ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

右手親指

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

Pのタッチとターレガ

最近、ターレガの作品を研究中。主に小品です。

マリエッタとか前奏曲集とか。小品とはいえないかもしれませんが、「アラビア風奇想曲」とかも、最近ちゃんと見直しをしています。

何を見直しいるかというと、主にP(右手親指)のタッチです。

最近ちょっと変化させたので、それを微調整しているのです。だいぶ慣れてきましたが。楽器全体が鳴るように・・・奥のほうから鳴るように・・・微調整しているのです。

おそらく、原点回帰なのかもしれません。

ターレガらしい感じ、を求めた結果なのですね。

ここ1年くらい、Pのタッチが全ての指のバランスを決める・・・というふうに右手全体のバランスにおいてはいろいろと試してきました。生徒とのレッスンにおいても、Pのアポヤンドの重要性や、フィゲタでのPのアポヤンドの活用、エトセトラ・・・を指導はしていました。

そして、先日のフルートとのコンサートでピアソラを弾いているときに気づいてしまったのです。

Pのタッチの「重さ」を今まで生かしていなかった、と。

 

何を今更・・・なのですが、このあたりは「自分が気づく」というのが一番重要。インパクトがあるのです。「え?ギターってこんな音がでるの?」と久々に思いました。

ということで、最近はPのタッチ修正ばかりを意識してやっています。

 

そんなことをしていると、明日は国分寺クラスタでのライブです。Pのタッチの現時点での成果を披露できればと考えていますが・・・。

とりあえず、みなさま是非おいでください。

クラスタホームページから予約できます。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

P(右手親指)のフォーム

なんだか最近、抽象的なことばかり書いていますので、たまには具体的に役立つことを書きます。

最近、生徒に右手親指のフォームを注意することが多いです。

右手の親指(p)のフォームについていくつかポイントを整理しておきます。

要点は以下。みなさま、チェックしてみてくださいね。

.好燹璽困膨祺擦両嘆擦できるか?(直接消音&間接消音)

肉と爪のタッチ、両方できるか?(この2つのタッチをスムーズに切り替えられるか?)

pだけ独立して動いているか?

ぃ陲離織奪舛琉銘屬六悗力董兵蠅粒安Α砲里曚Δ砲覆辰討い襪?

上記、4点を常にチェックすることで、pのタッチは劇的に変化します。逆に言うと、生徒さんのなかにはこれらの点が意識されていないために、pが不安定→右手フォームが不安定→さらにpのタッチが不安定・・・という悪循環に陥っている例が多いのです。

(もうちょっと細かい解説)

、直接消音(Pで弾いた弦に軽く触れて消音)は問題のある人はほとんどいません。弾いた弦に指をもどすだけですから。難しいのは間接消音(pの“背中”で音を消す)です。この直接消音と間接消音を『できるだけ』同じPのフォームで行うことが大切です。手首をぐいっとひねらないと間接消音ができないというのでは、アルペジオ部分などでimaが不安定になるでしょう。

□Pのトーンバリエーションは大別すると、爪と肉のタッチになるのでしょう。最低限この2種を使い分けなくてはいけません。おおまかにいうと爪はすっきりとした音で、肉はちょっとファットなサウンドというところでしょうか?。肉と爪の中間トーンというのもあるのですが、とりあえず、2種でいいと個人的には思います。この2種類をpと弦とのアングルをほとんど変化させずに使い分けられることが、大切です。爪をかけるために、ぐいっと手首を突き出したりしないことにも注意してください。実質上、爪タッチのために必要な爪の長さは1ミリもないくらいで充分であると思います。

→Pはできるだけ自然に動くように心がけましょう。初心者にはそれが大事です。親指の全ての関節がスムーズに動くような感覚です。最初、音色が安定しないかもしれませんが、親指を突っ張ったり、ひねったりしないように心がけることが大切。昔は「親指は付け根から動かすもの」と教えられたものですが、このアクションは他の指のアクションを阻害する傾向があります。pが独立して動き、かつ他の指の動きに干渉しないようなバランスを見つけることが大切です。

あこれは△箸盍慙△あります。初心者の人は、ついついpの爪を伸ばすと、てっぺんのほうを使って弦をはじこうと思ってしまいますが、これは間違い。実は脇のほうの爪しか使用しなくてもいいのです。弦に対してのPのアングルは、他の指とはまったく別です。

 

・・・Pのアングルは結構中級者、上級者でも迷うものです。上記、文章だけではわかりにくいかもしれませんが、みなさま是非チェックしてみてくださいね。

 

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

カルッリ再考〜右手運指(P指の機能)

最近、カルッリの運指について、あるギタリストの人とお話をした。

カルッリの教則本に古典を弾くうえでの右手運指のヒントを得ることができるというテーマでした。

昨年末から今年にかけて、私のテーマはPの安定とその他の指のバランス・・・というものでした。これは生徒さんとのレッスンでもいろいろと言ってきました。

生徒さんによっては、かなりフィゲタ的奏法(pとiの交互弾弦)の練習を与えています。この練習を応用していき、p&m、p&aというふうに、腕の軸を親指側にとるか?、もしくは小指側にとるか?ということを考えながらレッスンしてきました。

現時点の結論としては、腕の自然な動きを考えれば、小指側を軸にしたほうが楽に弾けるのかもしれません。しかし、それだけではPの豊かな響きは得られません。同じようにP側の軸も安定させるのが理想です。つまり、両軸のバランスをとるように、指導しています。

 

さて、カルッリの教則本の最初のほうは、とにかく4弦、5弦、6弦は徹底的にp(右手親指)の運指がふってあります。アルペジオだろうが、スケールだろうが、低音担当=P・・・なのです。

ここでいうカルッリの教則本は当時出版されていたものです。つまりファクシミリ版ということですね。

全音版「カルリ45のエチュード」にも、もちろんその名残はありますが、注意深く見ないと、この点に気づかないかもしれません。

例えば、1番。1弦〜3弦はim交互、低音は全てP担当。

2番は音階ですが、これも同様の運指です。おそらく、これは現代の教本であれば、全てim交互の運指をふってしまう類のものです。

カルッリの原典の教則本では、この右手のポリシーが徹底されているのです。

類推ですが、カルッリの言いたいことは、Pの安定=その他の指の安定、という図式なのでしょう。

逆にPをしっかりと弾きたい場合は、imaを安定させる・・・弦上に置いておく(プランティングですね)という方法もありということなのでしょう。

 

ソルの教本、アグアドの教本、またはジュリアーニの教本・・・そのいずれにも右手の安定のためのPの練習は欠かせないらしく、導入部分に書いておかれていることが多いのです。

それを打ち破ったのが、ある意味で「スペイン奏法」、つまりターレガ派と呼ばれる奏法なのかもしれません。im交互で全ての弦を等しく弾く・・・ということを導入段階でやるのは、実はとても難しいことなのです。

このあたりも一概にはいえないのかもしれませんが、市販の多くの教本が、im交互運動に主軸を置きすぎているといわざるを得ません。

 

長々書きましたが、この点はまだまだ研究段階ですね。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ