ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

基礎テクニック

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

マリア・エステル・グスマン公開レッスンレポート

今週日曜、2009年10月25日に行われたマリア・エステル・グスマン女史の公開レッスンのレポートです。

(長文になる…予定です。心してお読みください)

主催は富川ギター教室と井桁ギター教室の共催という形でした。会場は井桁ギター教室のサロンにて。

20名も入れば、きつきつです。狭いですが、名手の音、動きなど詳細に見ることができます。聴講生するにはとても良い環境です。

富川、井桁、マリア・エステル

ということで、主催者2名(富川&井桁典子先生)+マリア・エステル・グスマンです。当日の進行は井桁先生が担当。通訳は私です。

公開レッスンは、小学生1名、中学生1名、成人2名が受講いたしました。

簡潔に言うと、『基礎に忠実なレッスン』でした。彼女は「正統的なギターテクニックの継承者」であるという確信を得ました。そして、基礎テクニックの重要さに対して、実に「真剣」です。

受講生の曖昧なテクニックに対しては、それを見逃さない鋭さがあります。身体のバランスにおいても、その観察眼は鋭いです。受講生が漠然と抱えているフォームの不安定感を見事に言い当てていました。

マリア・エステルと富川1

(↑楽譜について『ここがね〜…』って述べています)

各自30分ずつのレッスンでしたので、各自の問題点をずばりと指摘していました。そのほとんどがテクニックの不足(また認識不足)によるものでした。もしかしたら、それは聴講生にとっては「そんなこと知っているよ!」というものだったかもしれません。でも受講生にとっては「ぐさり!」と曖昧にしていた各自の弱点を指摘されるものであったことは確かです。

そして、そのテクニック上の指摘は「音楽上の目的を達成するため」に生徒に与えたものです。そして彼女の音楽表現に対する要求は(実は)非常に高いものです(※もしかしたら、このことは通訳をしている私が一番理解しているのかもしれません)。この音楽上の要求は言葉としては実に簡潔に説明するタイプの人なのです(一応、しっかり訳しましたよ!)。

聴講した方の中には、基礎テクニックばっかりで、音楽についてまったく語っていないのではないか?…と思った方もいたかもしれませんが、それは違います。上記で述べたように、「〜のために」という部分は受講生本人達にとっては「確かにそうだよなあ…」という感じで、「気づき」を促す簡潔な言葉で指摘しています。

さて、彼女の音楽上の要求の高さを理解するためには、ダイナミクスのコントロールに関してお手本として示した「半音階を用いた練習法」を例に挙げれば、充分であると思います。受講した方、聴講した方…みなさん、是非ギターを手にとって、「どんなだったかなあ?」とやってみてください。…はっきりいうと、とっても難しいです。半音階で、6弦開放弦から1弦12フレットまでクレッシェンドをかけ続ける…という練習なのですが、それをコントロールし続ける集中力(タッチに気をつけて!)は尋常ではありません。

その練習を例示したあと、受講生及び聴講生に「これを全部の指のパターンでやってね!…そして、amiの三本指のパターンも忘れないで!」と釘を刺します。

これは基礎練習のための基礎練習ではありません。「美しい音楽を作るための」基礎練習のアイデアなのです。そこで養われたコントロール力や集中力を音楽のフレージングに応用していくことが目標なのです。

それぞれの基礎テクニックが有機的につながっていけば、豊かな音楽が生まれてくるのは言うまでもありません。

そのことは彼女の演奏が語っています。彼女の声部などのコントロール力、音色のニュアンスの弾き分け方、楽曲全体の構築感は非常に繊細です。これは「やわな音楽」ということではありません。その繊細なコントロールが大きな音楽を作っていくのです。

その点を聴き取る能力がない人は、彼女の演奏を「単調」というかもしれません。しかし、本当に音楽の分かる人は、絶対に彼女の演奏表現に「想像を絶する凄さ」を見ることができるはずです。

マリア・エステルお手本実演

(↑お手本中!)


さて、話は思い出話。

1997年に留学中の私はグラナダで行なわれたマリア・エステル・グスマンの講習会に参加しました(マヌエル・デ・ファリャ音楽講習会!です)。

そこで、1週間強、毎日弾かされました。各生徒が毎日レッスンを受けられたわけです。そこでも同様に基礎テクニックが音楽表現、様式の表現のために必須であることが折にふれて解説されました。

そして、それが積みあがって来ると、凄い音楽になっていくことが受講生がもってきた楽曲の中で明らかになっていく様は、私にとって「重要な教え」として今も心の中に残っています。

つまり、先日たった一日で行われた公開レッスンですが、毎日生徒が受講できるような環境で、3日〜5日くらいのスパンで行われたならば、より彼女の音楽観とそれを導くための基礎技術の大切さが受講生にも聴講生にも実感できたのではないか?…と思っているわけです。

(とはいっても、ここは日本ですので、予算的にも日数的にもそれは無理でしょうね。)


さて、また話題をちょっとそらします。

彼女の休憩時間、いろいろと話しました。やはりスペインでも日本でも「基礎技術の低下」が気になるのだそうです。

そこで例に出てきたのが、「ホセ・ルイス・ゴンサレス・テクニックノート」(現代ギター社刊)。「あの本にはギタリストが身につけるべきメカニック、テクニックの全てが載っているわ!」と言っていました。その言葉は簡潔でした。

それがどのように音楽に使役していくか?…このことが分かっている人が非常に少ないのが、現代のギター界の問題点なのかもしれません。

ということで、やはり、彼女の演奏哲学や教授哲学の中に、セゴビアやホセ・ルイス・ゴンサレスなどと通底するものを見ました。そして、それを信念をもって教える彼女の姿勢は実に素晴らしいと思います。

なかなか、こういう人は最近いません。

「ごまかしのないレッスン」…素晴らしかったです。

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

基礎テクニック講座について(3月の月イチ企画)

今月の月イチ企画は「基礎テクニックの見直し」です。私、富川勝智が担当します。

(考えてみると来週の日曜ですね。22日です。)

この講座をやろうと思ったのは、まずは「自分が普段教えている生徒たちへの奏法のまとめ」をしたいという気持ちがあったからです。

通常は個人レッスンで各生徒の『癖』に合わせて指導をしています。なので、指がしっかりと第一関節から動かないなあ…という生徒に対しては、やはりアポヤンドを集中的に指導する場合もあります。

入門者へは和音のフォームを用いて、右手各指を独立して動作させるタッチ…つまりアルアイレですね…を中心に指導したり…。

手首を突き出す癖(悪癖!!)の生徒さんには、わざと手首をへこますように(逆方向へ意識を導くことによって矯正する)指導したりします。

つまり私の頭に内部にある理論に則って、各人の癖を矯正する、もしくは良い癖を身につけさせる…というアプローチで処方箋を与えていることが多いのです。

…なので、個人レッスンの場では「基本理論」を語ることはあまりありません。それをレッスンの場で段階的に基礎から伝授することは時間の関係で非常に難しいのです。

もちろん、ときには理論を説明することもあります。それは実は入門時に済ませてしまうことが多いのです(『今からいうことはギターを弾く上で最も大切なことだからね!』って前置きして入門から2回目〜3回目あたりで説明してしまうのです…99パーセントの人が忘れます…が、それでいいのです)。

ある程度レパートリーが進んでくれば、その中でたまにタッチに関してアドバイスすることもありますが、やはり曲の分析だとか、表現への指導が主なものになってしまい、生徒さん本人にとっても「奏法の基礎理論」の重要性は各自のランクのなかで下位のほうにいってしまうものなのです。

つまり、「奏法の基礎理論」の大切さを身に染みて分かる機会を設けようと思ったのです。

最終的にギターで「良い音色」「様々な音色のバリエーション」を「安定して」実現できなければなりません。それができなければ、いくら頭の中に素晴らしいイメージがあったとしても、実際の音で「語る」ことができないからです。

音色のコントロールの正しい方法、そして合理的な身体の利用…この両者のコンビネーションを徹底的に段階的に説明することが必要であろう、と私は考えたわけです。

1月の月イチ企画では、ami各指のタッチで終了してしまいました。なので、3月はもうちょっと先まで行こうと思います。pの機能…ぐらいまではいきたいかなあ、と考えています。

どちらにしても、「最初から」説明します。この「最初」の部分が理解できれば、各自でギター奏法というものを構築していくことも可能です。

私が思うに、奏法というものは自己の肉体そして精神との対話です。

「いま、この動きはどのように処理されたのだろう?」

「出た音はこれでいいのだろうか?」

「実際に楽曲の中でこの奏法は有効なのだろうか?」

…上記のようなことを考える上での「理論」「目安」が必要なのです。それができれば自分でギターテクニックについて研究していく礎ができるのです。その礎をより確かなものとしていくために、身体メソッドとしてはアレクサンダーテクニークやアンドーヴァー(日本ではギタリスト井桁典子先生がレッスンしています)やカルレバーロ奏法や各種奏法があるわけです。

しかし、それらのことを統合するためには、「根本」を知る必要があります。その根本を見失うと、身体と精神を統合することができなくなります。つまり柔軟性がなくなってしまうわけです。(このあたりは頭のいい人だけ理解できればよいです)

 

1月の基礎講座に出た方も是非、出席することをお勧めします。再出席をお勧めする理由として、前回出席してくれた生徒さんからのフィードバックもあるからです。

「基礎を見直してみて、こういう効果があった!」とか「これじゃ駄目ですか?」とか、「具体的にこんな練習を考えてみました!」とかです。

それらを還元したいと思っております。なので、あたらしいアイデアが含まれている講座内容になると思います。期待していてください。

クラシックギター奏法に関して、きちんとした知識を得たいという方…是非参加してみてください。

門下問わず、多くの方の参加をお待ちしております!

 

講座名:「ギター奏法の基礎の見直し」

期日:2009年3月22日(日)午前9時30分〜12時

場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

参加費:2,000円

準備物:クラシックギターと足台

申し込み:不要。当日会場に直接お越し下さい。参加費も当日徴収いたします。

より詳しい詳細は下記でもご確認いただけます。

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html

 

事前に「こういうことを知りたい」などリクエスト、質問などあれば、下記メールにお送り下さい。

tommig@livedoor.com

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ