ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

尾野桂子

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

学芸大学CherokeeLiveTavern「春の夜の夢ばかり」満員御礼!

5月27日(土)に学芸大学駅にあるCherokeeLiveTavernで「春の夜の夢ばかり」ライブが行われました。

出演は「おのけいこ」と「Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)」。「おのけいこ」という名前は弾き歌いをするときの芸名的なものだそうです。

さてさて…この日は尾野桂子さんの誕生日。ということで、そのお祝いライブにアコレデがコラボという形で行われました。

DSC08250_original










Cherokeeさんはこんな感じの素敵なライブハウス。
















(↑リハ風景です)
















そとの看板もなーんとなくおしゃれー。


ちなみに今回もマイクはiRig Acousticを使いました。
なぜか、小屋にあったVOXアンプとの相性がとってもよかったです。
機材に詳しい人からすれば、「え〜?」という組み合わせですが、本番あとの録音を聴いたかぎりでは、相性抜群でした。会場にきていた数名の音楽関係者からも「クラシックギターらしい音だった」という意見をいただきました。















34919025126_4db4a5404f_z




















さて、会場はおかげさまで「満席」となりました!お祝い体制ばっちりです。

DSC08629_original










簡単にセットリストをあげておきます。

1st
<アコレデ>
1:ワルツメドレー〜ワルツ(友川カズキ)&星影のワルツ(千昌夫)&他人の顔(武満徹)
2:ライオン(菅野よう子)

<おのけいこ&アコレデ>
3:蘇州夜曲
4:丘をこえて
5:椰子の実

<おのけいこ>
6〜8:山田耕筰メドレー(鐘がなります〜野ばら〜この道)

2nd
<アコレデ>
1:Bark at the moon
2:Black Orpheus
3:I need to be in love

<おのけいこ>
4:オンブラマイフ
5〜7:ジュリアーニ歌曲3曲

<おのけいこ&富川勝智>
8:愛が生まれた日

<おのけいこ&アコレデ>
9:Moon River
10:He was beautiful

En:薔薇は美しく散る

DSC08197_original









18699449_1449847628418883_6998747455412161753_o

















18814507_1449850058418640_792830831655942570_o









34827392271_20dff6c4a7_z








(↑リコーダー…ベル薔薇のために!)


ギターとギター、歌と歌、ギター二台と歌2名…けっこうアレンジはがっちりとしましたが、実に楽しい作業でした。
おおまかにいうと、前半が「日本の歌」。後半が「外国曲」っていう感じです。曲も全体の流れを考慮しつつ、アコレデはアコレデらしいものを…それでいて尾野さんが歌う「クラシカル」なものの流れに合うものをセレクト。

全体の流れとして、とても清々しい流れができたと思います。

実はいろいろと「サプライズ」を企てました。これは会場にいた方のみのお楽しみということでw 誕生日の尾野さんはもちろんですが、もう一名お誕生日の方がいたので、メンバー全員でコラボしてお祝いしました。
34919023806_eebeb10c7f_z









DSC08614_original










DSC08679_original









34149059313_169d24f0fd_z









会場となったCherokeeLiveTavernさんもとってもよいライブハウスでした。ドリンクもフードもとても美味しく、そしてスタッフさんの対応も心地よい。。。また出演してみたいライブハウスです。
また、この形でのコラボレーションも再演したいなあと思っています。やはり「ギター二台&歌2名」のアレンジは最高に楽しいです!



::::::::::::::::::::::::::
Acoustic Ladyland Live

通称アコレデ。石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。 


:::::::::::::::::::::::::::

Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)ってどんな音楽やっているんだろう?…という方は当ブログのライブレポート記事を御覧ください。今までのライブレポート御覧いただけます。

Acoustic Ladyland Vol.1 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.2 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.3 ライブレポ


Acoustic Ladyland Vol.4 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.5 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.6 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.7 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.8 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.9 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.10 ライブレポ
 
Acoustic Ladyland Vol.11ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.12ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.13ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.14ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.15ライブレポ

第37回富川ギター教室発表会終了!

2015年12月27日(日)に「第37回富川ギター教室発表会」無事終了しました。

およそ20名の参加。年末ということで少ないということは予測していましたが(なので、10月に急遽ミニ発表会をやったわけですが)、そのかわりに内容は充実したものになりました。

参加者の演奏の充実度はとても高かったと思います。

さて、恒例の集合写真。ひたすらに笑顔で集合写真をとることに命をかけています。
DSC05810_original

 








今回も大成功!

人数がいつもよりも少なかったため、講師演奏の時間をしっかりととることができました。
林祥太郎、尾野桂子、富川勝智 三名でそれぞれ20分弱がっちりと講師演奏しました。
IMG_2951
 
















IMG_2952 

















12459017_939372792799705_1248985123_o 










今回のゲスト演奏はリュート奏者の金子浩さん。バロックリュートでヴァイスの楽曲をがっちりと演奏していただけました。
クラシックギターでもよく演奏されるファンタジーやパッサカリアなどをバロックリュートの響きで知っておくことは生徒さんにとって有意義なことです。そして、金子さんくらいの名手で演奏を聴ける機会は貴重です。

講師演奏もゲスト演奏も発表会参加者のためのご褒美でもありますが、一般のお客さんのためでもあります。すこしでも良い音楽を聴いていただきたいなという気持ちで行っております。

さて、打ち上げは私の生徒さんがやっている代官山のBBQ屋さんへ。

IMG_2980









IMG_2979

















美味しい料理とおしゃべりであっという間の数時間!

来年への展望も見えました。これにて富川ギター教室の年内のイベントはおしまい!

来年も宜しくお願いします。

次回の発表会は2016年5月5日目黒パーシモンホールで決定しています。 

歌うことで音程を感じる(本日の日曜ワークショップ)

さて、本日は日曜ワークショップでした。
講師は尾野桂子さん。私の教室でも金曜日のレッスンを担当していただいています。彼女は歌も勉強中であり、その観点から「ギタリストに足りない要素」である、歌うこと…をテーマにレクチャーしてもらいました。

R0023684

まずは呼吸についてです。深めの呼吸、浅めの呼吸で音がどのように変わるかを実感してもらいました。

その後、「発音」について。子音+母音の組み合わせで、音の明暗、硬さ柔らかさに差があるかどうかを確認。子音と母音が同時の場合、子音が先に発音される…とりあえずはこの2パターンを考えていきました。

その後、カルカッシのエチュードで、スラーの音をどのように表すか…声に出してからしっかりとイメージしてからやるとうまく行く場合がおおいことなどを実践。

最後は音程について。音が高さが変わっていくとき、体の共鳴する位置が上下することを確認。例えば、鼻歌で、声を出して音の高低を変えたときに、振動する位置が喉から鼻のあたりまで上下します。これを感じると「音程をとりやすい」というコツなどを学びました。

その後、音程が順次進行する場合、上行、下降する場合、どちらが歌いやすいか?…これらをチェック。また、音をまっすぐにつなげて行くか、高いところからはいっていくか、低いところからはいっていくか?…

…という感じで、とてもためになるレクチャーでした。私自身も生徒さんに「音程を感じること」を指導することが多いですが、いくつか指導上のコツが掴めたと思います。 ヒントがもらえました。

また、ある音からある音へむかっていくとき、上から入るか、下から入るか、まっすぐにはいって行くか…たしかにそうですね。自分で練習するときも、生徒さんと曲を分析しているときも、何パターンが無意識にやっていることはありますが、意識して分類したことがなかったです。

これも良いヒントをもらえました(今日はネタを奪ってばかりですね 苦笑)。

発展させて、音のグループを区切るときは、こういう感じで音程を掴んでいるな…とかあれこれ考えました。明日からの練習に活かそう!

という感じで、よいヒントや今まで未整理だった部分についてだいぶすっきりとしました。生徒さんに「ここはオクターブの音程感を感じてね!」と言って、歌わせたりすることも多いのですが、そもそも呼吸とか音高をコントロールする基礎ができない限りは実感しずらいですものね(もちろん、直感的に歌が上手な人はこの”基礎”がある程度できていることが多いのだとは思いますが) 。

さて、来月はギターのテクニックの講座です(12月9日)。日曜ワークショップ、今後もたくさんの方に参加していただきたいです。門下問わず、年齢問わず、レベル問わず御待ちしております。毎回、じわじわと私の生徒さん以外も増えています。怖がらずにお越し下さい。毎回、必ず持ち帰ることができる「勉強のネタ」を提供しています。

日曜ワークショップ案内

富川勝智

Facebookページも宣伝



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




春のAGA

春のAGA・・・?
なんじゃそりゃーでしょうが、AGAの略称は「あづみ野ギターアカデミー」でも使っています。

春のAGAとは・・・阿蘇ギターアカデミーのことです。九州の池田慎司さん主催の講習会。この講習会に講師としていってまいりました。

詳細は下記を。。。


もうひとつ、わが弟子林祥太郎君のブログ記事

こちらのブログもどうぞ。私の弟子ですが、今回は阿蘇ギターアカデミーで臨時講師(?)もつとめました尾野桂子さんのブログ

2日目の講師コンサートでは「特別出演」ということで、私とデュオをやりました。

池田慎司さん、尾野桂子さん、そして、私でトリオもやりました。

写真などもとったのですが、まずは演奏動画をどうぞ。

ちょっと整理してまたブログ記事書きますね。

 








尾野桂子リサイタル終了!

昨日、私の弟子である尾野桂子のリサイタルがありました。

想像以上の盛況!…主催者として来場してくださった方には御礼申し上げます。

こんな会場でした。(会場設営時、椅子並べ後撮影)

SKホール椅子配置

 

 

 

 

終演後のお花&プレゼント。いっぱいでした。演奏者の人気を物語っています!

尾野リサイタルお花&プレゼント

 

 

 

 

 

 

演奏終了後の挨拶も立派でした。

彼女の生き方を知っている人には「じーん」ときたことでしょう。

アンコールの「アランブラ宮殿の思い出」には来てくれたお客さんや友人への感謝の気持ちが詰まっていたような気がします(“名演”とはそういう状況において生み出されることが多いのです)。

その後、午後4時だったのだけど、打ち上げ。約15名程度で盛り上がりました。ギタリストの柴崎建司氏にも「オブザーバー」として来ていただきました。実はこのリサイタルは日本ギター連盟のギターグレードの最高位である「ディプロマ」の取得のため行われたものでもありました。私個人の判断でこのディプロマの合否の判断はできるのですが、それでもあまりにも「身内びいき」になる可能性があります。第三者の信頼できるギタリストの意見を聞きたかったわけです。

このような経緯があり、ギター連盟正会員であり、演奏家としてもキャリアのある柴崎氏に「オブザーバー」になっていただいたわけです。

打ち上げでは、柴崎氏から的確なコメント&アドバイスをもらえました。演奏者本人にも非常に役にたったと思います。私自身も非常に勉強になりました。とりあえず、柴崎氏からは「ディプロマはあげてもいいと思う」ということになり、めでたく合格!・・・ということになります。

「ディプロマ」は演奏家、そして教授者としての免状みたいなものです。これから「プロとして」他人を教えていく場合にも、他人の前で演奏していくためにも、「リサイタルを弾ききる」ということは重要だと思います。この経験がない人は、正しく人を導くことはできないでしょう。また、演奏家として「もう一歩」踏み込むことはできなくなるでしょう。

また「リサイタル」という言葉には格別の重みがあります。「コンサート」とは違って、演奏家本人の主張や哲学が表れてくるのが「リサイタル」なのではないでしょうか?…このあたりは様々な定義付けが可能なように思いますが、演奏をやっていく立場の人は是非考えるべき問題であると思います。

 

それにしても、無事に終わってよかった〜。ほっとしました。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ