ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

連載

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

モンポウとギター作品(GG新連載!)

現代ギター誌にて久々に(一年ぶりかあ…)連載を再開します。

タイトルは「セゴビア・アーカイブ細見」です。

現在ベルベン社から出ている楽譜の解説…といえば簡単ですが、もうちょっと踏み込んだ内容となっていますので、是非お読みください。

1920年代、セゴビアのパリデヴューは衝撃的なものでした。その演奏にギターの可能性を感じた多くの作曲家がセゴビアのために曲を書いたのです。しかしその全てが演奏されたわけではありません。

そして今イタリアのギタリスト、アンジェロ・ジラルディーノの尽力によってセゴビアが所有していた手稿譜を収集・整理し、運指をつけて出版されているのです。

このシリーズには全て浄書された譜面(ジラルディーノの運指がふられた実用版)とオリジナルの手稿譜のコピー(!)が添付されています。また作曲家についての詳細なデータも貴重です。

さて、私の連載はこの楽譜を参考にしつつ、もうちょっと踏み込んだ内容となっています。第一回はフェデリコ・モンポウの「アルフォンソ10世の2つの頌歌による〜歌と踊り」です。モンポウという作曲家の音楽史上での位置づけを概観し、ギターとの関わりについて書きました。また作曲スタイルの変遷などにも触れました。

もちろん、この手の記事を書くに当たっては、モンポウのギター作品についても触れねばなりません。

この連載では、とりあげた作曲家に関して(またその周辺の作曲家に関して)最低限、クラシックギターを専門的にやる人(プロ志望の方など)であれば知っていなければならないレパートリーを同時に取り上げる方針で行く予定です。

ということで、今回は下記のギター作品及び関連作品をとりあげました。

  • コンポステラ組曲
  • 歌と踊り13番
  • ラ・バルカ(小舟)(レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ編曲)
  • 歌と踊り6番より「カンシオン」(ディアス編…他にも編曲あり)
  • 歌と踊り10番(合唱版&ピアノオリジナル)

ある曲を弾くときにその作曲家について徹底的に調べる…という「癖付け」は実に大切です。その楽曲の歴史上の位置づけ、作曲家の人生のどのような時期に書かれたのか?…そういうことを調べること、感じること(想像すること)が正確な楽曲解釈へとつながっていきます。これはプロであれば必ず行っていることだと思いますし、もちろんアマチュアであってもこの作業はしてみると「知的作業」として楽しいと思います。

なので、上記の作品はモンポウという作曲家の作品を(ギターで)演奏する際は是非知っておいて貰いたいと思うので、取り上げたわけです。実際は文中に散りばめましたが、そこから読者が想像の幅を広げてみてほしいと思うわけです。

例えば1925年にはレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサがパリでのデヴュー演奏会でモンポウの編曲作品を取り上げています。これは非常に画期的なことだと個人的に思います。モンポウとレヒーノの間に親交があったということは資料上も明らかですし、モンポウというその当時としてはコンテンポラリーな作曲家の作品をレヒーノが演奏していたという事実…想像すると実に凄いことです。レヒーノの音楽家としての見識の高さ、意識の高さも感じることができます。

私自身、今回モンポウについて調べたとき、「これほどまでにギタリストとのつながりがあったのか!」と驚いてしまいました。今までのモンポウとギターとのつながりはやはり「コンポステラの講習会+セゴビア+モンポウ=コンポステラ組曲」という印象が強かったですから。いわば、固定観念ですね。

もっと若い頃からモンポウはリョベートやレヒーノなどの優れたギタリストとの親交があったという歴史上の事実があったことを忘れてはならないのです。

いろいろと書きましたが、是非現代ギター本誌、連載のほうをお読みください。

次回はレノックス・バークリーの予定です。(もう原稿提出済みです)

現代ギターホームページ

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

最近のこと&あさって

最近は仕事を通じて調べることや、考えることが多く「いやあ勉強になるなあ…」という毎日を過ごしております。

最近、モンポウについて調べて文章を書きました。現代ギター4月号から連載予定の記事です。現代ギターには「ドミンゴ・プラト〜ギタリスト辞典」(翻訳)、「アルベニスの生涯」「ファリャの生涯」などを連載してきました。ハード路線が多かったのですが、今回は一回ごと読みきりといえる内容となっています。ふかーく長いギター音楽史をひとりの作曲家と作品から読み取っていこうという内容となっています。ご期待ください。私としては、普段生徒とのレッスンで「え?モンポウくらい知っておいてくれよ〜」と思うこともしばしばなので、ギター史の知識的な部分を補完する内容となってくれることを期待しています。

もう記事は提出しましたが、いろいろと調べてみると、モンポウ〜カタルーニャ民謡〜リョベート…という魅惑的なラインがでてきたりしてワクワクしました。記事にはできなかった部分もありますが、今後の研究課題ができたような気がします。

さて、もうひとつ。最近「教え方」のプロセスというのを再認識する仕事をしました。いってしまうとレッスン風景を収録したわけですが、普段のレッスンで初心者〜中級者〜上級者という流れで教えるということをいっぺんに段階を追ってやってしまったわけです。これは実に勉強になりました。

一般に初心者向けと言われる作品でも、音楽的な完成を目指すのであればテクニック面の完璧なコントロールが必要となります。普段のレッスンであれば、ある程度の期間レッスンにくるのだろうということを考慮にいれて、「現段階ならメロディーをはっきりと弾けるだけでいいか…」とか「そろそろダイナミクスをつけてみるかなあ?」というふうに進めているわけですが、今回の仕事はそのプロセス全てを見せるという収録だったわけです。

まだ、進行中の仕事ですので、詳細は話せませんが、私としても実に学ぶことが多かったです。いずれ正式な形になったときに詳しくお話します。

さて、あさってですが、青葉台で「井桁ギター教室開設25周年記念コンサート」に出演します。現在、月曜日だけ個人レッスンをこの井桁ギター教室で担当しています。ということで講師演奏というわけです。2曲ほどソロを弾きます。あと私がバンマス(?)になっているアンサンブル・アリア(30名ほどのギターアンサンブル!)でも演奏します。

3月2日(日)午後2時〜青葉台フィリアホールです。田園都市線青葉台駅からつながっているビルにあるホールです。すぐにわかります。入場無料です。

詳細は下記で確認を。

http://homepage2.nifty.com/igeta/kongo/kogo.htm

このコンサートでは私の師匠である手塚健旨氏も演奏します。ひさびさに先生のソロが聴けるので私本人も実に楽しみしているのです。

もうひとつ、江部賢一氏の「バンド」にも参加します。エレキギター、フルート、ベースがはいっているのでなんとなく「バンド」っぽいのです。クラシックギター数本も交えてアンサンブルというわけです。アレンジはもちろん江部賢一氏です!

(まだ、一回も全員で音を出していないので、どういう音になるのだろう?)

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

2007年概観(執筆活動編)

2007年概観、執筆活動についてです。

今年は連載などはなかったため、定期的には文章は書きませんでした。

今までファリャやアルベニスの伝記などを執筆してきましたが、今年は研究期間ということで・・・。

不定期なものとしては、現代ギター誌には「セゴビア奏法」についてちょっとした論文を書きました。この手の記事は自分の勉強の整理も兼ねているので、実に楽しい。

現代ギター誌別冊の「てんこもりブック」にも楽曲解説、奏法解説を寄稿しました。これもまたいろいろな意味でいつも勉強になります。昔はありとあらゆることを盛り込んで書くのが奏法解説としては好きでしたが、この方針でいくと普通に1万5千字くらいにはなってしまいます。なので、最近はターゲットを定めて書くようにしました。初心者向けにしよう、とか初心者脱出のためには?・・・とか、です。

読む対象を定めるということは、やはり奏法解説としては大切なのだと思い始めています。例えば、有名なサグレラスのマリアルイサなども、初心者、中級者、上級者、それぞれが弾く場合に目的が違うような気がします。実際のレッスンにおいても、それは意識して教えています。初心者であれば、正確な押弦やタッチの安定を心がけるだろうし、中級者であれば、セーハの安定、ダイナミクスのコントロールなどに集中するでしょう。上級者であれば、マズルカとは何か?・・・南米的3拍子の捉え方・・・フレーズ感の出し方、などを教えるかもしれません。

今まで奏法解説を書いていて、分量が多くなりすぎたのはこれが原因だとわかりました(今頃気づいた)。あたりまえのことなのですが、初心者向けの曲、上級者向けの曲という区別は意味をなしません。たとえば、金鳳花ワルツなどでも、フレーズを捉えることができない「自称上級者」もいます。

話は脱線しますが、ある程度キャリアがあるアマチュアの人こそ、基礎的なレパートリーを見直すことが大切なのだと、最近特に思います。

 

さて、執筆という意味では、今年はギター教本が一番苦労したものかもしれません。練習曲、基礎練習まで全てオリジナルの作曲です。文章もページ数が限られているので、かなり苦労しました。いっそのこといくらでも書け!といわれるほうが楽なのかもしれません。この教本の執筆が今年の夏のメインイベント。おかげさまで売れ行きも上々のようです。おそらく、既存の教本にはかかれなかったことも多く盛り込みましたので、気づく人は気づくでしょう。ちなみにクラシックギターをメインに扱った教本ではありません。ですが、クラシックギターの奏法を見直したい人にも充分効果的であると思います。

・・・以上、定期的な連載がなかったものの、なんだかんだいって、毎月なんらかの文章は書いていたような状態ですね。

また、執筆とは異なりますが、夏に池田慎司と行った現代ギター誌上における対談も楽しかったです。お互いギターを構えながら、デュオ演奏のあり方を議論するという展開でした。こういうのは、文章として読んでみると、また面白いものがありますね。

来年も、いくつか執筆依頼(アイデアのみかもしれませんが・・・)が来ています。執筆というのは時間的にも、労力的にも結構しんどい作業なのですが、一文書けば、それだけ「整理されたもの」が増えていくので、終わると「勉強になったな〜」と思うのです。なので、仕事の依頼があれば、できるだけやっていきたいと思っています。

2007年概観、執筆活動編、終了です。

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

運指と“ブルーズ”とリョベート(GG学院研究室を読み返す)

現代ギター11月号が発売中です。

このブログでも紹介しましたが、坪川真理子さんと松尾俊介君とで「GG学院ギター研究室」というのを担当しています。

こういう「お話形式」でやる記事というのは、実際は“その場”が一番面白いものです。なにが面白いかというと、“オフレコ”が面白いというわけです。

結構皆「毒」を吐いているというわけですね。

その「毒」を抜いた部分が、やはり紙面として載るわけです。

 

で、そのような観点からこの連載を読み返してみると・・・やはり毒が抜けていますね。でも、なんか今回は私が「リョベート、アルベニス、レイ・デ・ラ・トーレ・・・」と呪文のように繰り返しています。

しまいには、『本番前はセゴビアのポートレートに拝む!』とか言っていますし。

・・・なんだか、一時代前のギタリストみたいな感じです。

 

『リョベートの運指からはオーラを感じる』という発言もしていますが、これは半分本気です。昔はそれほど感じなかったものの、リョベート編の楽譜を見ると“気”がでています。最近、リョベートの運指の“奥深さ”がよく見えるようになってきました。

おそらく、「朱色の塔」や「スペイン舞曲5番」などはいろいろな版でやっている人がいるでしょうが、是非リョベートそのままの運指でやってみてください。カタルーニャ民謡なども一度そのままの運指で弾いてみると学ぶことがたくさんあります。

しばらくやってみて、その運指の“意味”がつかめたら、その本質を壊さないように弾き易いものに変えてみる・・・という手順が正しいのだと思います。

 

ここまでやっても、リョベートの“音楽”を100パーセント理解できるというわけではありません。録音を聴いてみると“?”という瞬間が多くあります。

しかし、運指をコピーしておくことで、『そういうノリはその運指に由来するのね!』とわかる部分もあります。そこからまた探りをいれていくのです。

こういう“?”な部分があるギタリスト(音楽家)の演奏が最近少ないと思います。

 

昔、留学から帰ってきたとき、友人から「お前の演奏にはブルーズがない!」といわれました。クラシックギターだから、そんなのあるはずないじゃん!と言い返しましたが、それはそれで真理だったのかもしれません。

この友人いわく、私がホセ・ルイス・ゴンサレスに就いていたときに一時帰国して開いたリサイタルの演奏には“ブルーズ”があったということでした。

ホセ・ルイス・ゴンサレス氏他界後、私はバルセロナでアレックス・ガロベーに習いました。もちろんアレックスは非常に理詰めで、音楽の構築法を伝授してくれました。テクニック的にも合理的なものを与えてくれました。

しかし、もしかしたら、バルセロナで私はクラシックギターの“ブルーズ”を『落としてきてしまった』のかもしれません。

結局、この友人がいった「(今の)お前の演奏にはブルーズがない!」という言葉が頭のどっかに常に引っかかっていたのだと思います。

抽象的ですが、この“ブルーズ”が、おそらくリョベートの音楽に在るのです。その正体を探るヒントのひとつが“運指”であると考えています。

アルベニスの生涯

現在執筆締め切りに追われている・・・
 
知っている人は知っていると思うが、現在連載中の「プラト・ギタリスト辞典」はしばらく休載。
翻訳は自分で勝手にやりますので、いずれ復活させる予定。
 
4月から「現代ギター誌」にてアルベニスの生涯についての連載を始めます。
で、現在は5月号原稿をまとめ中。
 
資料集めに約1年かけました・・・のでご期待ください!
もうちょっとで世に出るでしょう。
 
おそらく連動企画としてレパートリー拡充講座もやります。
もちろん、アルベニス・・・
 
面白いことに今まで尾尻さんしかやっていないらしい。
現在楽曲を選定中。
もしみなさんの中で、「この曲の解説やって〜!」というリクエストがあれば、こちらで受け付けます(反映されるかどうかは分かりませんが・・・)。
コメントでもしておいてください。
 
もうひとつ、原稿を頼まれている。これは別出版社。
詳細は後日紹介しますね。
もちろんクラシックギター関係です。
本日午後打ち合わせに行って来たところです。
 
おかげさまで多忙だ。睡眠時間が短くなるな〜。
今からアルベニスの原稿整理します。
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ