ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

奏ヒ

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ギターレスト絶対主義者

ギター支持具についてまだまだ続いています。なんとか今日で終わらせますね。

私は多くの人にレッスンして来ましたが、アマチュアの方や当然プロも含めて、何故かギター演奏姿勢の相談を受けることが多いのです。

私が留学から帰国してホームページ上に書いた「ギター奏法論」というものを読んでもらえば分かるかもしれませんが、このあたりに反応してきた人が私の教室には多いのかもしれません。

私は基本的には現在ギター支持具は使いませんが、留学から帰国直後はギターレストを使用していました。留学中から使用していましたので、ほぼ3年程度は様々なタイプの支持具を使用しました。その当時書いたのが「奏法論」で、基本的な考えは変化していません。要点は自分の体の動きを中心に考えてギターを弾く・・・その一点だけです。

そういう考えからギター支持を使うのがベターだと考えていたのです。

しかし、どうしてもギターのアングルを演奏途中で変えるのが難しいのと、器具が外れるのではないか?という恐怖感から来る体の力みを拭いさることができませんでした。

あるときの演奏会で、演奏途中でギター支持具の吸盤が完全に外れました。曲終盤だったので、なんとか終わりまで弾きましたが、一瞬パニックにはなりました。

ですが、この経験が改めて自分の演奏姿勢を見直すきっかけとなりました。やはりギターの位置を『動かないように』『固定しよう』と足にかなりの負担が掛かっていたことが分かってきたのです。

それで、足台を使用することにしました。

足台を「地面」だと思えるように意識を変えていきました。地面に足をついているとき無駄に力んでいる人もいませんよね?。意識をそのように変えると、新たなギターと自分との関係を築くことができました。

現在、まだその感覚をより身近に感じようと努力中ではありますが・・・

足台を地面の感覚にするためには、しっかりとした安定したつくりのものが必要です。なので、市販されている様々な種類を試しました。(御陰で無駄に種類が増えました。)

 

冗談のような話ですが、「左足の部分だけ高くなっている床」があればな〜と最近思います。

左足の部分だけ丘のようにぽっこり高くなっている床・・・。少なくとも演奏会用のプラットフォームとして販売したら物好きな人は購入するかもしれません。(冗談のようで、本気かも・・・)

 

とりあえず、このテーマは一旦終了。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

セゴビア奏法について〜現代ギター記事

最新号の現代ギターに「セゴビア奏法を読む」という記事を書きました。

主に楽譜の読み取り・・・についてセゴビアの左手のテクニックを中心に論じてみました。

一般的にセゴビアの左手の運指はそのままやると苦手が人が多いと思います。その解明のヒントになれば・・・という気持ちで書きました。だから、見出しも全て「ヒント」にしました。

セゴビアの録音や映像、文献などから得られたことを基に書きましたが、やはりわが師であるホセ・ルイス・ゴンサレス氏からのレッスンを通じて学んだことが多く反映しています。

もちろんセゴビアはセゴビア、ホセ・ルイスはホセ・ルイス・・・なのですが、師匠とのレッスン時の雑談などから得られたセゴビア情報は今思えば非常に貴重なものだったのだと、この記事を書きながら思いました。

一応、続編も構想中なのですが、なかなかまとまりそうにありません。

実際、上記記事で書いたことも、レッスン中に生徒に教えるほうが数倍楽ですし・・・。

 

ちなみに、「SP盤で聴く〜若き日のセゴビアと同時代のギター演奏家」という特集での鼎談にも、私が参加しています。

仕事とは言え、実りの多い企画でした。やっぱり、セゴビアは凄い・・・としか言いようがありません。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

酔拳・・・ならぬ酔ギター

先日の餃子パーティーは合宿参加者限定で行われました。

ということで、合宿参加者以外の方はごめんなさい・・・

&一部連絡ミスで来れなかった方もごめんなさいね。

もともと、この餃子は池田君が送ってくれたもので、「合宿でお世話になった皆さんに・・・」ということでしたので。

 

さて、酔ってギターを弾くということはなかなか難しいものです。

(コメントにもありましたが・・・)

しかし!

酔ってギターを弾いて得なことはひとつもありません!

実際、酔っ払ってギターを弾くと精度はあがりません。でも、みんなで飲みながら弾くのも、ギター弾きの楽しみでもあるわけで・・・。

そのための練習というのは必要ありませんが、酔っても弾けるくらい普段の練習をきちっとやることが必要であるわけです。

 

今日午前中のレッスンでも、そんなことを生徒を話しました。

ギターというのはケースから取り出して、さっと弾けるというのが魅力でもあります。ピアノやフルートなどとは比較にならないくらい、『気楽』です。

ということで、結構飲みながら弾いてしまうものなんですね。で、徹夜・・・という感じ。必然的にギタリストは夜が強くなります。『ギタリストには徹夜する体力が必要!』と言い切るプロギタリストもいるくらい(ほんと)。

もちろん朝すっきりとした気分で練習するほうが効率が良さそうですが、なんとなく、経験上、夜中みんなで弾きっこしている場面のほうが『名演』に出会えることが多いのも事実なのです。

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ