ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

演奏

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

2019年6月のあれこれ(演奏たくさん)

割と4月と5月は表に出る演奏が少なめの時期でした。
6月はどどーんとあちこちで弾きます!お時間ある方、あれこれ顔を出してみてください。

結構、面白いことやっております。バリエーション富んでるなあ 苦笑。

6月7日:イベロリベロ。中世古楽バンド、です。フィドル、パーカッション、歌、そしてギター(中世ギテルン)という編成。西荻窪の音や金時さんで。
フライヤ





















6月8日:僕の門下生で結成しているリオリコギターアンサンブルとしてフェスティバルで演奏します。下丸子駅。
20190608
























6月9日:パガニーニばっかりやります!学生券も設定しました。1500円+オーダーで。駒沢大学駅。
55600223_673557489730325_5797438484973092864_n































6月14日:CD「ギタートラベローグ」の販促イベントです。CD買った人も、これから買おうという人も!大阪です!入場料にCD付いてきます!(すでにお持ちの方は2000円)
20190614トラベローグ































6月15日:ギターデュオとギタートリオ。敬愛する2名の先輩ギタリストと弾かせていただきます。今年初めにやって大好評であったコンサートの再演です。もちろん新曲もある予定。これも大阪。
60836586_454348438661984_3749205952021135360_n































6月23日:ソロです。お話まじえてのんびりと弾いていきます。世田谷線世田谷駅のカフェ「冬眠」です。夏なのに「冬眠」です 苦笑。
フライヤ
















以上、6本の本番。それぞれに色が違いますが、どれも楽しめる演奏になるはず!
音や金時さん以外は予約は富川に直接でも構いません。(tomikawaguitar@gmail.com)




6/17 ギターアンサンブルフェスティバル満員盛況!

6/17は下丸子大田区民プラザにて開催された「ギターアンサンブルフェスティバル2017」にリオリコギターアンサンブルとして出演してきました。

入場無料とはいえ…ほんとうに満席!!!

19264218_1379464905475861_907161879_o







P1050722








詳しい演奏曲目はリオリコギターアンサンブルのブログにありますので、そちらをご覧ください。

会場にお越しいただいた方で毎年このフェスティバルで我々の演奏を聴いていただいている方からは、ますますアンサンブルの質が緻密になったという声をいただきました。「こなれてきた」のでしょうね。今回は長く弾いている楽曲を中心にプログラムを構成してみました。長く弾いている曲は、やはり演奏の質が安定してくるものです。惰性になってはいけませんけどね。

これで、しばらくリオリコギターアンサンブルの演奏予定はありませんが、毎月の練習は欠かさずに「仕込み期間」にはいりたいと思っております。

随時、上記ブログのほうで練習風景や新しい情報などアップはしておりますので、ご愛顧を。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



音楽表現学会〜仙台〜下北沢SEEDSHIP

6月中盤はあれこれどたばたしておりました。

6月8日〜9日:音楽表現学会に出席
10日:仙台にてライブ&東北福祉大学のゼミにてミニギターコンサート
15日:下北沢SEEDSHIPにて演奏

上記のスケジュールの合間に新CDのジャケットデザイン打ち合わせなど最終決定をしなければならないことが多くありました。寝る暇がなーい!(とかいいながら、がっちり寝てはいましたけど)

おおまかに記録しておきます。

8日〜9日。盛岡!音楽表現学会の大会に参加してきました!
R0025073











来年は奈良にて開催だそうです。たくさんのネタを持って来れました。19世紀のピアノ教則本について、ブラームスの「ずれ」について、日本語のリズムと欧米のリズムの違いについて…大会期間中は多数の分科会があって、その全てには出られません。自分の興味ある分野の発表を聞き、脳内で消化…ギターだったらどうだろうなあ?とかいろいろと考えることができました。
研究者の方々もとっても気さくで良い方ばかり!…疑問点などをいろいろと尋ねましたが、丁寧に答えてくださりました。たくさんの音楽表現に関する研究者の方と知り合いになれました。

その後、10日には東北福祉大学の渡会先生のはからいで、授業の一環として「クラシックギターミニライブ!」です。もちろんクラシックギターってこういう楽器なんだよー!っていうノリで授業風にやりました。学生さんたち、とっても好奇心旺盛!

同行した亀井貴幸さんとデュオ、それぞれのソロを演奏しました。
994280_662561940435922_1973785351_n










夜はライブです!
吹奏楽仲間が集まるバー、「宝島。」さんで!
御陰さまで、立ち見がでるほど!!

jp%2Fpds%2F1%2F201306%2F13%2F45%2Fb0206845_136978






 



アンコールの動画がアップされていますので、是非ご覧下さい。



…と非常に充実した東北ツアー(?)でした。

その後は東京へ。レッスン&練習の日々。

6月15日は下北沢SEEDSHIPにてライブです。女性シンガー達とのコラボです。
素敵なイベントスペースでした!
R0025093







出演したシンガーの方は以下。
石原有輝香さん
Kiilaさん
優理さん

上の石原さん&優理さんとはそれぞれ、ポカホンタスのテーマとROSEのテーマで共演。歌伴奏、楽しかったです。みんな上手でした。20代なのにみんなしっかりとしていて、歌に力があります。ファンになっちゃいました(苦笑)。最後には全員で「やさしさに包まれたなら」を!

私もソロで20分ほど弾きました。自編のユーミンやカーラ・ボノフの作品、バーデン・パウエルやクラシックギターの定番ものなどを。さらっと。あと自作曲も弾いちゃいました!

781534024












…とそんな感じの2週間でした。こう見てみると、バリエーションに富んだ2週間だなあ!

ギターが弾ければ、どこにでも行きます。あと誰とでも演奏してみたいなあ!…お仕事依頼はいつでも受付中です!

 

アルコイ(演奏会無事終了!)

11月6日はスペインのアルコイでコンサートでした。

6日の朝にバルセロナ・サンツ駅を出発。日本からネット予約をしておいたチケットも全自動で発券完了。もう窓口でやりとりする必要もないんですね。ああ、時代がかわったんだなあ…と思いました。

3時間ほどでバレンシアに着。電車の中も清潔です。かつてはなんとなく「薄暗い&ちょっと汚い」印象があったのですが、いまはエレガントですね。駅のなかも、そして電車のなかも。

バレンシアにはアルコイでコンサートを企画してくれた藤井浩さんが迎えにきてくれました。車で一路アルコイへ。1時間ちょいで着。それから食事。アルコイの伝統料理をどかんと食べました。

その後、演奏会場のシルクロ・インドゥストリアル(日本語で商業会館という意味かな?)に向かいました。

すばらしいホール!!

R0019669

それぞれのソロで前半。後半は池田慎司さんとのデュオで。

本番はたくさんの人が来てくれました。

さて、なつかしのカフェテリア・ゴヤで一次会。コンサートに来てくれた人には「一杯無料券」が配布されています。あれこれ懐かしい話で盛り上がりました。その後、場所を移して食事。ここでもみなでギターを弾き合いながら盛り上がりました。

夜遅くに解散。

今日、7日は朝からアルコイ散策。ホセ・ルイス・ゴンサレス先生の奥様を尋ねたり…あれこれしました。

明日はアンダルシアへ出発です。まだまだ演奏旅行は続きます!!

記憶と演奏(予測と裏切り)

最近、レッスンでよく言っていること、もしくは多くのアマチュアの方の演奏を聴いていて思うこと…それをテーマにちょっとしたブログ講座を行ないます。(だいたい3回くらいで終わるかなあ?…まあ、わかりませんが、ノンビリお読み下さい!)

音楽というのは繰り返されるパターンが基本にあります。

分かりやすいのは「ロック」ですね。だいたいがエイトビート…リズムの反復に安定感があります。そして、それが裏切られるとき、大抵Bメロがきたり、サビが来たりします。

ただし、それがイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ…と定型化されていくについて、それは「懐メロ」となっていくのですね。現在のロックはファンクや民族音楽、ラップ、サンプリングなどの新しい要素が盛り込まれていることが多いです。なので、60年代、70年代のロックに馴染んでしまった世代には、現在のロックは「ロックではない!」と思う人も多いはず。

 

さて、ここで、何を話したいかというと、音楽は全てパターンを認識した上で、それを「裏切る」要素を加えることで、絶妙な緊張感をかもし出しているということです。

一定のパターン…それは拍節感であったり、リズムのパターンであったりします。もしくはメロディーのパターンであったり…そして、そのパターンを聴き手は予測しながら聴いていくわけです。それは人間が記憶する動物だからです。

たとえば、ラララー…(一応ドレミで読んでみてください)というメロディーがあったとしましょう。それが2回繰り返される。

ラララー、ラララー

そうすると、聴き手はもう一度「ラララー」が来るんじゃないかなあ?と予測します。しかし、次にくるのが「ララソミー」と違うメロディーがくるわけです。「あれ?何か違うことが起こりそうだなあ…」と聴いている人は思う。

実はそれができるのは、過去に聞いた「ラララー、ラララー」を記憶しているからできるわけです。そして更に頭を使う人は、共通の要素「ララ」になにか意味があるんじゃないかなあ、って思うわけですね。

上記のように音楽というものを聴くとき、人は記憶をたよりに過去と現在進行形で展開されている音を結び付けて聞いているわけです。

そして、演奏家はそれらのことを「認知されやすい」ように表現していかねばなりません。更にいうと演奏家自身もまた、その音楽がその場で初めて誕生していくかのような「感動」をもって演奏しなくてはなりません。自分自身で、パターンと「パターンの裏切り」に「おお!そうくるか!」とか思いながら演奏しなくてはいけないのです。

もちろん、それは舞台の上で行なうべき作業であるわけですが。

譜面を読んでいるときに、演奏家は楽曲の中のそのようなパターンや裏切り、そしてそれらの要素が自身にあたえる「感情」を徹底的に分析し、それを聴衆にわかりやすいように表現するわけです。そしてそれらを表現しながらも、その感動を再体験しながら演奏するわけですね。単純に「与える側」として偉そうにしていては駄目!というわけです。

なによりも演奏というのは音楽を通じて何らかの感情(思想やイメージでもいいのですが)を聴衆と演奏家とか共有することが大切です。でかいことをいいますが、それが「人類愛」につながっていきます。音楽という媒介によって、「ああ、今ここにいる人は同じ感情を共有しているのだなあ…同じことを考えているんだなあ」と思えることが大切なのです。

 

私は通常のレッスンでも、上記のようなことを生徒に教えています。それはやはり「演奏すること」の意義を知ってほしいからです。

だから、自分がその作品の分析をできないで、感情は共有できるわけはありません。なので、生徒さんにはフレーズやモチーフなどは徹底して分析してほしいわけです。最初は段階的に…。やはり簡単なエチュードなどで分析する癖をつけるといいのですね。

そういう意味で、やはりギター作品のなかでは、ソルのエチュードや小品などは格好の教育的作品であるといえます。そして、そういう音楽の根源的な要素である「パターンと裏切り」が明確に示されている点において、ソルは天才的であると(やっと)最近分かってきました。

(余談)

ソルといえば、最近現代ギターがかつて出していた増刊号「ソル〜エチュードのすべて」(名著!)の焼き直し+増補改訂版がでましたね。

現代ギター 2009年04月臨時増刊号 ソル 練習曲と教則本全訳(準拠CD付)
現代ギター 2009年04月臨時増刊号 ソル 練習曲と教則本全訳(準拠CD付)
クチコミを見る

上記本はかつて出ていた(約20年前?)ものの増補版です。今回はCDもついて、お得です。

そして、何よりもソル教則本の全訳がとっても貴重!!

私も今回じっくりと読みましたが(英語では読んだことがあったのですが…)、ソル作品を演奏するヒントを又いくつか発見いたしました。

全ギタリスト必携です。

現代ギターのサイトもご覧下さい。

詳しい内容はこちら!

 

 

さてさて、上記の「記憶と演奏」記事の続きは…また次回!!

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ