さて、一番多忙である今日のレッスンも終了。

一番最後の生徒さんは最近入会したばかり…。

今日は「先生、弦の張り方教えてください!」というので、家にあるギターを持ってきてくれました。

始めたばかりなので、とりあえずアコギで練習しているその生徒さん。で、押入れに眠っていたクラシックギターを引っ張り出してきて、さて弾いてみようかな?…と思ったら弦が切れていたのだそうです。

相当埃が積もっていたので、とりあえず、濡れティッシュで「荒療治」です(注:普通に綺麗な楽器では絶対に水分はNGですからね!)。

その後、乾いた布で拭きます。

そして…登場!

ミューズ君です!

ミューズオイル

先日、某楽器屋さんで「お土産」に貰ってきたものです。

(某薬用石鹸と同じ名前ですなあ)

 

で、これを布につけて、こびりついた汚れを落とします。ピカピカです!

ああ、すっきり…。

それから新しい弦に張替え。…いい感じです。

 

押入れに眠っているギター…とか、ゴミ捨て場に落ちてあるギター…なんどか同じような作業をしたことがあります。とにかくピカピカになるようになるまで磨くのです。清掃作業ですね。

不思議にそうしたほうが、音もすっきりなってくるような気もします。気持ちの問題かもしれませんが…。

楽器屋さんの人は結構同じことをいいます。表面版に汚れとか手垢がついていないほうが鳴りが良くなるって。物理学上ありそうな…。

でも、気持ちのほうが強いですかね…?みなさんはどう思いますか?

 

あ、さて、明日は藤井先生の公開レッスンです。朝9時15分〜。

詳細はブログ記事にてご確認を。

http://guitar.livedoor.biz/archives/51849695.html

 

長い一日になりそうです。(今日こそは)早めに寝ます。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング