ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

吉松隆

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

プロギタリストになるための方法なんかありません!

「どうやったらプロでやっていけるんでしょうか?」という質問を最近受けました。

現在、私はプロでやっています。音楽だけで生活しています。なんとかお金も稼いでいます。フリーでやっていますから、それなりの人間関係のきつさは正直ありますし、事務作業や自分なりの営業活動(←基本的に苦手なので貰い仕事ばっかりですが 苦笑)を続けなければなりません。

教える現場、演奏する現場…これら二つがメインとはなります。もうひとつあるとすれば「研究活動」ですかね。そのいずれの現場でも、いざそのモードにはいってしまえば、無我夢中でやっているのは事実です。苦しいと思ったことはないですね。

教える場合でも無我夢中でやっています。
演奏する現場でも、音楽を楽しんでいます。
研究するときも、資料を読むのに没頭、楽譜を漁るのに没頭…

そのいずれも楽しくてしょうがない!…これが本音。なので、プロギタリストになるための方法はない…と言えます。敢えて言えば「現場を楽しむこと!」が一番大切かなあ?…プロ志望の方にはそう答えるしかなさそうです。

つまり、プロギタリストになるための方法は…ありません!

そんなことを考えながら、吉松隆さんのブログの記事を再読しました。

音楽家(作曲家)になるには・なれれば・なれたら 

是非、みなさんも読んでみてくださいね(とても面白い文章ですし、音楽家の現実をいたいくらい正確に描写しています!)。結論から言えば「好きで好きでしょうがないから音楽をやっています」というものです。プロになるための絶対法則なんか音楽にはないですよ…ということですね。

自分のことを考えてもそうだと思います。一体どこから音楽で食って行けるようになったのだろう?…どうやってお金を稼げるようになったのだろうか?…と。

40歳を越えた今、こうは言えるかなと。
「音楽やギターという素晴らしさをたくさんの人に知ってもらいたい」という想いでずっと続けて来たのだ…演奏にしても教授活動にしても、それが僕をずっと支えてきました。結局は自分が「これは好きだ!」「これは凄いぞ!」という熱い想い(この無駄なくらいな熱さを私は持っていると思います)が前提としてあります。そして、それをどうしても沢山の人に伝えたい!…というのがあるわけです。

金銭はあとからついてきたものかなあ、と。

音楽だけで生活していくということは、普通の感覚では「無理」と考えてしまうのが普通です。プロになりたい!…と思っただけで、普通の親だったら反対すると思います。学校の先生もそういうでしょうね。音大や音楽関係の学校にいるならば、ちょっと違うかもしれませんが、毎年たくさんの音大生が卒業していきますが、そのなかでプロで活動してきちんと生活していっているのはごく一部です。

学校や一般的な社会では「音楽っていいですね!」という価値観があるとは思いますが、現実は違います。ある意味、浮き世の価値観を忘れて、音楽という魔法にどっぷりと浸かっているくらいの人(取り憑かれている人?)じゃないと続きません。

周辺にいるプロの音楽家の方にはやはりそういうタイプの人が多い。24時間音楽のことを考えています!…という人です。

上記の吉松さんのブログを読んでみると以下のことが書いてあります。
「休みなく作曲してます」と「一万時間には疑問」。

どのような分野においても、ブレイクスルーするには「一万時間」の勉強が必要であるということですが、吉松さんはそれは正しくないんじゃないかなあ?…と言っている。おそらく、「プロになるには1万時間やればいいんだ!」と思っても、無理だよ…と言いたいのでしょう。プロになるひとは結果として1万時間やっているということを言いたいんだと思います。

音楽でプロになる人(他のジャンルでもそうでしょうが)は、食えても食えなくても音楽をやっています。飯食うのも忘れるほど音楽に没頭しています。その結果、プロとしてお金がついてくるものなのです。逆に言えばそういう「想い」や「勢い」や「没頭」がなければ、1万時間やってもプロになる保証はありません。

プロになるためにはいろいろな知識や経験が必要です。とはいっても、それは紙にリストアップできるようなタイプなものではないのです。

「クラシックギターのプロギタリストになるためには何をどのくらい勉強すればよいのですか?」と訊かれれば、教師として(師匠として)本音を言わせてもらうならば、こう答えるしかないでしょうね。

「クラシックギターと音楽の全て!」

…そう答えたら真面目なお弟子さんなら、「じゃあ、まずはルネッサンスから始めて…古典もやって…近現代だとポンセかな?あ、その前にタレガの主要な作品をやって」とか考えてしまうでしょうね。勉強する項目をリストアップしていきたくなります。

リストアップした暁には…その膨大な量に圧倒される。無理だ…自分には…と普通は思うものです(実際自分もそういう時期ありました)。

プロではやっていけないだろうなあ…と思ってしまえば、ギターや音楽には没頭できなくなります。なので、この思考プロセスはお勧めできません。

そういう方法ももちろんあっていいでしょうが、最終的にプロになる人はこのようなプロセスは辿らないような気がします。

考えなくても、好きになった曲を弾いて、好きになった作曲家のことを研究しています。とにかく弾いているでしょうし、自分が身につけたスキルや知識を自慢げに他者に伝えたいという欲求を持ちます。

…そんなものです。プロになれる人って。考える前に「飛べ」。そういう人がプロになっていくような気がします。

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



重奏の会(第32回発表会)のお知らせ

不定期ですが、生徒さんたちのアンサンブルを中心とした「重奏の会」を行っています。ギターには独奏の他に、二重奏、三重奏、合奏…といった面白さがあります。ギター独奏の発表会でも「ギター仲間」はできますが、重奏は練習を通じて、いろいろなコミュニケーションが生まれます。音楽仲間が作れるわけです。

毎回サブテーマを設定します。ある作曲家のデュオ作品だけを特集したり…今回は吉松隆さんの「優しき玩具」デュオ全曲&佐藤弘和さんのデュオ&トリオコーナーを設けました。また先日アンドレス・セゴビア国際ギターコンクールにて優勝した「リオリコギターアンサンブル」でも佐藤弘和さんの曲を演奏します。

入場無料ですので、お時間のある方は是非聴きにきてください!

以下詳細です。 

重奏の会(第32回富川ギター教室発表会)

2014年2月16日(日)

会場:アトリエムジカ(東京・代々木)

住所:東京都渋谷区代々木1−58−11

(電話 03-5350-2250)

1時30分開場 2時開演
入場:無料 


ゲスト:壇遼、池田慎司


予定プログラム(順不定)

★生徒同士のアンサンブル

→曲目自由

★富川勝智とデュオコーナー

→課題曲「優しき玩具」(吉松隆)

★壇遼さんとデュオもしくはトリオ

→課題曲「4つのやさしいデュオ」「4つのリズミックなトリオ」(佐藤弘和)
★リオリコギターアンサンブル 
…そのほか、池田&富川デュオ、19世紀ギターデュオなど盛りだくさん!



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




吉松隆「4つの小さな夢の歌」…ハーモニカとギター

ある生徒さんに昨日、「吉松隆さんのハーモニカとギターの曲の楽譜を探しているんですけど…」と訊かれた。

「え?誰かハーモニカの人と演奏でもするの?」というと、「いやあ、父がハーモニカを何故かスタートして、僕と弾いてみたいっていうんですよね」…そのお父さんが弾いてみたい!と思った理由がCDで聴いたからだそうです。

「誰がギターを弾いてるの?」と訊いたら、「福田進一さんです」という答え。吉松作品+ハーモニカ=その伴奏は芳志戸さん…という図式だったので、「その曲は“忘れっぽい天使”じゃないの?」と言ったら、いやあ違うんですよ…との答え。

で、いろいろ事情聴取したら「4つの小さな夢の歌」であることが判明。

うーん、どこかで楽譜を見たぞ!!…楽譜棚には吉松さんのものが何故か見つからない…(昔ちょこちょこ買っていたのになあ…これが楽譜棚の七不思議)。誰かに貸したまま戻っていない?…もしくはそもそも買っていないのか?…はたまた、どっかダンボールの奥にでもしまいこんでしまったのか…。

ということで、もう面倒くさいので、今日現代ギター社で吉松隆ギター作品集を大人買い…でも第1集「優しき玩具」は売り切れだそうで。

この第3集「アラウンド・ザ・ラウンド・グラウンド」に「4つの小さな夢の歌」が収録されています。今日レッスンの合間に弾いてみたら、“いい曲!”でした。弾きやすく耳なじみする旋律…中級者程度の人には良いレパートリーになるでしょうね。

で、この独奏バージョンがそのままハーモニカの伴奏譜となる…という解説がよくみるとついています。この部分はハーモニカとギターで…とか、この部分はギターソロで…という具合ですね。基本的にはギター独奏用譜面ということになりますね。ある程度自由に編曲してハーモニカ&ギターで楽しんでくださいね〜という感じなのでしょうね。

普通に他の旋律楽器と演奏しても、よさそうな曲なので、いずれ誰かとやってみよう!

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ