ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

「人生」を作るもの

完全に春到来です!

当教室でも新社会人が何人かいます。

大学を卒業して社会人になっても、そのままきちんとレッスンを続けてくれる生徒さんが数人います。嬉しいことです。

私も30代後半に突入しましたので、いちおう社会人(なのか?)として彼らにアドバイスをすることもたまーにあるのですが、その基本哲学は「仕事とプライベートをわけないこと」にあります。

単純な話、なんでもやりたいことはやればいいのです。仕事を始めたからといって、好きな音楽をやめる必要はないですし…。音楽に集中するために、普通の仕事には就かない…ということもないわけです。

その人の人生は、「何をしてきたか?」という事実の積み上げで決まります。普段の仕事で何をしてきたか?…ギターで何の曲を弾いてきたか?…飲み友達と何を語らってきたか?…それだけの話です。

それだけの話…とはいいましたが、どのくらいいろいろな経験を(結果として)したかどうかが、その人に人生を最終的に豊かなものにするのです。死ぬときに「充分に満足した人生だった」と言うためには、自分のやりたいこと、もしくはやるべきことをして、生きていくべきなのです。

で、ここで、引用。

『仕事とプライベートにおけるその人の優先順位が、その人の人生なのだ。』

村上龍の近著「無趣味のすすめ」からの一節。

久々に村上龍氏の本を読みましたが、「さすが!」と思いました。

無趣味のすすめ
無趣味のすすめ
クチコミを見る

スケジュールに関する小文の一節です。

で、私もギタリストとして、何が自分を形作ってきたのかなあ?と考えてみると、「今まで行なってきたコンサート」であったり、「今までコンサートで弾いてきた曲」であったりします。

何か演奏会が決まって、曲のプログラムを考える…このことは「自分の人生を作っている」瞬間なのですね。そして、その集積が今までの私のギタリストとしての人生なのです。

さて、富川勝智の人生ということになると、やはりその中心軸はギターに関連することになります。というよりは「なってしまっている」のですね。

あの曲弾きたいなあ!!とか、教室でこんな企画をやりたいなあ!とか…あれこれ考えていることが、なんだかんだでギターとか音楽とかに関連してしまうわけです。

ということで、私には趣味らしい趣味はまったくありません。一時期、それではまずい!と思って、無理やり趣味を始めようとも考えたのですが…無理でした。「趣味=仕事」とまるで一昔前のサラリーマンのような状態ですね。やりたいこと(やらねばならぬこと)=ギター関係のこと…だったので、ほかのことに時間が割けないわけです。

で、上掲の村上氏の本の一節につながってくるわけです。

なんとなく私の哲学の裏づけを見つけたようで、ちょっと嬉しかったりしました。読みやすい本です。若い人にお勧めです。

50代以降の人が読むと、きついかもしれません。

 

BLOGランキング(今このブログは何位かな?)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

去る人、来る人〜春に想う…

ちょっとおセンチなタイトルです。

春というのは、生徒が去る時期です。

卒業や転勤、進学…様々な理由で生徒が教室を去っていきます。

そして5月頃になって学校や仕事などが落ち着いて自分の状況が見えてくると、新たな生徒が入ってくるのです。

なので、入会者が増える前のちょっと寂しい時期です。

今年に入ってから、やはり数人の生徒が辞めていきました。転勤先や就職先のほうで「誰かいい先生を紹介してくれませんか?」…といわれますが、私も全国各地の先生と知り合いではないので、全員に然るべき先生を紹介ができるわけではありません。

また、もし私が紹介したとしても、その生徒さんとの相性などもあるでしょうから、一概にはいえないものですしね。

では何かいい先生を探すコツというものはないものなのでしょうか?…という質問が…。

まあ、とりあえず情報収集かなあ…という感じでこたえています。

あとははっきりいうと運ですね。たとえ私がその先生のプロフィールなどを見て、「だれそれに師事」とか「どこそこ音大ギター科卒」とか見ても、実際にその先生が『良い先生』かどうか?…『良い音楽家』であるかどうか?…判断できるはずはありません。

ギター界に疎い生徒さんであれば、プロフィールを見てもチンプンカンプンでしょうし。

ということで、おおまかに以下のようにこたえています。まずはギター教師2種です。

〕論があるタイプ

⇒論がないタイプ

さあ、どちらに習ったほうがいいか?…お分かりでしょうね…もちろん前者の,離織ぅ廚氾える人が多いでしょうね。

 

さて、,任盥垢2タイプあります。

A:理論からしっかりと説明し、それをもとに具体的な奏法を教える

B:理論は後回し…とりあえずある程度の「型」を身につけさせる(但し理論はきちんと分かっています)

上記A,Bともに良い教師であると思います。Bはどちらかというと武術などの考え方かもしれません。世阿弥の序破離の思想にも通じますね。

Aは西洋的な教師像ですね。現代的といってもいいかもしれない。

どちらにしても、この理論がしっかりとした伝統と実践から導き出されたものでないと意味がありません。A,Bともに実際に用いることができる理論でなければならないのは絶対です。

なので、この点に関して、「きちんと演奏活動を行っている先生」というチェックポイントを先生選びの基準として定めてもよいでしょう。

 

さて、実際には、上記A,Bを生徒によって使い分けることができるのが『理想的な教師』なのだと思います。そのことを考えると、もしかしたらCというタイプを設定してもいいのかもしれません。つまり…

C:理論は教えない。生徒の「気づき」を待つ…

私を例にとってみても、Cの教授法を上級者の生徒に用いることは多いです。今まで教わってきたアイデアから自分で解決法を見つけだしてね!…ということですね。もちろん、ヒントは与えることがあります。たまにヒントも与えずということもやりますが…。このあたりはその生徒の性格を掴んだ段階でしかできません。つまりCは高等教授テクニックでもあります。

一般にはコーチング技術といってもいいです。

 

そのように考えると、実は△任△辰討癲嵶匹ざ技奸廚任△訃豺腓發△襪箸いΔ海箸任后2晋里生徒さんの自主性を導くことが上手な先生というのがいます。とにかくレッスンの場は楽しく!…こまかい技術面は気にしない!…「先生、ここはどう弾くんですか?」と訊かれても「いずれ分かるから…じっくりいこう」と返答…

…何故かそういうタイプの先生でも、上達する生徒はでてくるものなのです。

このあたりが「教える」という仕事の面白いところです。

もちろん、まったく理論が無い場合、探究心旺盛な生徒さんは自分で答えや理論を探さなくてはなりません。「先生が自分の質問に適切な解決法を与えてくれない!」と不満を持つ場合が起こりえます。

上記のようなことを、「ギター教師選び」を転居先などでしなければならない生徒にはざっくりと説明します。

まあ、聞けば聞くほど、まとまらないものなのですが…。新しい先生に就いてしばらくすると、その先生のタイプが分かってくるものでしょうし、もしかしたらBのタイプのように見えるけれども、じつは△離織ぅ廚覆里任呂覆い?…という風にチェックできるでしょうから…。

最終的には、先生との出会いは「運」です!

「縁」です!

…まあ、そういう結論で…勘弁してくださいね。

去っていく生徒さんには、全てに面において良い縁があるように…願うばかりです。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ