ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

19世紀ギター

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

19世紀ギターという楽器〜当時の音を楽しむ

さて、今週末ですが、19世紀オリジナル楽器を用いたギターデュオコンサートを行います。

僕が使う楽器は以下の二台。
 

コゲット:製作年1820年ごろ? 弦長630mm

プラッテン為書きラベル テルツギター:製作年1880(ロンドン) 弦長510mm


コゲットは通常の19世紀ギターです。弦も6本、調弦も音域もほぼ現代のクラシックギターと一緒です。弦長がちょっと短めで、内部構造も現代のギターに比べればシンプルです。

写真でご紹介。向かって左がコゲット。右がテルツギターです。
コゲット&テルツ
 

















テルツギターは「3カポをつけた調弦」になっています。

つまり、1弦から、ソーレーシ♭ーファードーソとなっています。つまりフレット三つ分だけ普通のギターより音高いよーってことで「テルツTerz」、英語でいう「THIRD」ということですね。このテルツギターは19世紀半ばに特にウィーンにて流行した楽器です。弦長をみてもわかるように大きめのテナーウクレレといった感じですね。

ウィーン派の19世紀古典音楽にはたくさんのギターデュオがありますが、「テルツギター&通常ギター」のアンサンブル曲がたくさんあります。ジュリアーニやディアベッリなどもたくさんテルツ&通常ギターのための作品を書いています。ウィーン派とはいえないですが、メルツのギターデュオのほとんどはテルツギター&通常ギターのために書かれています。


現在でも特注すればテルツギターは作ってもらうことができますが、まず楽器店などで見かけることはないです。もちろん通常ギターにカポタストをつけて演奏することは可能ですが、響きやプレイアビリティが変化します。テルツギターのために書かれた曲は12フレットを用いることが多いという点も注意すべき点です。これはカポをつけると15フレットになります。ジョイントがあるので、これはとても弾きにくい!…なのでテルツギターを使う理由にはプレイアビリティの点があげられるわけです。


2/27と28のコンサートは、19世紀のオリジナル楽器+ガット弦で行います。つまり「当時聴かれていた感じにとても近い」わけです。といっても、共演者の長谷川郁夫さんも僕も「再現性」を重視しているわけではありません。ふたりとも、「当時の音楽はどんな感じだったんだろう?」と好奇心で動いていったらこうなっちゃった…という感じです。学術的にどーのこーのというわけではありません。


でも、当時の響きや、いまは忘れさられてしまった「音楽の楽しみ」を感じることができると思います。
 

是非、コンサートにおいでください。
20150227-28表


















20150227-28裏

5種類の楽器を弾き分ける〜楽器のなじませかた

今週は金曜日に銀座ヤマハホールにて「バレンタインギターコンサート」があります。そして、その後は長谷川郁夫さんとの19世紀ギターコンサートが二回。3月頭にバロックギターで藤沢エリカさんと。大阪でビウエラで演奏もしなくてはなりません。

そう考えると、4つの楽器を弾き分けねばなりません。いや、厳密にいうと19世紀ギターのコンサートでは2種類の楽器を使います。通常の19世紀ギターとテルツギターです。

本番の順番でいけば、モダンギター、19世紀ギター、テルツギター、バロックギター、ビウエラ…といけばいいのですが、リハの日程によっては毎日違う楽器を弾き分けねばならないという事態に陥ります。そして、もちろん普段の練習でもさらっておかねばならないところや研究しておきたい部分がありますので、結局どの楽器もそれなりに少しずつ触ることにはなります。

ここ数週間くらいは、そんな感じで過ごしています。

火曜日は長谷川さんと19世紀ギターのリハでしたが、ひさびさに自分のテルツギターを使いました。
IMG_3344









小さい!…指が余ります…なじませるしかありません。弦長が510mmです。通常のギターが650mmですから、かなり小さいですねー。子供用の楽器よりも小さいです。とにかく指をすぼめてやっていくしかありません。それでいて曲はジュリアーニなどですから、けっこう細かい動きを要求されます。

さて、2/12のためのリハが2/10に行われました。

モダンギター、でかいです(苦笑)。
こんな感じでリハをやってます。
12670302_1066898503374202_900584796881250117_n
 









さて、その合間合間にちょこちょこと他の楽器も手を出しておかないといけないのです。やっぱり1日に一回はそれなりに楽器を触ってあげないと、それぞれの楽器のスケール感やタッチ調整を忘れてしまうような気がします。

モダンギター、19世紀ギター、テルツギター、バロックギター、ビウエラ

…上記5種類の楽器を弾き分けていかねばならないということに気づいてしまった今月でした。

なんとか乗り切ろうと思います! 

「〜っぽい」…語法とジャンル

最近はちょっとこのブログも宣伝ばっかりになってきているので、最近感じていることを書きます。

「〜っぽい」という言い方があります。クラシックっぽい歌い回しとか、ジャズっぽいとか。

最近、バロックギターを弾いて古楽分野のプロの方と共演したり、Acoustic Ladylandというユニットではポピュラーのシンガーの方と共演…最近は道下和彦さんという名ジャズギタリストの方ともお知り合いになれたり、一緒に音を出したりしております。

その道の(そのジャンルの)すごい方々と共演させてもらうと、やはり自分の持っている語法とは違うセンスを感じます。

一言でいうと「話し方」が違う。アクセントの置き方とかリズムの感じ方とか…ジャズっぽい感じがあったり、ロックっぽい感じがあったり、バロックっぽい感じがあったり。

それを感じながら、リハーサルして影響受けたりして弾き方などを変えたり、「へえ、そんなタイム感の感じ方もあるのか!」と発見したりしております。

クラシックギターにも、おそらく「〜っぽい」があるのだと思います。それを生かしながら演奏していくしかないのかなあと。

おかげさまで、様々な分野の方と共演させていただく機会がいっぱいあるので、ある意味で「クラシックギタリストっぽさ」が自分でわかる環境にいます。ラッキーなのです。どの分野の方々と共演しても、「うわ、その感じ、俺にはないなあ!」「それ、どうやってるの?」「その感じはどういった意味があるのだろう?」と感動ばっかりしているので、自分にないものがはっきりとわかる。

そういう点では、すごい素直なタイプの音楽家だったりするので、自分の「クラシックギタリストらしさ」がすぐにわかってしまうのですよね。そこを突き詰めるために普段練習したり、あれこれ研究しているのだなあと。

クラシックギターの分野の中でも、いろいろな「らしさ」があります。それこそスペインっぽい音楽をする人もいれば、ドイツっぽい音楽をする人もいます。

楽器も19世紀のオリジナル楽器を演奏する場合にも、「19世紀っぽさ」があります。来年、長谷川郁夫さんというまさに19世紀ギターのオーソリティーである奏者の方と共演するのですが、一度顔合わせ&音合わせをしてみました。やはり、長谷川さんの演奏は「19世紀っぽい」のです。

こんな楽器を使います。

IMG_2239



 














同じギターでも、「〜っぽさ」を出すためにはタッチや音楽の作り方などを少し変化させなくてはいけません。昨日も楽器のメンテナンスしていましたが、ちょこちょこ弾きながら、あーかなあ?こうかなあ?と試行錯誤。

でも、楽しい。

そして、19世紀の楽器の面白さがわかると、モダンのクラシックギターに戻ってきたときに、その凄さもわかる。そうやって、ぐるぐるぐるぐる、いろいろな楽器やいろいろなジャンルを徘徊しながら、自分の奏者としてのジャンルの良さがわかってくる。 この作業…ちょっと面倒臭いところもありますが、とても楽しい自己発見の旅でもあります。

明日も実は他ジャンルの方との初顔合わせ&音出しです。楽しみだー!

::::::::::
近々では、こんな異なるジャンルのミュージシャンが集まるライブがあります!
ジャズ、ロック、クラシック…それぞれの分野のエキスパートがどういう音楽をやるのか?…みなさま是非おいでください!

nekodita20151030


















『ねこぢた』=スーパーノンジャンルでボーダーレスな音楽集団。


道下和彦(Gt)石塚裕美(Vo) 山田直子(Ba)富川勝智(Gt)


■2015年10月30(金)

 世田谷区自由が丘の素敵な小さなライブバー

 Mardigras(マルディグラ)

 03-3722-6892

 世田谷区奥沢5-29-10リブレB1

 OPEN 19:00 START 20:00

 Music Charge \2.500(Food, Drink別)


http://www.jiyugaoka-mardigras.com/


+-+-+-+- アクセスinfo +-+-+-+-

東急東横線・大井町線自由が丘駅南口改札を出てすぐ右折。電車高架下をくぐった先のコンビニエンスストア「ファミリーマート」のあるT字路を左折。最初の信号の角に建っているクリーム色の4階建てビル地下。駅より徒歩3分。 




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

ギター史でのバロックはバッハじゃありません!(ビウエラ、バロックギター、19世紀ギター)

ギター連盟のほうでギター史の講義を2ヶ月に一度行っています。

ギター史・和声学ワークショップ

今は3周目…つまり3年続けたことになります。毎回ルネッサンス〜バロック〜古典〜ロマン〜近現代〜現代まで概観します。

受講している方に「ルネッサンスとバロック時代の撥弦楽器と言えば何を思い浮かべますか?」と尋ねると…「リュート!」とこたえる方が多いのです。リュートはもちろんルネッサンスとバロックを代表する撥弦楽器であり、優れた音楽がたくさんあります。ですが「ギター史」としての文脈で考えると、ちょっと外れているのですね。

もちろん、モダンのギターでリュートの作品を演奏することが多いです。バロック期の音楽としてのバッハをギターで演奏することも多いです。それは事実ではありますが、ギタリストとしてもっと「ギターの仲間」に注目して欲しい…といつも思うのです。

ギターという楽器にもきちんとルネッサンスやバロックがあったわけですし、ちゃんとギターは少しずつ変化しながらも、ルネッサンス期(16世紀あたり?)からちゃんと存在しつづけたわけです。

簡単に言えば以下のようになります。

ルネッサンス:4コース、ビウエラ

バロック:5コース

古典初期:6コース

古典期:6単弦ギター(19世紀ギター)

ロマン派:多弦ギターが主流

※タレガの時代に現在のギターの6弦が定着する

ルネッサンス期:ビウエラ、4コースギター
バロック期:5コースギター

以上の二つが忘れられがちです。ビウエラは16世紀スペインの一時期に栄え、あとは消滅してしまった楽器なので、ギターの仲間と言えないという研究家もいますが、調弦の近似性や現在のクラシックギターレパートリーへの取り込まれ方から考えて、同じ流れにいれてもよいと私は考えています。

どんな楽器なのかなあ?…みなさんそう思われると思います。写真を撮ってみました。試しに私が弾いている写真を載せますね。
まずはビウエラです。
R0026609










次はバロックギター。
R0026618







 


次は19世紀ギター(1800年代中頃の楽器です。若干ロマン派より?)。
R0026613










順番に楽器だけの写真を並べてみます。

R0026610R0026619R0026614 









 





 



















…いかがでしょうか?
手持ちの楽器でルネッサンスギターがあれば完璧なのですが、大まかな流れは見えたのではないでしょうか?

未だにクラシックギターの世界では「バロック=バッハのリュート組曲」という固定観念が蔓延っていますが、 ギターでバロックといえば、バロックギター!…というイメージが湧く世の中になって欲しいと思っています。バロックギターでのレパートリーもサンスやムルシア…まだまだたくさん良い曲がありますから。是非、それをモダンのギターで弾いてみたらいいのじゃないかな?…と考えるわけです。

ギター協奏曲の代表曲である「アランフェス協奏曲」が、サンスのバロックギター曲のイメージで書かれたこと…それを忘れてはなりません。何故、その発想が作曲家ロドリードに生まれたのか?

1920年代以降の「スペインルネッサンス&バロック音楽の見直し」というムーブメントがあったことを忘れてはなりません。

モダンギターを現代から過去に辿って行けば、19世紀ギターそしてバロックギター…というふうになるということを「ギター史」は忘れてはならないのです。




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



 

テルツギターと19世紀ギターのライブ(11月16日)

もう今月も終わりに近くなりましたね。
来月の16日、押上(スカイツリーですっかり有名になりましたね!)にある天真庵で久しぶりにライブをやらせていただきます。私はテルツギターを弾きます。相方はハイパーギタリスト(といっても演奏は渋めですが)の斉藤泰士君です。

チラシができました。(クリックすると拡大します)



天真庵さんはおそばも美味しく、雰囲気もとてもすてきなお店です。お酒などのんびり飲みながら、19世紀の音楽を聴いてみませんか?

ご予約はお店のほう、もしくは私まで直接メールを御願いします。
tommig@livedoor.com

限定15名です。(それ以上お店に人がはいらないのです)
ご予約はお早めに!

富川勝智

Facebookページも宣伝


 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ