ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

Madrid

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ChamberArtまとめぁ糎従豐篤弔箸靴討旅峪

2015713日〜723日にかけて行われた「ChamberArt@Madrid」のギター部門ですが、そのまとめを書いております。

「まとめぁ廚任后

まとめ,任蓮⊆禺堝麑召残り四名の「プロ」との差に気づくのか?…そして彼らがどのように「差」を埋めていくのか?…。(ブログ記事
まとめ△任蓮⊆講生たちが各自の課題を意識できるのかどうか・・・について。(ブログ記事
まとめでは、それを「殻をやぶる」について。受講生の変化について書きました。(ブログ記事

世阿弥の「守破離」の思想みたいですね・・・。

さて、今回は「まとめのまとめ」。

今回の講習会は「Festival&Course」となっています。フェスティバルですから、一般の方を対象として演奏会を行います。そしてコースですから、「学びの場」もあります。つまりそれはリハーサルを通じたレッスンがあるわけです。

本番を繰り返すなかで学び、それを具体的に指摘&指導してくれる人がいる…指摘する人や指導する人=今回の講師である私…なのですが、もちろん他のアンサンブルメンバーからも多くを学べるわけですから、パート練習などの間に他メンバーからの指摘を受けることもあるでしょうし、「あ、そうやっているのか!」と気づく瞬間もあるでしょう。

つまり、私の役割は各人に適切なアドバイスや指導をしながら、そういう場を作り上げることであるわけです。言ってみると「現場監督」ですね(事務的なこともたくさんやりましたので、マネージャーと事務員兼任でもありましたが…)。

 
考えてみると、こういう形式の講習会ってなかなかないなあ…と。かなりの長期間にわたって、ひたすら本番とリハを積み重ねる…言い換えると「プロがどのように現場をこなしていくか?」をテーマとした講習会だったわけです。

もちろん、これはメンバー構成や各奏者の経験値によっても変化していくテーマではあると思います。もっと基礎演奏力が低いメンバーが揃った場合は、基礎技術と表現力の兼ね合いを考える必要があるでしょう。プロレベルに人がほとんど場合は、もっと音楽表現と現場の音場に集中しての音楽作りが中心テーマになってきます。

今回はそのちょうど真ん中くらいのレベルの人が集まったので、とても面白い講習会になったと思います。

さて、来年もChamberArtのギター部門の担当講師になりそうです。このような「学びの場」に参加したい方を募集いたします。「リオリコギターアンサンブル」という形態で行きますが、外部からの参加者も積極的に受け入れたいと思っています。

プロの方、プロ志望の方、プロでなくてもスペインでしっかりと演奏してみたいなあ!というアマチュアの方…もちろん、演奏はしたくないけど、近くで見てみたい!…という「聴講」の方も歓迎。

11787260_10204882352286210_466152362_n










なかなか興味深いフェスティバルですので、興味のある方は是非個人的に連絡ください(下記メールへ)。来年は6月末〜7月頭くらいの時期になりそうです。
tomikawaguitar@gmail.com 

ChamberArtまとめ〜殻を破る

2015713日〜723日にかけて行われた「ChamberArt@Madrid」のギター部門ですが、そのまとめを書いております。

「まとめ」です。

まとめ,任蓮⊆禺堝麑召残り四名の「プロ」との差に気づくのか?…そして彼らがどのように「差」を埋めていくのか?…。(こちらのブログ記事
まとめ△任蓮彼らが「差に気づきながらも、自分の今までの技術に固執していることの無意味さ」(こう書くと、なんかすごいドラマティック 苦笑)について書きました。(こちらのブログ記事

15、18、19、21日と4回の本番を終えました。だいぶプロ奏者グループに追いついてきましたが、この時点で、まだまだ若手二名の「技術不足」を感じました。

ということで、22日〜23日にかけてのリハーサルでは、いくつか具体的な技術上のアドバイスを与えました。根本的なクラシックギターの音質と音量の関係についてのアドバイスと、拍の捉え方です。拍の捉え方については全リハーサルにおいて、かなりの指示を全員に与えました。

とても基本的なことですが、教えにくい部類のことではあります。本来は数多くの本番で鍛えられながら、「悔しい思いをしながら」「自分で身につけていくもの」です。ですが、とりあえずヒントだけあげました。もちろんかなり具体的な技術上のアドバイスを与えたわけなのですが、本来は「自分で探していくもの」です。もちろん彼らもまだまだ若いので、いずれそれに近い体験を自分自身でしていくでしょう。今回は、少しショートカット(苦笑)。

講師兼アンサンブルリーダーとして、ちょっとしたアドバイスをしておきました。

結果として、とても効果がありました!やっとアンサンブルのバランスが「適正」に近い方向になりました。最終日23日の修了演奏会では、各声部がやっとしっかりと聴こえてくるようになっています。若者たち、がんばった!

…完璧とはいえませんが、「プロと同じ土俵にのっかる準備はできた」感じには聴こえます。

それまでの自分の楽器のポテンシャルにリミットをかけることなく、最大限に楽器のパワーを出し切ろうという意欲がでてきました。いままでの感覚に囚われず、「殻を破る」ということができたようです。

さて、延々と「若者ふたり」について書いてきましたが、同様のことを普段のレッスンなどでも感じます。これは若者だけの問題ではありません。年齢問わずです。

「いままでこんな感じで弾けていたからオッケー」とか「仲間内ではギター上手だって言われてきたから…」とか「誰々さんはこういう感じだから…」とか、せまーい自分の知識と経験のなかでしか、考えない人がとても多い。

自分はついていけていない…悔しい!!!と思って、いままでの技術を変化させることができない人が多いのです。

とても残念。でも、今回のChamberArtに参加した方は「プロとアマの差」をはっきりと感じたはずです。そういう意味でとても有意義でしたし、プロにとってもとても勉強になるフェスティバルだったと思います。私自身もこういう場がなければ、これほどまで考えなかった問題点だったかもしれません。

(まとめい愨海)


 

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ