ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

月イチ企画

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ビウェラとHD(勉強って大事です!!)

最近、CDデータを外部ハードディスクに移しています。

なんだかんだ、クラシックギターのCDだけで膨大にあります。現在ざっと数えただけで、1000枚以上はあります。そのほかに普通のクラシック音楽のものを同じくらいありますね。

とりあえず、クラシックギターだけはiTunesにいれてしまおう…と思っているわけです。

これで、だいぶ音源を捜す手間が省けるはずです。

iTunesに自分の脳内データベースの代わりをしてもらおうという発想ですね。

 

明日は教室イベントです。

月イチ企画です。

ビウェラのレクチャーです。講師は永島志基さん。

まだ席に余裕があります。今からでも御予約をどうぞ。

メールにてお名前と人数をお知らせ下さい。

tommig@livedoor.com

詳細はこちらにて。

 

今、明日のプログラムを作成したところです。

タイトルを見ただけで興味をそそられます。以下のような感じ…。

 

ビウェラとは〜いつ、誰が発見したのか?世界に何本残っているのか?

「牛を見張れ」って何?何曲ある?

ソルの生きた時代、ナポレオンとソル

知られざる後期作品、ハーモニクスの謎

etc...

 

…どうですか?

ギターを弾く人なら、興味をそそられるテーマばかりですね!

喋りがとても上手な永島志基さんです。且つ本人曰く「凝り性」だそうで。

クラシックギターをやる人であれば、必聴のレクチャーです。

いやあ、楽しみです!!

 

クラシックギターのレパートリーっていうのは、とっても広いです。

少しずつでも勉強していかねばなりません。

特に教えている人は、教えながら様々なレクチャーとか講習会とかに参加して知識を蓄えていかなければなりません。

普段教えていてナルバエスの「牛を見張れ」とかムダーラの「ファンタジア」とかを生徒にレッスンしているギターの先生…多いはずですね。

しかし、その元であるビウェラ音楽について知識がある人…少ないのではないでしょうか?

そして、実際の「ビウェラの音色」を知っている人も極めて少ないはずです。

 

今回の永島志基さんによるレクチャーはその「穴」を埋めてくれるものでもあります。私自身の勉強のために頼んだイベントでもあります。しっかり勉強しようと思います。

(明日、希望者にはビウェラをいじらせてくれるコーナーも用意してくれているようです…個人的にはそれが1番の楽しみ!…だけど、ビウェラ欲しくならないように気をつけよう…)

 

BLOGランキング(今このブログは何位かな?)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

ビウェラって何?〜4月の月イチ企画

ビウェラっていうのは楽器です!!

こんな楽器です。

ビウェラ

 

 

美しいです!!

 

もちろん、写真のものは、国宝級のもの。

現存するものは数が非常に少ないのです。

そのくらいふるーい楽器であるということですね。

 

 

 

 

 

 

来週の日曜、4月12日の当教室主催の「月イチ企画」で「ビウェラ」を見ることができます(あ、この写真のものではないですからね)。もちろん演奏も聴くことができます!

演奏とレクチャーは永島志基さんです。 

ナルバエスやミラン、ムダーラなど…もともとはクラシックギターのオリジナル曲ではありません。スペインの古楽器である「ビウェラ」の曲なのです。 それをビウェラの響きで聴いてみたいなあ…という私個人のリクエストが、そもそもこの企画の始まりでした。

それならば、もうちょっと時代を進めて、19世紀までいってしまおう…それも当時のギターで演奏すると面白いのではないか?…ということで、ギタリスト永島志基さんの協力によって実現したレクチャーコンサートです。

そもそもビウェラってどういう感じの楽器なのか?

…当時のスペインの音楽について…志基さんに解説していだだきながら、みんなで勉強しましょう!!(単純にコンサートと思って楽しんでいただいても勿論OKです!)

 珍しいコンサートですので、滅多に聴けません。この機会を逃さないように!!

期日:2009年4月12日

会場:渋谷リフレッシュ氷川

料金:4,000円(当日会場にてお支払いください)

申し込み:必要です。メール(tommig@livedoor.com)へお名前と人数をお知らせ下さい。

 

下記に当日の演奏予定プログラムを掲載しておきます。

 


 

ビウエラ&19世紀ギターレクチャーコンサート
「スペインの光と影」
●はじめに
パヴァーヌ/L.ミラン

●ビウエラとは
ファンタジア/A.ムダーラ

2つの「牛をみはれの主題によるディフェレンシアス」
牛をみはれの主題によるディフェレンシアス/.ナルバエス
ロマネスカ(牛をみはれの主題によるディフェレンシアス)/.ムダーラ

●ナルバエスが本当に影響を受けた作曲家達
ジョスカンの「千々の悲しみ」による皇帝の歌/.ナルバエス
リシャフォールの歌「メランコリーに身をゆだね」/.ナルバエス
ジョスカンのミサ、フザン・ルグレから「サンクトゥスとホザンナ」/.ナルバエス

-------------------------------------
休憩----------------------------------
19世紀ギターとは

アダージョ/D.アグアド

●ソルの生きた時代
3
つのメヌエット/F.ソル
モーツアルト「魔笛」の主題による変奏曲/F.ソル

●知られざる後期作品
村の幻想曲Op.52/F.ソル

●ソルの晩年
セレナードOp37より第一楽章と悲歌的幻想曲Op59より葬送行進曲/F.ソル


そして、5月の月イチは再び「ギター奏法の基礎の見直し」です。

担当講師は富川勝智です。正式タイトルは「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先まで』です。

もうちょっと先までいけるかどうか…まあ、いいです。何回でもゼロから説明します。

2009510日(日) 930分〜12時 多目的室C

講師:富川勝智

講座名:「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先へ」

内容:1月と3月に行なった「ギター奏法の基礎の見直し」に出席した方を対象により具体的な練習法などを勉強していきます。まったくゼロから説明いたしますので、「ギター奏法の基礎の見直し」に今まで出ていない方でも大丈夫です。

費用:参加費 2000

準備物:ギター及び足台

申し込み:事前申し込み必要なし。当日会場へ直接お越し下さい。

 

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ビウェラのレクチャーコンサート!(4月の月イチ企画)

来月、4月の「月イチ企画」はギタリスト永島志基先生によるギター演奏付レクチャーコンサートです。

ナルバエスやミランなど…もともとはクラシックギターのオリジナル曲ではありません。

スペインの古楽器である「ビウェラ」の曲なのです。

それをビウェラの響きで聴いてみたいなあ…というのが、そもそもこの企画の始まりでした。 それならば、もうちょっと時代を進めて、19世紀までいってしまおう…それも当時のギターで演奏すると面白いのではないか?…ということで、ギタリスト永島志基さんの協力によって実現したレクチャーコンサートです。

そもそもビウェラってどういう感じの楽器なのか?…当時のスペインの音楽について…永島志基先生に解説していだだきながら、みんなで勉強しましょう!!

(単純にコンサートと思って楽しんでいただいても勿論OKです!)

 珍しいコンサートですので、滅多に聴けません。この機会を逃さないように!!

期日:2009年4月12日

料金:4,000円(当日会場にてお支払いください)

申し込み:必要です。メール(tommig@livedoor.com)へお名前と人数をお知らせ下さい。

※プログラムを記載しておきます。


ビウエラ&19世紀ギターレクチャーコンサート
「スペインの光と影」
●はじめに
パヴァーヌ/L.ミラン

●ビウエラとは
ファンタジア/A.ムダーラ

2つの「牛をみはれの主題によるディフェレンシアス」
牛をみはれの主題によるディフェレンシアス/.ナルバエス
ロマネスカ(牛をみはれの主題によるディフェレンシアス)/.ムダーラ

●ナルバエスが本当に影響を受けた作曲家達
ジョスカンの「千々の悲しみ」による皇帝の歌/.ナルバエス
リシャフォールの歌「メランコリーに身をゆだね」/.ナルバエス
ジョスカンのミサ、フザン・ルグレから「サンクトゥスとホザンナ」/.ナルバエス

-------------------------------------
休憩----------------------------------
19世紀ギターとは

アダージョ/D.アグアド

●ソルの生きた時代
3
つのメヌエット/F.ソル
モーツアルト「魔笛」の主題による変奏曲/F.ソル

●知られざる後期作品
村の幻想曲Op.52/F.ソル

●ソルの晩年
セレナードOp37より第一楽章と悲歌的幻想曲Op59より葬送行進曲/F.ソル


そして、5月の月イチは再び「ギター奏法の基礎の見直し」です。

担当講師は富川勝智です。正式タイトルは「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先まで』です。

もうちょっと先までいけるかどうか…まあ、いいです。何回でもゼロから説明します。

2009510日(日) 930分〜12時 多目的室C

講師:富川勝智

講座名:「ギター奏法の基礎の見直し〜もうちょっと先へ」

内容:1月と3月に行なった「ギター奏法の基礎の見直し」に出席した方を対象により具体的な練習法などを勉強していきます。まったくゼロから説明いたしますので、「ギター奏法の基礎の見直し」に今まで出ていない方でも大丈夫です。

費用:参加費 2000

準備物:ギター及び足台

申し込み:事前申し込み必要なし。当日会場へ直接お越し下さい。

 

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

基礎テクニック講座について(3月の月イチ企画)

今月の月イチ企画は「基礎テクニックの見直し」です。私、富川勝智が担当します。

(考えてみると来週の日曜ですね。22日です。)

この講座をやろうと思ったのは、まずは「自分が普段教えている生徒たちへの奏法のまとめ」をしたいという気持ちがあったからです。

通常は個人レッスンで各生徒の『癖』に合わせて指導をしています。なので、指がしっかりと第一関節から動かないなあ…という生徒に対しては、やはりアポヤンドを集中的に指導する場合もあります。

入門者へは和音のフォームを用いて、右手各指を独立して動作させるタッチ…つまりアルアイレですね…を中心に指導したり…。

手首を突き出す癖(悪癖!!)の生徒さんには、わざと手首をへこますように(逆方向へ意識を導くことによって矯正する)指導したりします。

つまり私の頭に内部にある理論に則って、各人の癖を矯正する、もしくは良い癖を身につけさせる…というアプローチで処方箋を与えていることが多いのです。

…なので、個人レッスンの場では「基本理論」を語ることはあまりありません。それをレッスンの場で段階的に基礎から伝授することは時間の関係で非常に難しいのです。

もちろん、ときには理論を説明することもあります。それは実は入門時に済ませてしまうことが多いのです(『今からいうことはギターを弾く上で最も大切なことだからね!』って前置きして入門から2回目〜3回目あたりで説明してしまうのです…99パーセントの人が忘れます…が、それでいいのです)。

ある程度レパートリーが進んでくれば、その中でたまにタッチに関してアドバイスすることもありますが、やはり曲の分析だとか、表現への指導が主なものになってしまい、生徒さん本人にとっても「奏法の基礎理論」の重要性は各自のランクのなかで下位のほうにいってしまうものなのです。

つまり、「奏法の基礎理論」の大切さを身に染みて分かる機会を設けようと思ったのです。

最終的にギターで「良い音色」「様々な音色のバリエーション」を「安定して」実現できなければなりません。それができなければ、いくら頭の中に素晴らしいイメージがあったとしても、実際の音で「語る」ことができないからです。

音色のコントロールの正しい方法、そして合理的な身体の利用…この両者のコンビネーションを徹底的に段階的に説明することが必要であろう、と私は考えたわけです。

1月の月イチ企画では、ami各指のタッチで終了してしまいました。なので、3月はもうちょっと先まで行こうと思います。pの機能…ぐらいまではいきたいかなあ、と考えています。

どちらにしても、「最初から」説明します。この「最初」の部分が理解できれば、各自でギター奏法というものを構築していくことも可能です。

私が思うに、奏法というものは自己の肉体そして精神との対話です。

「いま、この動きはどのように処理されたのだろう?」

「出た音はこれでいいのだろうか?」

「実際に楽曲の中でこの奏法は有効なのだろうか?」

…上記のようなことを考える上での「理論」「目安」が必要なのです。それができれば自分でギターテクニックについて研究していく礎ができるのです。その礎をより確かなものとしていくために、身体メソッドとしてはアレクサンダーテクニークやアンドーヴァー(日本ではギタリスト井桁典子先生がレッスンしています)やカルレバーロ奏法や各種奏法があるわけです。

しかし、それらのことを統合するためには、「根本」を知る必要があります。その根本を見失うと、身体と精神を統合することができなくなります。つまり柔軟性がなくなってしまうわけです。(このあたりは頭のいい人だけ理解できればよいです)

 

1月の基礎講座に出た方も是非、出席することをお勧めします。再出席をお勧めする理由として、前回出席してくれた生徒さんからのフィードバックもあるからです。

「基礎を見直してみて、こういう効果があった!」とか「これじゃ駄目ですか?」とか、「具体的にこんな練習を考えてみました!」とかです。

それらを還元したいと思っております。なので、あたらしいアイデアが含まれている講座内容になると思います。期待していてください。

クラシックギター奏法に関して、きちんとした知識を得たいという方…是非参加してみてください。

門下問わず、多くの方の参加をお待ちしております!

 

講座名:「ギター奏法の基礎の見直し」

期日:2009年3月22日(日)午前9時30分〜12時

場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

参加費:2,000円

準備物:クラシックギターと足台

申し込み:不要。当日会場に直接お越し下さい。参加費も当日徴収いたします。

より詳しい詳細は下記でもご確認いただけます。

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html

 

事前に「こういうことを知りたい」などリクエスト、質問などあれば、下記メールにお送り下さい。

tommig@livedoor.com

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

3月の月イチ企画(ギター奏法について)

ギター奏法についての「基礎の見直し」を1月の日曜ワークショップ(通称“月イチ企画”)で行ないました。

約2時間強の講義でした。

みなでギターを持ち、ギターの奏法理論を根本からチェックしました。

その様子はこちらでご覧下さい。

http://guitar.livedoor.biz/archives/51839099.html

 

何故ギターから音がでるのか?

どのようにして音色を変化させるのか?

右手の指の動かし方と機能は?

右手の爪の削り方は?

…上記の点を最新の研究をもとにレクチャーいたします。カルレバーロ奏法、ターレガ奏法、セゴビア奏法…様々な「奏法」(流派?)がありますが、特定の奏法に帰属したレクチャーではありません。

そのいずれも奏者自身の「合理性」に基づいた奏法であり、その根本にある思想は同一です。

「弦=振動」であり、できるだけ身体の構造に合致した動作でその「振動」を「音色」に変換する方法を学んでいただく講座です。自分に合ったフォームを探すためのヒントを伝授いたします。

奏法を考えるためのヒントを与える講座であると考えて下されば結構です。もちろん具体的に音は出していきますし、個人へのアドバイスもいたします。

門下問わず、多数の方の参加をお待ちしています。

期日:2009年3月22日(日)午前9時30分〜12時

場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

参加費:2,000円

準備物:クラシックギターと足台

申し込み:不要。当日会場に直接お越し下さい。参加費も当日徴収いたします。

より詳しい詳細は下記でもご確認いただけます。

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html

 

事前に「こういうことを知りたい」などリクエスト、質問などあれば、下記メールにお送り下さい。

tommig@livedoor.com

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ