ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

日曜レクチャー

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ボサノバ講座やります!

さて、新年になって、1週間経ちました。
明日は弾き初め会です。

そして、日曜ワークショップの今年一回目は「ボサノバ」がテーマです!

なんで、クラシックギターでボサノバなの?・・・という方もいるかもしれませんが、ボサノバのハーモニーやリズムなどには南米音楽の基本となる「音楽美学」が含まれています。

クラシックギターでも、最近はブラジルや南米などの音楽をテーマとしたオリジナル作品は編曲も多く弾かれるようになってきました。

なので、クラシックギターを勉強する人にとって、「ボサノバ」という音楽の分野を勉強することは、実に有意義であると思います。

2010年1月17日(日) 930分〜12時 多目的室C

講師:山本のりこ

講座名:ボサノヴァ〜ポルトガル語の揺れ(グルーヴ)とリズム

内容:日本を代表するボサノヴァ・シンガーである山本のりこさんによる講座です。ポルトガル語の揺れとリズムを感じることによって南米音楽のグルーヴ感を体得することができます。クラシックギターでもブラジル音楽をベースメントにした独奏曲が数多くあります。南米音楽の一種であるボサノヴァですが、その中にも南米音楽共通のハーモニーやリズムに対する哲学があります。山本さんによる分かりやすい解説によってそのエッセンスを感じてもらい、実際にみなさんにもギターを構えて簡単なボサノヴァ曲を演奏していただきます。

?ボサノヴァの起源 ?ポルトガル語のアクセントとイントネーション ?歌詞と符割り ?アウフタクトと休符、タイ ?呼吸(ブレス)について

費用:参加費 3,000

準備物:ギター(足台は任意)

申し込み:事前申し込み必要なし。当日会場へ直接お越しください。


※会場などの詳細は
富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。


・・・多数のご参加お待ちしております!!

・・・歌いたくない!という方は講義を聴くだけでもOKです。もちろん、歌ってみないと「ボサノバ」の醍醐味は理解できないですが。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

25日公開レッスン聴講チケット完売!+明日

昨日、ブログで書いた25日のマリア・エステル・グスマン公開レッスンの聴講チケットはすべて完売いたしました。

さっそくの申し込みありがとうございました。

今からクロサワ楽器に行って来ます。池田君とブラーボさんのデュオです。

明日は午前9時30分〜渋谷リフレッシュ氷川にて、池田慎司を講師に迎えて「奏法講座」です。当日参加OKです。

詳細は当ブログ右サイドバー「日曜レクチャー」をご覧下さい。(詳細はリンク先にて確認!)

多数のご参加お待ちしています。

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

編曲7つ道具?&明日の月イチ講座

090912_0902~01

今、アレンジ中です。お仕事です。
手書き派(というよりもなかなかPC浄書に移行できない!)ですので、筆記用具には工夫しています。

上の写真、左が「くるとが」君、右がエルゴノミックス君。右のものは手の疲れが少ないです。くるとが君はいつでも線が綺麗に書けます。

上記二つがミックスされた製品が欲しいなあ・・・と思います。

そんな作業をしながらも明日は日曜ワークショップです。誰でも参加できます。明日の講師は私が担当。

今月はギター奏法の基礎の見直しです。いちおう、今までの“まとめ”です。初めての方も是非!


詳細は富川ギター教室ホームページ月イチ講座にて。


…という感じです。

編曲締め切りは月曜です。

明日は上記の月イチで奏法について教えて…。
月曜は通常通り午後からレッスンです。うーん、追われてますね。締め切りに…。

で、水曜に録音…。

今月末にはもうひとつギター史関連の原稿締め切りもあります。まあ、それは今は考えないことにします。今はとりあえず編曲をアップすることに集中します。

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

ギター奏法基礎〜3月の月イチ

昨日3月22日、日曜レクチャーは「ギター奏法の基礎の見直し」でした。

10名ほどが参加してくれました。中には鎌倉方面から片道2時間かけて来てくれた方もいました。感謝!!

講座の担当は私、富川勝智が担当。とにかくこの「ギター奏法の基礎の見直し」はゼロから説明というポリシーでやっています。

そして、いかなる流派にも特定の奏法に偏らない&徹底的に合理的であること…という私なりの哲学があります。

(おそらく、今後も2ヶ月に1回は私担当で基礎講座をやっていこうと思うのですが、このポリシーは変わらないと思います)

さて、そんなわけで1月は右手imaの機能を説明しました。そして『次回はPのタッチくらいまで含めて説明したいなあ…』と思ったのですが…

…結局前進しませんでした。

もちろん内容としてはかなり深いところまでお話をさせていただきました。なので、受講生の皆さんにはそれなりに満足していただけたのではないか?…と思っています。

ざっくりと話してしまえば、今回のテーマはギターの振動と音色の関連です。そして、それを具体的に実現するためのテクニックを考える上での指の関節のロック(固定)についてできるだけ詳細に説明しました。

音色というものは弦の振動の「方向」によって定まってくるものであり、アポヤンドとかアルアイレとかは便宜上の呼び名でしかありません。(かといって、別に私はアポヤンド否定派ではありませんよ!→レッスンの場では初心者の生徒には徹底的にアポヤンドによって指関節のロック状態を認識してもらいますので…)

そして、指の各関節の固定具合(特に第3関節=手の甲からもっとも離れた指関節)のコントロールが弦の振動方向に大きな影響を与えることを中心にしました。

(前回は弦にあたる指先のアングルによる音色変化を中心に話をしたと思います)

さて、そしてあとは上記を考える上での意識すべき注意点などを説明しました。そして企業秘密もいくつか公開いたしました(まあ、企業秘密といっても、どのくらい既存の奏法における各要素を再構築できるか否か…という次元でありまして…普段レッスンで言っていることと同じなのです)。

基本的な弦の振動方向による音色の変化の「基本」を実現できること、そしてそのための爪の形状を考えること…というところまで話を進めました。そして、その爪の形状を考えていくと各人の指の長さ、バランス、爪のカーブ具合…すべて違いますので各人に合わせた爪の形状となること…などを説明しました。

自分の覚書のためにホワイトボードに書いたものを写真に撮っておきました。ぐちゃぐちゃと書きながら説明したため、とっても見難いです。(私はとっても癖字&悪筆なので、更にひどいことになっています…とほほ)

ご参考までにご覧下さい。

※勿論受講した方の参考にもなると思います。ちょっと見直して、説明したことを思い出してみてくださいね!

2009年3月22日ギター基礎の見直し1

2009年3月22日ギター基礎の見直し2

2009年3月22日ギター基礎の見直し3

とにかくギター奏法というのは複合的なものです。

手の動きの合理性を考える…振動による音の変化を科学的に考える…それを実現するためのアクションを考える…そもそも基本的な音色とは何か?と「基準」を考える…各人の指の個性を考える…

…非常に悩み多い分野なのですね、ギター奏法を考えるのって。

ということで、最後に受講生の方に言ったのは以下の言葉です。

『今日言ったことを全て考えようとすると、ノイローゼになります』

『でも100のうち1個でも2個でも意識すべき点を増やすこと、そしてそれを普段練習しているものの中に取り込んでいくことが大切です!』

 

…上記の言葉は、この講座があくまでも「まとめ」という意味があることを意図して出てきた言葉です。

このギター奏法・基礎講座ですが、毎回ゼロから説明します。そして、何回でも出席することを勧めます。おそらく毎回説明の切り口は変化していきます。そして、できるだけいろいろな受講生が参加することで、各人の意見を取り込んで、次回の講座にフィードバックしていけると考えています。

きちんとギター奏法を考えてみたい…という方は門下問わず歓迎です。

是非次回のギター奏法基礎講座においで下さい。

 


4月の月イチはギタリスト永島志基氏によるレクチャーコンサートです!

 

ビウェラ&19世紀ギターレクチャーコンサート

「スペインの光と影」

期日:2009年4月12日9時30分〜

会場:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室A

料金:4,000円(当日会場にてお支払いください)

申し込み:必要です。メール(tommig@livedoor.com)へお名前と人数をお知らせ下さい。

 


5月の月イチは「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先まで」。

 

「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先まで」

期日:2009年5月10日(日)9時30分〜

会場:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

料金:2,000円(当日会場にてお支払いください)

準備物:ギター及び足台

申し込み:不要です。当日会場へ直接おいで下さい。

 

 

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ