ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

消音

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

マリアルイサの消音について

以下のような質問をメールにて頂きました。メールをくれた方は現代ギター社「クラシックギター名曲てんこもりブック」を見て勉強しているようです(私が奏法解説を担当しました)。みなさんにも共通する疑問でもあるでしょうから、ここに共有しておきますね。

マリアルイサの消音について御聞きします。2、3、6、9小節の四分休符、5小節の全休符などは消音しないといけないのでしょうか?

回答:2小節目のは消音する。3小節目のはしない。6小節のはしない。9小節目は消音する。5小節目の全休符は消音する(←これは絶対にする!)。

もう少し詳しく説明しておきましょう。問題はサグレラスの記譜の仕方にあります。簡単にいえば、この曲に関して伴奏についてはサグレラスはほとんど「音を弾くタイミングを記譜しているだけ」の場合が多いということですね。

まずはクラシックギター独奏の曲にとりくむときに、「曲が何声で書かれているか(記譜されているか)」を考えなければなりません。このサグレラスの楽曲の場合は「メロディーとその他の声部」というふうに記譜されています。

簡単に言ってしまえばメロディーと伴奏という分け方でしか書いていないということ。つまり実際の低音の音価は四分音符ではない可能性があるということです。

低音の音価(音の長さ)を明確に書き分けることはしなかったわけですね。それは、学習者の読譜のしやすさを考慮してのことかもしれません。もしくは「メロディーと伴奏」という書き分け方さえしておけば、低音の音価を考えなくともメロディーとの兼ね合いで「自然な伴奏の形」をイメージしてくれるであろうと期待したのかもしれませんね。
 

もし、この曲を二重奏に直す場合に、最初はAm、その次はE7というコード伴奏となると思います。ではその伴奏をとるときに低音を伸ばし続けるか、伸ばし続けないかはメロディーとの兼ね合いで決まることになります。
原則として同じ和音ゾーンのときは低音は維持したほうがよいです。例えば、Amの和音の場合、低音のラの和音は鳴り続けていた方がよいということです。


私の場合の処理を書きます(上記の回答は以下の考え方に拠っているということです)。2小節目は、ラシドミラシと冒頭のフレーズがスタートし、それをドで受ける部分です。コードはAmです。ここの低音ラは二拍目まで伸ばし、12フレットのミの音がでると同時に消音します。
そうすることでメロディーの最高音の印象が強く聴き手に伝わります。次の3小節目の低音ミは一小節伸ばします。ここはコードネームで言えばE7なので低音が持続した方がよいと思うからです。4小節目の低音ラも三拍伸ばします。これも同じ和音の場合、特別にメロディーを印象深くしたいのでなければ同じ和声のゾーンではバス(低音)は持続していたほうがよいという理由からです。


また五小節目でラシドミラシが登場します。この時、前の小節で鳴っているラの低音は消音します。「さあ、またこのメロディーが始まったよ!」という部分ですので、曲冒頭部分と同じ雰囲気にしなくてはいけません。つまり「メロディー以外の音は必要ない」ということです。

さて、この第二フレーズ目のあと6小節目の低音の処理は意見が分かれると思います。私の結論からいうと低音は三拍伸ばします。最初のフレーズではメロディーのドのあとにミまで音が「上がります」。冒頭のラから考えればおよそ一オクターブと4度分の音程の上昇があったわけです。しかし、6小節目ではドから徐々にメロディーは下降していくわけです。つまり、ドーシーラと順次下降していきます。言って見ればこのシはドとラの音をつなぐ接着剤的な役割しか果たしていません。なので、この音にアクセントを与える意味はないわけです。なので、ここはAmの低音であるラが持続していたほうがよいというのが私の結論です。

もちろん、Amという和音からみれば、シの音は非和声音ですので、それを印象深く聴き手に聞かせたいという場合は、低音ラを消音しても構いませんが…
 

楽曲が何声で書かれているか、そして、実際に作曲者は何声を意識して曲を書いたのか?…このことを考える事が、クラシックギター学習において実に大切なことです。ソルなどは厳密に声部を書き分けていますので、そのあたりを研究してみると声部で考える重要性がわかってくるかもしれません。

富川勝智

Facebookページも宣伝



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

日曜ワークショップ(基礎テクニック&右手の消音アクションとフォーム)

1月23日は当教室主催の月イチ講座でした。ちょっと遅くなりましたが、レポートを。。。

(月に1回行っているクラシックギターの公開講座です)
(随時参加者募集中です!)

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html

さて、今回のテーマは右手について。

具体的にはPのタッチについて重点的にトレーニングをしてみました。

クラシックギターを弾くときにやはり重要なのは、右手の消音技術です。特に右手親指P指による直接消音、間接消音は必須の技術であることはいうまでもありません。

そして、それが「どのような状況下」であっても実現できなくてはいけません。Pのアポヤンドで消音すると右手のフォームが崩れて和音が弾きにくくなる・・・とか、Pの背中で消音するとimaのアングルが崩れてちゃんと弾けない・・・というのでは困ります。

逆にいうと、実はPの消音がスムーズにできることを前提に右手のフォームを形成していかないと、無駄に終わります。だから、初心者用教本の冒頭にある「右手のフォーム」とかそういうものは「おおまかな目安」として捉えておくほうがベターです。

最終的に正しいフォームは、クラシックギター演奏に必要となるさまざまな知識や技術が得られたときに体得できるものなのです。

上記「クラシックギター演奏に必要となるさまざまな知識や技術」のなかで私がもっとも重要なもののひとつにやはりPの消音技術があります。

下記が当日のレジュメ&トレーニング譜例。

月イチ教材








もちろん、ちゃんとした音色がでなくてはいけません。なので、ギターの弾弦理論を基礎から説明してから実践的なトレーニングを当日は行いました。

pの消音アクションがimaと完全に独立で可能となり、そして、音も明瞭にしっかりとできるようになれば、基本的なフォームはだいたいできたことになります。あとは少しずつ音色のバリエーションを増やしていけばいいのです。

上記のことがあまり理解できないなあ・・・という方のために参考書をあげておきます。

ギター・だ~いすき3 新 ギター・メソッド
著者:村治 昇
現代ギター社(1998-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この本の78ページから79ページにおいて「アパガード(消音)」をテーマとした基礎練習が掲載されています。しっかりと分類されています。この本は「中学生・高校生以上のための」となっていますが、実はこの消音技術については、できるだけ早い時期に習得させたほうがよいのです。

それはアマチュアの方でも一緒です。

消音の技術を知らないで数年ギターを勉強し、まったく「音楽的に使い物にならないフォーム」を身に着けてしまう方も多いのです。気をつけましょう!



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン覚書ミニ〜2010年7月12日〜14日

  1. 装飾音。音を聞いていない人が多い。非和声音と解決の概念を理解しなくてはただの指先の動きにしかならない。最後の音も大切に。次の音にしっかりと「つないで」いくように。
  2. ラモー。西洋音楽を勉強している人であれば、どのような業績をあげた人か・・・知っておいて損はない。そこから楽曲をどのように攻めていくかを考えるヒントを得ることもできる。
  3. 自分が演奏している曲の作曲家については最低限、どの時代の人か・・・どのようなスタイルの人か・・・どの国の人か・・・くらいは調べておいてほしい。
  4. 情報や知識というのは大事だ。先生が限られた時間の中で教えられる情報は限られている。そして、先生がいったことを「自分の知識を結びつける快感」をもてる生徒が伸びる。
  5. 先生に自分が抱いた疑問ばかりをぶつけてはいけない。上記で書いたように自分で調べたこと、疑問に思っていること・・・を「各自の中で結びつける」ことが学ぶことの楽しみなのだ。それを誤解して「なんでも質問してよい」と思うことは、先生が見た客観的な判断とその導きを否定することになる。「学ぶ」ということを学ぶべし。
  6. カルカッシ25の1番。スケール練習ではあるが、左手による開放弦の消音という課題も含まれている。しかし、最初は右手のタッチに集中して行うのがよい。明確な音で、輪郭のはっきりとしたタッチで行うべし。
  7. アルペジオ練習。1週間に一度でもいいので、基本的なアルペジオの型をメトロノームでスピードを測定して記録しておく。「あ!これ以上目盛りあげると、コントロールできないな!」というタイミングは毎日練習していればわかってくる。それがわかってから、数値を記録していく。2年くらいつければ、着実にテクニックが安定していくのがわかるはず。それが「基礎練習の大切さ」を実感する根拠となる。
  8. aの指は小指から先に動かすこと。これが原則。
  9. フラット系のキーの曲はできるだけ多めにやっておこう。
  10. 何度でも同じことを繰り返す。それが定着するまで。だまされたと思ってやること。定着したときに、その大切さがわかるはず。
  11. アストゥリアスの中間部。雰囲気で弾く人が多い。しっかりとカウントし、リズムのプロポーションを感じること。実に動的に感じるはず。
  12. 入り江のざわめき。右手のスタッカートを明確に。プランティングの技術がしっかりと身についていれば問題なくリズムはでてくる。
  13. 入り江のざわめき。メロディーがはいったところ。伴奏部分とメロディーをばらして弾いてみる。メロディーの伸びをしっかりと感じること。伴奏はメリハリをもって・・・。両者合わせる前にこの感覚をもっておくとよい。
  14. かならず、終わっていない課題のページを開くこと。まだOKが出ていないにもかかわらず、そのページをレッスン開始時に開かない人は多い。
  15. 消音法。坂場圭介さん式の言い方。「あとどめ」。便利。応用すれば「先止め」もある。スタッカートなどにも応用できる。消音の基本は「同時止め」であるけれど、レガートにつなぐことを考えると基本は「後止め」ということになる。
  16. プラッテン「ひな菊」。pによるアポヤンドによる消音、pの背中による消音のためには最適の練習曲。比較的早いテンポの曲であるので、バスの進行を示す(和声を示す)音の切り替えは迅速且つ正確に行われるべき。上記、「後止め」も登場するので、探すべし。
  17. コスト、「舟歌」。この曲も低音の消音に注意する。休符の位置を意識。直接消音でも間接でもよい。次の音を弾くための準備も考慮すること。6弦を消す場合でも直接でなく間接、つまりpの背中で消しておけば、次音が5弦の場合は「セット」(準備)されることになり効率が良い。
  18. ブローウェル。シンプルエチュード。13番。movidoのニュアンスを考えるべし。スラーによる「波のようなうねり」でもよい。比較して14番のallegroのニュアンスは?・・・よりメロディアスでフレーズの対比の面白さを前面に出してもよい。そして、そのことが表現できるテンポ設定を考えることである。
  19. ブローウェル上記14番。4分の3、4分の2、4分の3で構成されるフレーズ。このリズムが突っかかって聞こえるかもしれないが、それをしっかりとインテンポに収めるべし。収めたあとに感じる違和感・・・2拍子から3拍子へと乗り越えていく部分に「意識的なアクセント」を含ませていくようにする。これがグルーヴとなる。
  20. アルペジオを練習する際に、p-iとp−aの「枠」を意識するとタッチが安定する場合が多い。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

明日は「消音」について学びます!

さて、最近ブログの更新が滞ってましたが、それはちょっとパソコンの調子が悪かったからです。暑いとPCの調子が悪くなりますね!

普段、けっこうPCは使い倒していますので、かなりの負荷がかかっているのでしょうね・・・。

今週の水曜はアドリアン・ファン・デル・スプールさんの「南米音楽とバロック音楽」の講義の通訳兼進行役もやってきましたが・・・レポートは後日ということでご勘弁を!

ますは明日の告知です!

明日は当教室主催の勉強会・・・「日曜ワークショップ」です。

講師は坂場圭介さんです。理論派のクラシックギタリストによる講義です。

是非、アマチュアの方からプロの方までご参加ください!

以下レジュメです。


ギターの奏法論においては、技術論、運指論、表現法など「如何に音を出すか」に重点がおかれますが、他方で「如何に音を出さないか」についてはあまり論じられることがありません。
近年取り沙汰されることの多い、海外演奏家と国内演奏家とのパフォーマンスの差異は、ある程度この「消音法」技術の優劣によるところが大きいように感じます。
今回の講座では、この「消音法」技術に関する基礎理論を展開し、愛好家・専門家志望のギタリストのレベルアップを図りたいと思います。
 
講義内容
1、消音とは
2、左手による消音
3、右手による消音
4、例外的な消音
5、応用と実践


日時は2010年7月11日(日)です。会場は渋谷リフレッシュ氷川。時間は午前9時30分〜正午までです。参加費は3,000円。

参加は事前申し込みなしで大丈夫です。

 ※会場などの詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。






BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

7月の月イチ(消音について)

さて、先日の日曜ワークショップは「関節」について行ないました。
来月のワークショップは外部から講師を招いての講義となります。

講師は坂場圭介君に頼みました。若いですが、素晴らしい演奏家であり指導者です。

さてテーマは「消音」です。以下講座のレジュメです。



ギターの奏法論においては、技術論、運指論、表現法など「如何に音を出すか」に重点がおかれますが、他方で「如何に音を出さないか」についてはあまり論じられることがありません。
近年取り沙汰されることの多い、海外演奏家と国内演奏家とのパフォーマンスの差異は、ある程度この「消音法」技術の優劣によるところが大きいように感じます。
今回の講座では、この「消音法」技術に関する基礎理論を展開し、愛好家・専門家志望のギタリストのレベルアップを図りたいと思います。
 
講義内容
1、消音とは
2、左手による消音
3、右手による消音
4、例外的な消音
5、応用と実践

消音というのは最終的に音楽的な理解力に依拠する場合が多いです。単純にバスの進行、和声の「濁りを避ける」ということから最重要基礎技術でもあります。

しかしながら、この消音技術について理論的に分類した教本は非常に少ないですね。

この際ですから、がっちりと整理しておきましょう!


日時は2010年7月11日(日)です。会場は渋谷リフレッシュ氷川。時間は午前9時30分〜正午までです。参加費は3,000円。

参加は事前申し込みなしで大丈夫です。

いまから予定を空けておきましょう!

 ※会場などの詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ