか?ということに視点が移行します。

その際も基礎練習は「余地」のあるものでなければなりません。私のワンレッスンを受けた人にはもちろんそれがわかるのでしょうし、通常の方のレッスンでも常に「基礎」の大切さを強調しています。

「基礎練習=何か決まったことをやる」と考えたり、基礎練習=反復練習と考えると、大きく間違うことになります。基礎というものは「かた(型)」であって、それは初心者〜上級者まで全ての人にとって意味のあるものでなければなりません。

基礎練習=変幻自在なもの…と考える事で、練習の質もよくなります。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





 

レッスン覚書〜ギターのフォームについて

最近、レッスン覚書を書いていませんでした。

ひさびさに書きます。

 

ギターの構え方、つまりフォームについて。

最近、これほどシンプルで、基本的なことについて、いろいろと考えています。きっかけは世阿弥の「風姿花伝」を再読してしまったことです。なんだか分からないかもしれませんが、最後まで読むとわかるかもしれません。(自分のなかではわかっていますよ。一応ね)

 

結論→ただひとつの『誰にでもあてはまる』フォームはありません。正しいからだの仕組み、動かし方を知った上で少しずつ修正し、最終的には自分で発見していくものです。

昨年6月ヤマハより「極楽クラシックギター」というものがでました。その中で、私がクラシックギター基礎講座を担当しました。

もちろん、その中で最初のほうで「ギターの構え方」を説明しなければなりません。実際、かなり悩みました。ほんの半ページほどのスペースでいったい何を説明できるのだろう?・・・と。

ということで、簡潔に「いすに楽に座る」ということを基本に、できるだけそれを崩さず構えましょう!!という点を中心にギターを構えるプロセスを提示しました。

 

で、最近、入会した生徒さんから「あの本の説明よりもレッスンのほうが詳しいですね」といわれました。

当たり前といえば、当たり前の話なのですが、「ああ、やっぱり文字&写真でフォームを説明するのは限界があるなあ」と思ったわけです。

 

実際に生徒さんにギターのフォームを教えていくときは、その生徒さんの「体癖」をチェックするところから始めます。

ある程度独学などでギターを弾いていると、右手ががちがちになっていたり、左肩が妙にあがっていたりするわけですね。

簡単な音階を弾いてもらったりして、チェックするわけです。

そして、体の動かし方の認識に誤りがあると思われる部分から修正を加えていく。

本を読むとき楽な姿勢は?とか、楽にカバンを持とうとしたとき指の状態はどうなっているの?・・・とか質問しながら、できるだけ自然な体の動作を認識してもらうところかたスタートするわけです。

そのチェックポイントは各人、まるで違います。そして、一回のレッスンではなかなか全てを見抜くことはできません。

 

そして、さらに重要なのが、生徒さんのレベルによって、さらにフォームを再確認していかなければならないことです。

ローポジションだけを楽に弾けるフォームが「正しいフォーム」というわけではありません。

またハイポジションだけを楽に弾けるフォームでも駄目です。

どのようなギターレパートリーでも楽に弾けるようにフォームを作っていかなければならないということです。

つまりギターを始めて3ヶ月の生徒さんがあまり「正しいギターフォーム」にこだわるのは間違いということです。

まずは、キンポウゲワルツを楽に弾けるフォームを確認し、それから禁じられた遊びでセーハがバランスよくきまるフォームをチェックする・・・。ポンセのソナタの複雑な和音の押さえもちゃんと楽にできるフォームを研究・・・。

・・・というふうに各段階でフォームは再確認&修正していくことが大切です。

 

そして、その基本的な考えは『体の自然な動きに則ってギターを弾けるフォームであること』です。

 

この単純にしてシンプルな考え方が理解されていないことが多いのが、最近悲しいですね。

これはいつの時代にも一緒のことなのかもしれません。

セゴビアにしたって、イエペスにしたって、カルレバーロにしたって、巨匠と呼ばれる人はみな同じことを考えてフォームを築いていったのだと私は信じています。

 

ここで、話は風姿花伝にもどります。

結局、この「能」の秘伝書に書かれていることは「え?そんなこと、わざわざ言わなくても」というような「当たり前」のことが多いのです。

これを秘伝にしなければならなかった理由がおそらくあったのだと思います。世人の曲解、誤解を怖れた世阿弥は、やはりこの「当たり前」のことを秘伝にしなければならなかったのでしょう。

この「当たり前」のことを本当に理解するためには、能のすべてを修めなければならないのだと思います。

 

おそらく、クラシックギターにおいても、ほんとうに正しいフォームを見つけるためには、かなりの時間を要するのでしょう。おそらく、それを言葉に表せば、シンプルな論理のものになると思います。

そして、そのシンプルな論理を誤解する人は、本当に理解している人の数千倍もいる・・・これが浮世というものですね。

 

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ