ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

音階練習

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

音階と音楽、そしてクラシックギターという楽器

次の日曜ワークショップは「音階」についてとりあげたいと思っています。
レッスンにおいても、個人的にレッスンすることが多い内容ですが、説明に2回分は時間をとられるので、まさにワークショップならでは!の内容となっています。

とはいっても、今回は技術的な説明はしません。音階をいかに音楽的に捉えるか?…ということをテーマにしました。

レッスンをしていても、「この音は導音だから、ちょっと強めにね…この主音には解決する感じで弾いたらいいんじゃないかな?」と言っても、生徒さんによっては「????」となることが多いのです。つまり、何フレットを押さえるか…は指が覚えていても、「耳がついていっていない」ことが多いのです。

これは通常の音階練習でも一緒です。セゴビアのダイアトニックスケールが全種類弾ける人でも、音名を言えない人が多い。自分が何調の音階を弾いているのかすら覚束ない人がいるのです。これでは、楽譜をみたときに一時的な転調には対応できません。あ、ここに♯がついてるからト長調になっているんじゃないかな?とか、そういう感覚を実感として普段の音階練習にとりいれていかねばなりません。

導音という言葉、主音という言葉…音楽用語ってこわーい感じがありますが、少しの暗記と実践で、普段からシンプルなトレーニングを行っておけば、身体と指に感覚として刷り込まれてきます。ちょっとだけ脳みそを使う+それを耳を使って確認する…というプロセスを普段の練習のなかに取り込んでほしいなあと思うわけです。

そして、これらの音楽的な知識をクラシックギターという楽器の機能性のなかで確認することが大切です。おそらく、クラシックギターのどの教本にも書いていない「トレーニング法」ですが、他の楽器の方はみーんなやっている練習法かもしれません。興味本位でもよいので、ご参加ください。ハ長調の音階がローポジションで弾ける方ならどなたでも参加できる内容となっています。

詳細は以下の記事にて。10月19日です。

日曜ワークショップ「音階練習法」

 

レッスン覚書ミニ〜2008年2月18日〜23日

ひさびさのレッスン覚書ミニです。お楽しみください。

  1. 子供の生徒のレッスン。どの時点から楽器にポジションマークをつけるかが意外に難しい。あまり頼りすぎると視野が狭くなるし、ないと迷う。
  2. 「やわらかい」感じの曲想であれば、各フレーズの歌いきり方に注意を払うこと。決然としめくくるか、やさしく歌い終えるかで、曲想が随分変化する。
  3. トレモロ基礎練習。音階をトレモロ運指で弾く練習は効果的。まずは各音4回ずつ。pamiの組み合わせで弾くと弾けるが、amipで弾くと弾けない…というのはまずい。順番が変わっただけなので、同じ感覚で弾けるようになるまで練習。もちろん、mipa、ipamでも同様。
  4. 結果的に、ある生徒さんが「これで満足」と思えば、表情付けは終わってしまう。それ以上を求めるためには「なんとなく、ここが気になる」という部分を徹底的に洗ってみるか、その曲をある一定期間寝かせることで再度分析していくしかない。根本的にはその人の頭のなかにある音楽性のキャパシティ(可能性)がどのくらいあるか?・・・という点が一番のポイントとなる。
  5. 通して弾けるようになっても、細部から(途中から)何度でも、そしてあらゆる角度(観点)から見直す。そうすることで、ミスは減る。
  6. 和音をばらすポイントを決める。そのばらし具合も丁寧に決める。和声と関連がある場合が多いので、前後の和声進行もよくチェックしたうえで決めるとよい。
  7. 「音階練習は何故必要なのですか?」という質問は愚問である。解答には時間がかかるし、それを生徒さん本人が実感するのにはある程度の練習期間が必要である。だからといって後回しにすると、本来音階練習において学ばなければならないことが疎かになる。音階から学ぶことは音程感や音色によるリズムの濃淡、弦による音色の差異、運指のバリエーション・・・無限大にあるので、その練習の本当の意味を実感するのはかなり上級になってからのことではある。だから、文句をいわずに指定されたとおりに練習してくださいね。
  8. 新しい曲にとりかかるときは、基礎的な部分に細心の注意をはらう。それは椅子の座り方、ギターの構え方、左右の手のバランスである。読譜や音符を追うことに必死になって一番大切なフォームを忘れてしまう場合がほとんど。
  9. 左手。どこで指をおくか、またはなすか、どこまで置いておくか・・・どの時点においても正確に意識できることが理想。
  10. 休符で断ち切られる音楽のエネルギーというものがある。休符は終点であるとは限らない。休符でせき止められたエネルギーが次の音符に持ち越されることが多いことを忘れぬように。
レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ