ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

極楽クラシックギター

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

著作に思う事〜2005年に書いたもの

かつて、ヤマハさんの出版物「極楽クラシックギター」というものにクラシックギターの奏法について書いた事があります。
約20ページほどのクラシックギター「小」教本とも呼べるものでしたが、なかなかの好評でした。おそらく現代的なギター奏法をかいつまんで紹介した「初めての」「一般むけ」本格的な教本だったのではないかと思います。

指の機能や身体のバランスを考えて奏法を基礎から学んで行く…という観点は2005年当時において一般向けの方へのアプローチとしては皆無でしたので。

こんな本です。



いまは絶版です。

なぜ、この本を今更ながら思い出したかと言えば、ここ数ヶ月の間で入会された生徒さんのなかに「この本でクラシックギターの奏法を再確認した」とか「かつて習った奏法理論との違いに愕然とした」とか…そう仰る方が多かったからです。3名ほどいました。

もうかれこれ5年以上も前に出版されたにもかかわらず、みなさん、この本で私が書いた事を熟読し、研究し独習してくれていたわけですね。

なので、引っ張りだしてきて、「どんなこと書いていたのかなあ?」と思って見直してみました。





…いまなら、もっと上手に説明できるかな?という部分もありますが、基本として間違ったことは言っていないようです。簡潔ながら、よくまとまっていると思います。仕事柄、いまでもクラシックギター教本の基礎テクニック部分などを「どのように書いているかな?」とリサーチしますが、たしかにこの本ほど「きちんと」説明しているものってないんじゃないかな?…と思います。

スコット・テナントのパンピングナイロンなどある程度専門家向けのものはありますが、一般向けで且つ「きちんと現代奏法を説明したもの」って今でもほとんどありませんから。

著作というのはほんとに面白いものです。この本と同様に、生徒さんが私がかつてアレンジした楽曲などをレッスンにもってきてくれたりすると、「ああ、そんなのあったなあ!」なんて思い出します。

富川勝智

Facebookページも宣伝



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



今日はオフで

今日はレッスンはなし。
青葉台のレッスンがないので、自動的に休み。
そういう時は自宅のレッスンもなくしてしまえば、
丸一日完全オフ。
 
とはいっても原稿やら練習やら
手を出してしまうので、傍からは休みには見えないでしょうね。
 
ということで、夕方から無理やり外出。
本屋めぐりをしてみる。
 
やはり気になるのは「極楽クラシックギター」が
売れているのかどうか。
 
そんなこともチェックしながら、本屋めぐり。
最近 文教堂書店がかつて東急インがあった場所にできた。
そこも行ってみる。
 
2階にカフェがはいっていたが、これが
代官山近辺の移動カフェとしてブームとなった
「motoya」である。
 
移動カフェではなく固定カフェになったらしい。
 
結局文教堂で本を2冊ほど購入。
 
途中、行きつけのラーメン屋でワンタンメンを食す。
 
そんな、ギタリストの午後でした。
 
 

執筆とギタリスト

数年前より締め切りの無かった月がない。
現在残り1本の原稿の締め切りを抱えている。
 
先月は結構ヘビーで、
現代ギター誌&ヤマハの原稿が合計で約2万字。
字数にしてみると、凄いね。
 
本日の青葉台でのレッスンの帰り、本屋に寄ってみた。
「極楽クラシックギター」も並んでおり、一安心。
皆様、是非お買い求め下さい。
 
雑誌扱いなので、おそらく店頭での寿命は短いです。
 
現在の締め切りは現代ギター誌での
「レパートリー拡充講座」・・・
 
現在連載中の「アルベニスの生涯」の連動企画で、
アルベニスの楽曲を解説することになっています。
 
下書きはできているのだが、
やはり締め切りぎりぎりまで、
あーでもない、こーでもない、と
見直してしまう。
 
何度読んでも不満な部分が残るものです。
 
と、このような作業を数年間続けてきて、
ホームページ内の文章も含めると、
おそらく膨大な字数を書き散らしていると思う。
 
ちょっと前までやっていた「ギタリスト辞典」の翻訳も
恐ろしいほどの字数だ。今度しっかりカウントしてみよう。
 
 

極楽クラシックギター

やっと出ました!この本のなかで、クラシックギター講座を私が執筆を担当しています。極楽クラシックギターを見てね!

(株)ヤマハ・ミュージックメディアから出版されている

「極楽クラシックギター」というタイトルです。

「Go!Go!GUITAR」という月刊誌の6月号増刊です。

 

私が執筆を担当したのは

「はじめてのクラシックギター」

「ステップアップテクニックガイド」

上記2つです。

「はじめてのクラシックギター」では、構え方から弾弦の理論、爪の形について、など基本の「き」を、わかりやすく説明したつもりです。

おそらく市販の教本が扱っていない「理論」までフォローしてあります。

クラシックギターの奏法理論の基礎が知りたい方にもお勧めです。

 

「ステップアップテクニックガイド」では、スラーやセーハ、トレモロ、運指などについてポイントを簡略にまとめてあります。

これも理論的に、かつ判りやすいように書きました。

特にセーハ練習法には日本未紹介(?)の方法まで書いておきましたので、中級者以上の方にお勧めです。

一応、上記の講座の内容に準拠したCDもついています。私の愛器、アルカンヘルの音を聴きたい方もどうぞ。ある意味、貴重な音サンプルですので、DJの方にもお勧め(本当?)。

この雑誌には曲集もついています。選曲とCD録音は日渡奈那さんです。

奈那ちゃんはかつて、私が学生ギターコンクールの大学生の部で優勝したときの、高校生の部1位(だったと思う)。

現在はオスカーギリアに師事。とっても美人です。おそらくクラシックギター界10本指に入る美人。

雑誌巻頭には木村大君、フラメンコ奏者の沖仁さんのインタビューが載っていますが、奈那ちゃんのグラビアを載せたほうが売り上げが伸びるのでは?・・・などと考えてはいけません。

とにかく1470円という値段で、ギター講座、楽譜、録音とついていますので、是非ともお買い求めください。

一般書店、楽器屋さんでどうぞ。

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ