ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

基礎練習

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

基礎は緩やかにして変幻自在なものですよ〜

よくギターを始めたばかりの生徒さんに「自分も基礎練習をしたほうがいいのでしょうか?」という質問を受けます。

いつも生徒さんには「基礎の大切さは、ある程度いろいろな曲をやらないとわからないですよ〜」と言っています。レッスンの最初のほうでやるもの=基礎ではないのです。

おそらく、前述の質問をしてくる生徒さんは「基礎=元になるもの」と考えているのでしょう。

基礎っていうのは…例えば建築物の土台になるものがイメージできますね。地面を掘って、地盤を安定させて、そこに建物を作っていく…というイメージが多くの人の中にあるのでしょうね。
「基礎」という語感の中に、まさにそのイメージがあります。私は基礎というよりは「かた(型)」と言ったほうが定義としてはいいのかなあ?…とは思います。とはいっても、ちょっと世阿弥っぽくて堅苦しいですし、抽象的。一般のかたにはなかなか理解しずらいでしょう。

なので、しょうがないので「基礎」と言ってしまうしかない。でも、私が伝えたい内容はちょっとみなさんが考えているニュアンスとは違うのです。


基礎練習についてのこちらのブログに以下のように書きました。

毎日基礎練習をやっていると、その時々の音楽的欲求に応じて、基礎練習に意義を感じてくるものなのです。 

シンプルな基礎練習(型)の中に、初心者〜上級者まで音楽演奏のための要素を見出してほしいなと思います。それは各自が「やりたい音楽」がないとなかなか見つかりません。だから、「音楽的欲求」に応じて、基礎は変幻自在に意味を変えてきます。

ギターの奏法にはいろいろなコツがあります。「こういうことを守れば、こういうことができる」という奏者の意思があれば、実は基礎練習なんてまったく必要ないのです。

では、基礎練習はなんで必要なのか?

それは噺家さんのネタのようなものです。ネタの語源は「種(タネ)」と聞いた事があります。ネタをどのように膨らませていくか?…どのように深みをもたせていくかは噺家さん次第。

でも、ネタがないとなかなか面白い芸、奥深い話芸はできないのですよね。だから、ギタリストにとって基礎練習は、ネタみたいなものなのです。美しい音楽をやるためにどのようなことを守ればいいのか?…それを毎日認識するためのリマインダーであるという面もありますが、そのときの奏者のレベルに応じて、変幻自在に変化するものでもあります。

基礎練習についてはシンプルに7つの項目に分けて、夏の講習会やワークショップでも紹介しましたが(こちらの記事参照)、これは私が長年の演奏活動や教授活動から、これが練習のネタ(=種)だなあと思ったものをまとめたものになっています。

技術上弾けないもののヒントはこの「7つの基礎練習」に全て含まれています。そして、音楽表現面での要求が高まっていけば、各自がオリジナルの基礎練習に膨らませていく余地があるシンプルな練習となっているのです。

最近はワンレッスンなどで、この基礎練習から学んだものをベースに、いかに技術上の課題を克服していくかというテーマでレッスンを行うことが多いのです。そして、技術上の問題がクリアされれば、それをいかに音楽表現に結びつけていくか?ということに視点が移行します。

その際も基礎練習は「余地」のあるものでなければなりません。私のワンレッスンを受けた人にはもちろんそれがわかるのでしょうし、通常の方のレッスンでも常に「基礎」の大切さを強調しています。

「基礎練習=何か決まったことをやる」と考えたり、基礎練習=反復練習と考えると、大きく間違うことになります。基礎というものは「かた(型)」であって、それは初心者〜上級者まで全ての人にとって意味のあるものでなければなりません。

基礎練習=変幻自在なもの…と考える事で、練習の質もよくなります。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





 

キソレン!キソレン!キソレン!

ブログのタイトルで「キソレン!キソレン!キソレン!」と叫んでしまいたくなるほど、ここ最近は「基礎練習」の大切さをどのように分かってもらえるか…に生徒さんとのレッスン中に力を注いでいます。

基礎練習の大切さは、クラシックギターを弾けば弾くほど実感されてきます。音楽的な欲求が高くなればなるほど、技術の正確さをもとめようとしますので、上級者の方ほど「基礎」の大切を実感していると言えるでしょう。

逆にいうと、正しい基礎練習をしておけば、上級者へスムーズに移行することができます。

初心者の場合は、ある程度「定型」として基礎練習を行う必要があります。左右両手に関して、 いろいろと「守らねばならないこと」がたくさんあるのですが、初心者のうちはその理由がわからないでしょう。とはいっても、きちっと守るべきことをやっていけば、将来その理由がわかってくるものなのです。

先月行われた「あづみ野ギターアカデミー」では毎朝40分、「朝の基礎練習」を行いました。

16297_834102839940961_736163908362177210_n










右手のコンビネーション、右手の移弦練習、単弦上での音階…など7つの項目にわけで、それぞれ5分ずつ行いました。そうするとだいたい40分で終わります。詳しい説明なしで「やるべきアクション」をひたすら受講生に弾いてもらいました。あとから感想を訊いてみると、受講生それぞれのレベルに応じて「気づき」があったようです。それこそが、「基礎練習」の大切な点なのです。

例えば、右手iaで同時に発音するときに、aだけアポヤンドできるかどうか?…これは初心者には「何故そんな練習が必要なの?」と思うかもしれませんが、中級者〜上級者の方であれば、「声部を弾き分けるときにこの動きに親しんでいれば、よりよい音楽ができるだろう…」というふうに思えるはずなのです。

毎日基礎練習をやっていると、その時々の自分の音楽的欲求のレベルに応じて、基礎練習に意義を感じてくるものなのです。

ということで、「あづみ野ギターアカデミー」に参加できなかった方にも、是非「基礎練習」基本セットを知ってもらいたい思い、次の日曜日7日に行う日曜ワークショップでは、同じ内容を行いたいと思っています。日曜ワークショップでは2時間半ありますので、基礎練習40分×3セットは行えるかなと思います。それにプラスして、若干の解説を加えたいと思っています。

詳細はこちらのブログ記事にあります。是非ご参加ください。初心者〜上級者まで役にたつ講義となっております。


 

「基礎」とは何か?

最近、生徒さんとのレッスンで気づいたことを書いておきます。
当教室の生徒さんは「独学で限界を感じた」とか「変な癖がついてしまって・・・」という方が多く入門してきます。

それで、みな一様に「基礎からやり直したいです!その方向でお願いします!」と仰る。。。

生徒さんにもよりますが、とりあえずその方がその時点で練習している楽曲でレッスンをしていく場合が多いです。簡単な基礎理論は教えます。右手の弾弦の基本とか、左手の基本的なフォームとか。

例えば、アルベニスのアストゥリアスをやっている生徒さんは、まずはその曲の中で左手のフォームの欠陥を気づいてもらったり、右手のタッチのコントロールを身につけてもらいます。完全にできなくても、まずは「ああ、これだと音楽表現に集中できないなあ・・・」と感じてもらえればOKなのです。

そこから少しずつ変えていきます。その方がやっている楽曲の中で学ぶべき「基礎」を抽出していきます。抽出というとなんだか凄いものが出てきそうですが、楽曲をスムーズに演奏するため、そしてきちんと音楽を表現するための「基礎」って何?・・・ということを生徒さん本人に自覚してもらう作業です。

簡単に分類します。
  1. 基礎→応用(楽曲)
  2. 応用(楽曲)→基礎
(いや、わざわざ分類する必要もないんですけどね・・・)

1はまったく初心者であれば可能です。特にこどもの生徒さんなどには効果的です。簡単な音階であっても右手や左手のフォームのポイントを「このほうが弾きやすいよね!」とか、「こうすると確実に押さえられるよね!」とか段階的に(本人が自覚していてもいなくても)基礎を身に付けさせることができます。

ある程度、楽曲が弾ける大人の方には2の方法から攻めることが多いですね。「基礎が分かるとこういうことができるんだ!」もしくは「 こういうことをしたい!・・・ならば、基礎を考えるしかないか」と思わせることができれば、基礎を意識することができます。とりあえずは各自の弱点を補強する(修正する)基礎練習が抽出できるというわけです。

学生さんの場合は、若さの勢いで、まったくの基礎からスタートしても追いつける場合があります。その場合でも自分の頭で考え、先生と信じ切れるかどうか・・・ですね。

多くの人は単純に「基礎=シンプルなもの=簡単なもの」という風に無意識に捉えていることが多いです。
「基礎練習=音階練習やアルペジオ」という単純な図式で捉えると間違いがおこりやすいです。

「基礎って何?」「なんのために基礎練習をやるの?」・・・というふうに常に「定義」していかないと、間違いを犯しやすいんですよね。みなさん、気をつけましょうね!

富川勝智

Facebookページも宣伝




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

基礎練習覚書(何を行うか?&どのくらいの時間がかかるか?)

最近さぼりがちなレッスン覚書ですが、いくつか気になること点について書いておきます。

楽曲の中の難所を取り出して、基礎練習に取り込んでいくのは大切なことです。

世の中にはたくさんのベーシックなテクニックを項目ごとにわけた本が出版されています。
ホセ・ルイス・ゴンサレスギターテクニックノートなどが有名ですね。教本の後ろにもそのようなスラーや音階などのテクニックを項目わけして掲載している本もあります。
村治昇先生の本「ギターだーいすき!」シリーズの中にもテクニック別によく項目わけされてまとめられているものが多いです。

さて、いずれの本にしても、何か1冊持っていおくことをお勧めします。そして、頭から全部通す必要はありません。あくまでもリファレンスとして持って置き、自分が現在取り組んでいる楽曲のなかの苦手な部分に関連したテクニック練習をそれらの本で学んでいけばいいと思います。

各種テクニックには守るべきことが数点含まれています。「何を守ってやるのか?」ということに集中してテクニック(メカニック)的な面に集中して基礎練習を行うことが大切です。

そして、そこで意識したことを楽曲の中でもしっかりと実現できるか?・・・ということが大切なのです。

あと、もうひとつ大切なことが、各基礎練習がどのくらいの時間がかかるのか?・・・を把握しておくことですね。

社会人の方などは1日で練習する時間が限られています。練習できる時間が1時間確保できるとして、基礎練習で30分とかはかけていられません。

なので、今自分が取り組んでいる基礎練習課題が複数あるとして、それぞれがどのくらいの時間がかかるのか?・・・をしっかりと把握しておきましょう。


最後に。基礎練習といっても、単純にメカニックなもの、そして、音楽表現のための基礎練習という2種類があることも頭に入れおきましょう。

もちろん、メカニックな面から音楽表現のための基礎練習に応用していくことも可能です。つまり、スラーから「アーティキュレーション」へと変化させていくため、テヌートやスタッカートなどのバリエーションを与えて練習してみる・・・などです。

純粋に音楽的な練習としては、音程感を感じる練習(予測する練習)などは音感を鍛える意味、そして歌心を鍛える意味でも重要です。

基礎練習は少しずつやっていくしかありません。そして、その重要性に気づくのは数年後かもしれませんが、その気づきこそが「発見!」であり、ギターを練習している人にとっての財産となっていきます。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

基礎練習あれこれ

最近、あれこれ勉強することが多く、何かと助かっています。

周囲のギタリストの方からも学ぶことが多いです。

昨日は京都の藤井眞吾先生から「基礎練習パック」が私の生徒用に送られてきました。

さっそく見てみました。

090821_1403~01

プリントアウトするとどっさりあります。来週末、私の生徒が藤井先生のレッスンを受けることになっているのですが、そのための参考教材です。

どっさり…という感じがいいですね。

こういう基礎練習は、この「どっさり」をいかに「指の動きを意識して」行なうか?…が大切です。質×量です。

もちろん、量をこなすなかで、「あ!そういうことだったのかあ!」という方法論もあります。しかし効率よく学習するためには(&指のトラブルを回避するためには)質にも配慮することも大切で、結果としては良い洗練されたものがえられます。

 

普段、私が基礎練習教材として用いている「ホセ・ルイス・ゴンサレステクニックノート」にも同じことが言えます。おそらく指導する先生によってその教授法は異なることでしょう。

この話題で思い出すのが、先日行なわれたあづみ野ギターアカデミーの参加者のGちゃんのトレモロです。レッスンを担当して池田君やそのほかの人にも言われましたが、とても「粒ぞろいのトレモロ」です。

彼女は普段、私にレッスン受けていますが、決して右手のタッチは良いほうではありません。なので、トレモロのトレーニングには細心の注意を払いました。私が出して処方箋は、上記のテクニックノートの「タレガによるトレモロ練習」という項目をありとあらゆるアポヤンドとアルアイレの組み合わせで練習させること…でした。

その中でpとその他の指とのバランスを徹底的に研究していきました。弾きにくいパターンはその理由を考えながら…という感じですね。

そういう過程を経て、彼女のトレモロは良くなっていったのです。なんだかんだいって1年くらいはこのトレモロ練習を各レッスン毎に課題を出して続けたと思います。

おそらく、独学でこの練習をやるのは不可能だったでしょうし、人によっては「適当に弾いて御終い」ということが多いでしょうね。

基礎練習というのは、「何を意識して練習するか」+「量」という概念がやはり大切なのです。

基礎練習というのは、なかなか誤解を与えやすい分野ではあります。「質だけ重視派」対「量だけ重視派」の構図になりがちですね。

両方ミックスして考えられる人は極めて少ないような気がします。

なかなか難しい分野なのです。

 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ