ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

講義

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

師走のある日(アンサンブル指導&講義&忘年会)

師走とはよくいったもので、ほんとうに教える人稼業は年末、いそがしくなります。

日曜日も朝から晩までたっぷりと活動しました。

午前中は、アンサンブルの指導。
当教室生徒さんで結成しているアンサンブルの指導です。ブログがありますので、是非ご覧ください。
ブログ

さて、それが終わったら、日曜ワークショップです。ホセ・ルイス・ゴンサレステクニックノートについての講義です。テクニックについてたっぷりとみんなでおさらいしました。20名弱が参加。4時間弱講義。でも、まだまだ伝えたいことはありますね。

ビデオのほうもYouTubeにアップしました。手元などわかりにくいかもしれませんが参考にどうぞ。3つのパートに分かれています。

 

さて、午前から午後まで終わって、そのあとは教室忘年会です。

一次会のあとに渋谷の一角で記念撮影。



そして、あとからかけつけた生徒さんのために二次会、三次会へ。。。年末ですねー。

富川勝智

Facebookページも宣伝



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



スペインの音、ギターの音って?(7月3日ワークショップ)

6月25日の当教室主催チャリティコンサート、そして、6月28日のギター連盟主催のチャリティコンサートが無事終了し、ほっとしているところです。

さて、あさってですが、当教室主催でワークショップ開催します。

ちょっと面白いテーマです。

スペイン在住のギタリストである藤井浩さんのレクチャーです。
長年スペインに在住しクラシックギタリストとして、また現地の民族楽器であるドゥルサイナの演奏家、教授として活動している面白い人物です。

その経験を踏まえて、「スペインギターの音の真髄」というテーマで講義をしていただきます。

スペインギターの音って何?・・・と疑問を持っている方にはたくさんのヒントを与えてくれる講義となるでしょう!



2011年7月3日(日)午後2時〜午後4時30分
会費:3000円

講義テーマ:スペインギターの音の真髄

 

はじめに

 

これは私が留学以前から20年以上にわたって研究を続けている音についてのレクチャーです。特に92年にアルコイに渡り故ホセ・ルイス・ゴンザレス先生に学んだ音に対する執着心は今なお劣ることはありません。2009頃より騒音性難聴疾患を患ってからは前にも増して音に対する疑問にぶつかる毎日でした。現在でもまだその探求は続いています。今日お話することは私の見解であり他のギタリストや先生方には異論があるかと思います。また、私が学んだことは音に対する比重が多く、奏法やテクニックについては他の先生方にお任せします。今日は皆さんと一緒に音についていろいろなお話をしましょう。

 

(レクチャーの内容)

音の原理

 

良い音、悪い音〜好きな音、嫌な音

 

大きな音

聞き取りやすい音

わかりやすい音 

 

音と楽器のサイズ〜各弦と緊張感の関係

 

良い和音、悪い和音(解決について)

 

音の輪郭

発音と音の持続〜子音と母音の関係

音の組み合わせ(パーカッションの原理)

いろいろな組み合わせ

 

タッチと爪の役割

雑音右手

雑音左手

消音について

 

ギターを響かせる

ホールを響かせる

よく通る音とよく響く音

 

音の均一性について リズム考

次元の違う音

いろいろな音を秘めるギター

いかにギター独自の音、自分の音を引き出すか(マエストロの音)

 

質疑応答   

会場などの詳細、参加ご希望の方は下記リンクをご一読ください。

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html    


最近は、きちんとしたスペインの音を出せる奏者というのが減っています。それは、最近会ったマリア・エステル・グスマンさんも同様のことを話していました。日本はもとより、ヨーロッパですら、減っています。

先日、当教室で主催した神成理さんも、同様のことを話していました(実際、近年聴いたなかでもっとも感動したコンサートであったことは間違いありません)。

伝統というものにしがみつくのではなく、それをしっかりと踏まえて「音作り」をしていかねばなりません。そして、その音が確かな感動を生むのだと思います。

このワークショップ、スペインの音、ギターの音の本質を掴みたい方には必聴の講義となるでしょう。たくさんの方のご参加お待ちしています! 

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ






富川勝智

Facebookページも宣伝         

5月14日から16日:演奏、講義、審査

いろいろ忙しく動いています。

14日はフルーティスト山下兼司氏と演奏でした。もう何度も演奏しています。
今回は動画も撮ってみました。

何度でも共演したい奏者です。

 
 
そして、15日は午前中は日曜ワークショップ。全音版カルリ45のエチュードを用いて、ギターの基礎テクニックについて概説するという内容でした。

CI-144255998430151678

CI-98209998430151678


こちらのほうも動画を撮りましたので、近々概略版をアップするかもしれません。
このカルリの講座は来月6月19日に「Part2」を行います。
詳細は下記リンクを参考に。
http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html


さて、午後2時からはギター連盟のほうのワークショップ。
今後はギター史についての講義です。今日はバロック後期から古典期までを概観。2時間ほどでこの内容を行うのは難しかったですが、おおまかには伝えたいことは伝えることができました。

次回の日程などは下記を参照してください。
http://g-workshop.jimdo.com/


さて、16日(月)はGLC学生ギターコンクールの審査会がありました。
録音された課題曲を聴き、二次にいけるかどうか選考するというものです。
私は高校生、大学生の部を審査。

結果はサイトのほうに出ています。

http://www.glc-guitar.com/competition/performers/2011.html


このように演奏、講義×2、審査と忙しい3日間でした。




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 


富川勝智

Facebookページも宣伝

テーマは「指関節」!・・・6月の月イチ講座

さて、定期的に行なっている『誰でも参加できるギターテクニック講義』のお知らせ。

当教室では、毎月「日曜ワークショップ」というのをやっています。

2ヶ月に1回は私、富川勝智によるギターテクニックの講義となっております。今まで、たくさんの受講生に参加していただき、テクニックに関する「正しい考え方」をレクチャーしてきました。

今年にはいってからは、下記の本をもとにレクチャーを行なってきました。

ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート/手塚健旨・訳
著者:ホセ・ルイス・ゴンサレス
販売元:現代ギター社
発売日:1998-12-10
クチコミを見る

具体的な練習方法、実際にどのような指の動かし方をすればよいのか?・・・そして楽曲においてどのように使われるのか・・・を今まで講義してきました。

今回も基本的には同じ方向性で講義をすすめたいと思いますが、更に発展させた形で行ないたいと思います。指の関節について、その構造と機能を徹底的に説明し、それが既存のギターテクニックとどのようにリンクしていくか・・・を説明したいと思います。

これは3月に湯布院にて行なわれた講習会でレクチャーした内容に基づいています。

・・・ということで、そのとき書いたテキストを読み返しているところです。

091119_1728~01


















我ながら、一杯書いたなあと・・・こんな感じで、14ページ分あります。すべて指の関節のみの説明です。

もちろん、ギター奏法に関連したことです。私は解剖学者ではありませんから。

実際に湯布院ギターアカデミーで講義をしてみて、参加者さんとのワークショップにおいて気づいたことがたくさんあります。そして戻ってきてから自分の生徒さんたちとのレッスンの場で気づいたこともあります。

左手でいえば、こういう形の左手で押弦している人がいます。腱鞘炎一歩手前ですね。

ひきつる指














このような傾向をもっているギター愛好家の方はたくさんいます。しかし、指の構造を知り、ちょっとしたトレーニングをすることで、スムーズに「押弦ができる指の形」を作ることが可能です。

そのための講義であると考えてください。

我々プロが、試行錯誤や数多くの経験から「自然に築き上げてきた」もしくは「意識して作り上げてきた」フォームを、理論面から説明し、それを実際に身につけてもらうための講義です。

この関節に関する知識は右手のフォームにも応用できます。

(実は3月の湯布院での講義は右手に関してのレクチャーでした!)

興味ある方は、是非ご参加ください。


日時は2010年6月20日です。会場は渋谷リフレッシュ氷川。時間は午前9時30分〜正午までです。参加費は2,000円。

参加は事前申し込みなしで大丈夫です。

多数のご参加、お待ちしています!

 ※会場などの詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページをご覧下さい。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

テクニックとは?(昨日のテクニック講座について)

昨日は月一回行なわれている日曜ワークショップでした。
昨日のテーマは「ホセ・ルイス・ゴンサレステクニックノート」・・・とはいってもギターの演奏技術についての講義ですね。

2010年2月ワークショップ1














今回も多数の方に参加いただきました。

毎回、初めての方や教室外の方が増えていくことがとても嬉しいことです。

さて、講義の内容ですが、左手に特化して行ないました。

左手の「平行ポジション」についてです。それと左手の「3種のフォーム」についての整理しました。おそらくこれだけ知っていれば、ほとんどのギターレパートリーの和音や音階などを押さえるためのフォームの問題は整理できます。

今回、もちろんテクニックノートの該当部分である第3章と第5章を説明しました。

まずは「何のための練習なのか?」ということを確認。それから具体的に指の形が関節のロック(固定)などについて説明しました。その後手首の状態などのチェック方法なども確認。

それから具体例として、ソルやカルッリ、コストのエチュードの抜粋を用いて実践しました。

主に勉強したのは「左手の準備」です。そしてポジション移動が含まれる場合、正確に押弦を行なうためには左手のフォームの統一が重要であること・・・などを説明しながら説明を行ないました。

このフォームの統一は実に重要だなあと思いました。また別の機会に扱ってみたい項目ではあります。

そして、この実践編を通して、参加者はテクニックノートの練習を行なううえで注意すべき点をチェックできたと思います。テクニック練習というのは「実際にある楽曲を確実に演奏するために」あるわけです。

なので、実際にある楽曲で「注意すべき点」をテクニックノートの基礎練習においても注意しなくてはいけません。

このことが参加者の方には理解いただけたと思います。

2010年2月ワークショップ2














さて、次回のテクニックに関する講座は4月11日に決定いたしました。

来月の日曜ワークショップは外部から講師を招く会となっています。日時は3月7日です。講師はギター製作家の尾野薫さんです。ギターの仕組みについて説明していただくことになっています。


※詳細は富川ギター教室日曜ワークショップページでご確認ください。



ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート/手塚健旨・訳
著者:ホセ・ルイス・ゴンサレス
販売元:現代ギター社
発売日:1998-12-10
クチコミを見る




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ